読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊かですよ!

日本っぽいものが大好きなんだっ!

容疑者と被疑者と被告人と被告の違いを説明する

 

みなさま、ごきげんよう

最近、抹茶味の食べ物と飲み物に頭がおかしくなるくらいハマっています。

抹茶って怪しい成分でも含まれているのだろうか(おクスリ!)

 

 

容疑者と被疑者と被告人と被告?

唐突に、刑事訴訟法の話をしましょう

「容疑者」「被疑者」「被告人」「被告」。これらの言葉って、全て一度は聞いたことがあると思いますが、違いはわかるでしょうか?

 

 

かつて私が学生をやっていた頃の刑訴の先生が、靴の裏に付いたガムのようにねちゃねちゃとしつこいゴミのようにうっとおしい性格だったので(悪口)未だに嫌いで、ついでに刑訴という科目も、超嫌いです。

 

しかし、一般知識的に役立ちそうだな~~と思ったのと、

見かける用法がいろんなところで間違っているな~~と思うことが最近多かったので、解説します。

 

 

 

↑端的にまとめると、これで終了。

 

 

f:id:asasikibu:20161213152528p:plain

 

起訴ってなんやねん?

犯罪があったっぽいってことを、誰かの通報や提出された被害届によって、警察が気づきます。そうすると、警察が動き始めます。

警察は、現場に落ちているものを拾ってみたり、指紋を取ってみたり、目撃者に聞き込み調査をしたり、防犯カメラの映像をチェックしたりして、いろんな証拠を集めます。これを「捜査」と言います。

 

で、そうやって集まった諸々の証拠を見て検討して、検察官が、「Aさんっていう人が、××っていう罪を犯したんだなぁ」と確信します。

 

そして、検察官が、裁判所に対して、

「Aさんの刑事裁判をやってください、おねがいしま~す」って申請します。

この申請を、「起訴」といいます。

 

 

 

被疑者と被告人のちがい

f:id:asasikibu:20161213152528p:plain

さっき登場した「Aさん」は、起訴の前後で呼ばれ方が変わります。

 

  • 起訴の前は、「被疑者」と呼ばれますが
  • 起訴の後は、「被告人」と呼ばれるようになります。

 

被疑者と被告人の違いは、それだけ。

 

 

 

容疑者????(≒被疑者)

では、「容疑者」って何でしょう。

 

 「容疑者」は、先ほど説明した「被疑者」と同じ意味で使われているようですが、実は、容疑者という言葉は、刑事訴訟法には一切登場しないのです。

 

「容疑者Xのなんとか」とか、最近だと「ASKA容疑者」っていう言葉が連呼されているのを聞きました。

ニュースや刑事ドラマなどでは、「容疑者」って言葉がたくさん出てきますが、これはテレビが作った言葉なのです。

 

 

法律用語ではないので、ちゃんとした場で使うべき言葉ではないかも。

 

別に、マスコミが言葉遣い間違ってるwwwうっはぁあww、っていうわけではありません。

マスコミは、みんなにわかりやすいように情報を伝えるのが役割なので、そうだとすれば、広く浸透していて、認識されやすい「容疑者」という言葉を使うのも、そりゃそうだ、と思うからです。

 

 

ただ、わけをわからずに使っていると、恥ずかしい思いをすることもある言葉だということです。

 

 

被告?????(≒被告人)

同じように、「被告」という言葉。

これは、上述した「被告人」と同じ意味で使われているようです。

「被告人」を「被告」と呼ぶのも、テレビが作ったものです。

 

「被告」と「被告人」なんてたいして変わらないじゃないか~

 

って気持ちもよくわかるのですが、この言葉は、実は民事と刑事で使い分けられていて、全然違う用語なのです。

 

  • 民事訴訟で訴えられた人を「被告」
  • 刑事訴訟で起訴された人を「被告人」

といいます。

 

 

※ 民事というのは、一般市民VS一般市民の闘いです。交通事故で追突してきた人と、追突された被害者との闘いとか、離婚でもめている妻と夫とか、お金を貸した人と借りた人との闘いとか。そんなイメージ

 

※ 刑事というのは、ざっくりいうと、犯罪をしたっぽい人VS国家(検察)の闘いです。

 

 

 

たとえばおクスリで逮捕されて、起訴された、という場合、それは犯罪の話なので、刑事事件なのです。

刑事訴訟で起訴された人は、上述の通り「被告人」です。

このときに「被告」と呼ぶのは、誤りです。「被告」というのは民事訴訟の当事者に使われる言葉だからです。

 

 

ただ、ここについても容疑者のときと同じように、わかりやすさと伝わりやすさで考えれば、マスコミの役割は(以下略

 

 

 

まとめると、

f:id:asasikibu:20161213161924p:plain

 

こんな感じ。 

 

 

刑事に関する話題で、「容疑者」「被告」という言葉を使うと、ド素人だということがバレます。大学1年生の法学部の授業とかですら、そういった言葉遣いをすると、他の学生からアホ扱いされますし、先生には「ハァ???????お前何学部????」みたいに言われます(マジでこれはガチ)

 

なので、ちょっと虚勢を張りたいとき(?)は、言葉遣いに気をつけてみましょう。

 

 

おしまい

( ◠‿◠ )☛