豊かですよ!

神社仏閣!御朱印!観光スポット!

【雑司が谷散歩】高田氷川神社で月替わり御朱印を!鬼子母神堂のイチョウが綺麗に紅葉してました

 

【スポンサーリンク】

 

https://www.instagram.com/p/BNPXtCYjD4U/

 #高田氷川神社 #高田姫 #目白豊坂稲荷神社 #御朱印 #11月限定御朱印

 

 

雑司が谷散歩のお時間です

みなさま、ごきげんよう

雑司が谷」をお散歩してきました!

 

どこだよ?

という方もいらっしゃるかもしれませんが、雑司が谷池袋のお隣です

 

雑司が谷七福神 

雑司が谷に初めて来たのは、「雑司が谷七福神」を巡ったときです。

最近新しい七福神が出来たらしい、ということを知り、正月でもなんでもないときに、唐突に巡りました。2011年か、2012年くらいだった気がします。

色紙代500円を購入し、各神社を巡り、置いてある朱印(もはやスタンプ)を自分で押します(笑)

雑司が谷七福神は、授与品として用意されているのが、色紙だけです。ご尊像とかはありません。)

 

 

スタンプラリーじゃん!

そうです。雑司が谷七福神はできたばっかりの新しい七福神で、「簡易型」なのです。

2時間くらいで周れちゃった気がする

 

これがそのときの色紙です。

f:id:asasikibu:20161126014858j:plain

 

文字の部分はあらかじめ印刷されていて、朱印の部分を自分で押します

御朱印でも、書置きよりも書いてもらう方が好き派の方が割と多いように感じることがありますが、私はどっちでもいい派です

行った記念になるのであればなんでもいいかなって思ってます

 

 

さて、そろそろ本題へ。今週、「高田総鎮守氷川神社」と「鬼子母神堂」へ行ってきたので、そのレポートをしようと思います。

 

高田氷川神社

f:id:asasikibu:20161125230416j:plain

 

アクセス

副都心線雑司が谷駅3番出口から徒歩15分

3番出口の目の前の横断歩道を渡り、

そのまま直進して、

 

f:id:asasikibu:20161125230415j:plain

このやばめの坂を下ります

 

f:id:asasikibu:20161126020219j:plain

まじ角度やばくないですか、この坂…

 

ずーっとまっすぐ行くと、2つ目か3つ目の交差点でスーパーが見つかります。そこを左へ曲がります。すると、右手に神社が見えてきます

 

f:id:asasikibu:20161125230418j:plain

 

最後、左に曲がって少し歩くと割とすぐ見えてくるはずなので、全然見えてこない場合は曲がる場所を間違えてます

私は間違えて、一つ手前を曲がってしまいました(小学校のあるところで曲がってしまった。もう一つ先だった)

 

なんとか到着です。

f:id:asasikibu:20161125230416j:plain

 

この神社は、中が撮影禁止です。

無断撮影禁止」と書いてあったので、たぶん許可をとれば撮れるんだと思うのですが、やめておきました。

こういうのを見てしまうと、過去にマナーの悪い参拝客で嫌な思いをしたとか、何かあったんじゃないかと思うのです。触れないようにしておきましょう

 

手水で清めて、2か所にしっかり参拝をし、御朱印を頂きましょう。

 

高田氷川神社で御朱印を頂くときの注意点など

https://www.instagram.com/p/BNPXtCYjD4U/

#高田氷川神社 #高田姫 #目白豊坂稲荷神社 #御朱印 #11月限定御朱印

 

▼注意点かんたんまとめ 

 書置きのみです。

 直に書くことはしていません(前はしていたが、やめたようです)

 3枚セット(1000円)のみ、の授与しかしていません。

 また、御朱印は洋紙に書かれて(印刷されて)おり、和紙ではありません。

 通常の御朱印はなく月替わりの御朱印のみ

 

 

拝殿の左に社務所があります。社務所には、御朱印について注意点が書かれた張り紙が貼ってあります。

それをまずしっかりと読んでください。

 

社務所は常に人がいるわけではなく、社務所のところにあるインターホンで呼ぶと出てきてくれます。

 

インターホンを押していい時間帯が決まっているので(張り紙に書いてあります)、注意しましょう。お昼時の時間帯(たしか12時頃)はインターホンを鳴らさないでください、って書いてあったので、普通の無難な時間帯に来るようにしましょう

 

メモって来ればよかったかな…

インターホン鳴らしていいです、って書いてあったのが、だいたい9時頃~11時頃、13時~16時半(不確かです、こんな感じだった)くらいでした。

それから、月のお祭りのときは、たしか13時以降でないと鳴らしちゃだめって書いてありました。

 

記述した時間が正確かは、自信がないのですが(ごめんなさい)、こんな風に、細かなお約束事があります。

 

まあ、お約束とはいっても要するに、

「御朱印は、常識的な時間帯だけにしてくださいね(汗)」

ってだけなので、通常の配慮を欠かなければ大丈夫だと思います

 

また、御朱印は3枚セットのみの授与です

で、ここの御朱印は月ごとに変わります

写真は11月限定の御朱印です。

 

