豊かですよ!

神社仏閣!御朱印!観光スポット!

新宿の成子天神社の御朱印はこれ。境内で七福神巡りができちゃう?

 

【スポンサーリンク】

 

成子天神社へ行ったんだ!

みなさま、ごきげんよう

今回は、新宿にあるこちらの成子天神社のお話

前から参拝したいなと思っていて、やっと来られました。

 

朝式部@神社仏閣 (@asasikibu) • Instagram photos and videos

 

 

天満宮なので、菅原道真を祀っているところです

なんというか、すごく潤ってる感じのする神社で(笑)、全体的にピッカピカでした。

 

 

 

成子天神社のアクセス

〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-14-10

 

表参道はこのようになってます

 

立派な表門だなぁ。ちょっとピンクっぽい色味が入っていて、沖縄みたいだと思った(沖縄行ったことないのに)

 

本殿は本当に鮮やかできれい!!

朝式部@神社仏閣 (@asasikibu) • Instagram photos and videos

菅原道真公をご祭神とし、御霊信仰雷神信仰と結びついた「天神様」としてお祀りしております。菅原公の御霊を鎮めるために創建された太宰府天満宮を祖とし、学問の神として広く信仰されています。

ー成子天神社 パンフレットより引用

 

境内社紹介コーナー!!

大神宮

f:id:asasikibu:20170201112033j:plain

天神様をお祀りする以前より当地に鎮座されていたと伝わっており、天照皇大神をお祀りしています。

天皇家の祖神として、皇祖と称され、最も神位の高い神として篤く崇拝されています。

 

大鳥神社

f:id:asasikibu:20170201112110j:plain

祭神は日本武命(やまとたけるのみこと)。神話に熊襲や東蝦夷を征伐し、大きな功績をあげ、亡くなる際、その魂は白鳥となり、その白鳥が舞い降りた場所が大鳥神社と呼ばれるようになったと言われています。

 

神話って、す、すごいなぁ…何言ってるのかさっぱりわかんないや…

 

鳴子稲荷神社

f:id:asasikibu:20170201112506j:plain

祭神は宇迦御魂命(うかのみたまのかみ)。京都伏見稲荷大社を源流とし、農耕、商売繁盛、現世利益の神として崇められています。

 

水神宮

祭神は水波能女命(みずはのめのみこと)。井戸の神として、祈雨・止雨のご神徳があると言われています。

 

成子天神社の境内には七福神が勢ぞろいしている!

これは、外せないポイント!!!!

この神社は、境内の中に七福神が全員集まっているのが特徴なのです

7箇所全部探してみましょう!

f:id:asasikibu:20170201110620j:plain

 

撫牛

かわいい牛がぼーっとしてます()

 

見逃しがちだけど、力石もちゃんと見てって

本殿の左手前の地面に、このような石があります。

当時の人々が例大祭のときに、力比べ持ち上げっこしてたんですね、この石。

 

ちなみに、この石ひとつでまさかの150kg~218kg(爆)

石に彫られている文字は、持ち上げ成功した人の名前です。

 

絶対ぎっくりいった人とかいただろうなぁ…笑う。

 

社務所でお守りや御朱印を頂こう!

窓がガッチリしまってます

 

このように、自分で窓を開けてピンポンするシステムです。

 

成子天神社の御朱印の話

天満宮の御朱印を頂くことが出来ます。

割と、書き手の方によって全然違う仕上がりの御朱印になるんです。

 

今回頂いたのは、こちら。

朝式部@神社仏閣 (@asasikibu) • Instagram photos and videos

 

お正月には七福神の書置きの御朱印もあるよ

数量限定してるみたいですが、今年はだいたい1月の中旬過ぎ頃まではあったようです。

この日は、1月30日だったのでもうさすがに無かった。

 

御朱印の授与時間

午前9時~午後4時

 

 

奥の方に浅間神社もあった

浅間神社は富士山の神様、木花咲耶姫命(このはなさくやひめ)。木花(桜の花)のように美しい女神で、作物育成や子宝・安産・縁結びの神として崇められています。

 

お隣には、富士塚

富士山の溶岩を運んで作ったものです。高さ12mもあり、新宿の中で一番大きいそうです。

 

メモ:天神社ですが、木鷽はありません

以前は500円で授与していたものがあったのですが、担当していた職人さんが作るのを辞めてしまったため、現在は授与をしていません。

 

 

新宿にあって、アクセスしやすい成子天神社でした。 

おわり

( ◠‿◠ )☛ 

 

 

よく読まれている関連記事

近くのスポット

www.asasikibu.com