#旅散らかし

旅系雑記ブログ。全国津々浦々、旅散らかしております。

今日できないことはたぶん明日もできない

 

「明日から本気出す」は定番の先延ばしセリフですね。今日できなかったことを明日こそはやろう、と後回しにするものです。どうしようもない印象をうけますが、しかしこれは、人間みな経験があるはずです。残念ながら、私もたくさんあります。

 

特に、継続が必要であり、かつ普段の作業が地味なブログやサイト運営においては、「明日こそはがんばろう」という気持ちと頻繁に戦うことになりがちです。

 

しかしながら、今日できないことはたぶん明日もできないわけです。今日の自分も明日の自分もほぼ一緒です。

 

しかも「今日できなかった分、明日は2倍頑張ろう」とか思ってしまいがちなのです。今日の量ですらできなかったのに、明日はそれが2倍の量を予定してしまって、余計にハードルが高くなり、結局、明日になったらもっとできないという事件が発生します。

 

そして、自分との約束が守れない自分に嫌になり、やめてしまったりするのです。

 

何が原因なのかを考えてみると、単にメンタルが貧弱だとか意志力が弱い的なそういう話ではないんですよね。日々の作業目標が高すぎるのが問題なのです。つまり、自分にこなせる程度の量を目標にすべきだということです。

 

ブログであれば、初心者がいきなり1日1記事毎日書こうとしても無理です。なんなら、1日3記事ずつ書いていって1ヶ月で約100記事にしよう!みたいな目標を立ててしまう初心者すらいます。それで、その目標通りに動けない自分に嫌気がさして、挫折してしまうのです。

 

自分との約束が守れなかったときに、自分を責めたり、自分に厳しくしたりする人もいますが、個人的にそれは逆効果な気がしています。目標が達成できなかったときに自分を責めると、それで罰をうけた感じになりますよね。反省したりとかして。で、それで終わっちゃいがちなのです。

 

でもそうじゃないですよね。今日は目標達成に失敗した、じゃあ明日はどうやったら達成できるんだろう、ということを考えなくてはなりません。結果を追求する上で、反省することはたいして重要ではないのです。

 

f:id:asasikibu:20180922135432j:plain

 

つまり、現実に目を向けて自分が越えられるハードルに直すことが、非常に大切なのです。自分にはそんなに多い作業量は無理なんだという自分のしょぼい実力を認識することがまず最初です。

 

やらなきゃと思っているのにサボってしまってできない、とか気合い入れてがんばろうと思っているのに体が動かない、とか色々あると思います。それは今の自分が持っている気力では処理しきれない高すぎる目標を立ててしまっているのが原因かもしれません。

 

人間は基本的に怠惰で自分に甘い生き物です。サボったときにいちいち罪悪感を感じる必要は特にありません。だらしないことが悪いのではなく、自分の発揮できる力がどの程度なのかを把握できていないことが悪いのです。1日〇記事、みたいな作業量等の目標を達成できない一番の原因は、自分の実力以上の目標を立ててしまうことです。自分の実力を高く見積もりすぎなのです。現実的な数字に見直すのが先です、反省している場合ではないのです。

 

できる量から始めていって、そして続けていくことで実力がついていき、もっと多くのことができるようになっていきます。対処できる気力の幅も大きくなっていきます。そうすれば、気合いでどうにかこなせるタスクも増えていきます。そこまでいけば、あとは執念です。人間、最初から何でもできません。

 

今日できないことはたぶん明日もできない、だから何が何でも気合いで今日やるべき…とかそういうことではなく、今日できることをもう一度見直しましょう。仮に気合いでちゃんと乗り切れるのであれば、それは自分の実力の範囲内だからOKなのです。その調子って感じです。もし、気合いを入れてもダメならば、それは目標が間違っています。だからそのままではどうせ明日もできません。

 

やろうと思っていたことができなかったときに、自己嫌悪になるのはキツいですし、心が疲弊しますので、そういうのはもうやめましょう。

結果にフォーカスして、自分にできることを確実にこなしていこう