私自身、あんまり「限定御朱印」というものに惹かれないタイプなのですが、こちらの高田氷川神社は、いわゆる”通常の御朱印”というものがそもそもありません

月替わり御朱印のみ、の授与です。

 

 

ということで、注意点でした。

行ってから知るのと、あらかじめふわっと知っておくのでは、心の軽さが違いますよね笑

これから行く予定のある方に、ちらっと読んでもらえたら嬉しいです。 

 

 

とってもカラフルできれいな御朱印です。

ツイッターで検索すると、他の月の御朱印も見られます。

でも私は、11月の御朱印が一番好き。

毎月通って、12ヶ月分全部頂く強者の先輩方もいらっしゃるみたいですが、私はそこまではちょっと無理かな… 

 

 

それから、3枚セットで頂くしかないので、「目白豊坂稲荷」の御朱印も頂きました。いずれ機を見て、参拝したいですね。

 

 

鬼子母神堂 きしもじんどう

このまま帰ろうと思っていたのですが、まだ時間が早くて、寄れそうだったので、行ってみました。

鬼子母神堂さんへ来るのは、2回目です。

1回目は上述しましたが、雑司が谷七福神の大黒天の朱印を頂いたときです。

 

f:id:asasikibu:20161125230435j:plain

 

ちなみに、ずっと「きしじん」だと思っていました。数年間。恥ずかしいですね。「きしじん」が正解です。このとき初めて知りました☜ (◉◞౪◟◉) ☞

 

大公孫樹(おおいちょう)

f:id:asasikibu:20161125230424j:plain

 

f:id:asasikibu:20161125230423j:plain

 

入ってすぐ迎えてくれるのが、このオオイチョウです。「大公孫樹」と書いて、「オオイチョウ」と読みます。漢検準1級とかに出てきそうな難しい読み方ですね。

樹齢600年、幹の周り8メートル、高さ30メートルの大きなイチョウの木です。

 

美しい紅葉です。今年はしっかりと紅葉を見ていなかったので、ここで見られてよかったです。そんなにギンナン臭くはなかった…笑

 

武芳稲荷堂

大公孫樹を取り囲むように鳥居が連なっています。

武芳稲荷です。

鳥居の朱色と、イチョウの黄色がすっごくきれい

 

f:id:asasikibu:20161125230421j:plain

 

f:id:asasikibu:20161125230425j:plain

 

f:id:asasikibu:20161125230426j:plain

しっかりとお参りをします。

 

左横には、絵馬。

絵馬は本堂内の右手で買えます。

f:id:asasikibu:20161125230427j:plain

 

 

上川口屋(駄菓子屋さん) 

ここにお店を出してから、230年経ってるそうです(爆)

すげぇとしかいいようがないぜ

「駄菓子…好きじゃないしな…」とかカッコつけて、買わなかったんですが、やっぱ買えばよかったな。こういうところで買ってこそ、楽しいのに。

f:id:asasikibu:20161126030052j:plain

 

大黒堂

中に多少のお食事スペースがありまして、お団子を食べたりできます。

f:id:asasikibu:20161125230429j:plain

 

おだんご。

f:id:asasikibu:20161125230430j:plain

 

雑司が谷七福神(大黒天)

大黒堂の外には、雑司が谷七福神の大黒天の朱印があります。

f:id:asasikibu:20161125230431j:plain

 

法不動堂

f:id:asasikibu:20161125230433j:plain

 

本堂

f:id:asasikibu:20161125230432j:plain

 

f:id:asasikibu:20161125230434j:plain

 

七五三の時期ということもあり、結構にぎわっていました。

 

f:id:asasikibu:20161125230436j:plain

「鬼」にツノがないのはなんで?

便宜上、「鬼子母神」と書いていますが、正確には写真のように、上のツノがないのが正解です。

鬼子母神は、元々近所の幼児を食べる暴虐な性格でした。それを改心させようと釈迦が、鬼子母神の末っ子を隠してしまいました。

自分の子どもがいなくなって初めて、鬼子母神は自分の過ちに気が付き、改心して、安産・子育の神となることにしました。

その様子が、とても美しかったので、尊称として、ツノの取れた「鬼」の漢字を用いるようになりました。

 

 

何とも言えない気持ちになる、お話ですね

 

f:id:asasikibu:20161125230437j:plain

 

記念スタンプ

お堂のところに、スタンプがありました。

インク薄くて、あんまりちゃんと写ってないです。

f:id:asasikibu:20161125230438j:plain

 

雑司が谷 鬼子母神堂の御朱印

300円

本堂の左に御守りなどの授与所があります。

そこにスノコがあって、入れるようになっています。靴を脱いで入ってすぐ左に窓口的なところがあります。そこで頂くことができます。

f:id:asasikibu:20161125230443j:plain

 

 

雑司が谷散歩はここでおしまい。

お時間と体力に余裕がある方は、鬼子母神堂から、徒歩7分くらいのところに「大鳥神社」があるので、そちらへ行ってもいいかも。御朱印もありますよ(私は頂いたことないけど)

 

以上、おわり!

 ( ◠‿◠ )☛