豊かですよ!

職業、流浪の民。

【片道3050円】アルピコ高速バス(新宿⇔松本線)の乗車レビュー!電源Wi-Fiの使い心地など

 

松本から東京へ帰るときに、お馴染みアルピコ高速バスを使いました。そういえば、アルピコバスのレビューは書いていなかったよなと思ったので、記しておきます。

 

松本バスターミナルから新宿バスターミナルまで、3時間半くらいで行けますね。

 

 

松本バスターミナル

松本駅東口を出て、右前方の方向にあるショッピングモール的なビルの1階が、松本バスターミナルです。 

 

 

f:id:asasikibu:20180503220254j:plain

 

ここの地下にはスーパーがあるので、松本市民が日々お買い物をしている場所でもあります。ちなみに、そのスーパーには地酒がずらっと並んでいるコーナーがあって、そこで乗車前にお土産の1本を買うこともできます。

 

思ったより品ぞろえが豊富ですから、地酒好きな人は見てみると楽しいと思います。

 

松本バスターミナルの営業情報

住所:長野県松本市深志1-2-30 

 

 

松本⇔新宿の乗車料金|往復割を利用して片道3050円で長野旅行をしよう

f:id:asasikibu:20180504114652j:plain
▲(一例)

 

通常は、片道3500円です。ただし、帰る日も決まっている場合は、往復を同時に購入することで、往復割の適用を受けることができます。

 

往復割が適用されると、片道3050円になるので、合計の交通費は6100円で済みます。

 

新宿から松本まで行くのであれば、特急あずさを利用するというパターンもありますが、トクだ値使って片道4500円くらいだった気がします(通常購入しちゃった場合には、片道6400円くらいする)

 

アルピコバスの往復割で片道3050円というのが一番安い移動方法なのかな…?と私は思っています。

 

ALPICO FREE Wi-Fi はちゃんとつながる

高速バスのWi-Fiは、今まであんまり相性が良くなかったのですが、アルピコバスのWi-Fiはバッチリつながりました。素晴らしい、帰りながらブログを更新できる喜び。

 

f:id:asasikibu:20180503215934j:plain

 

アドレスを入れると使えるやつで、30分ごとにいちいち切れちゃうのがめんどくさかったりはしますが、まあ、無料なのでね。 

 

アルピコバスの電源 

電源はある車両とない車両があります。3列シートのゆったり系のやつには全部ついてますが、4列シートのバスだと無かったりします。

 

実際に自分は何度もこの路線を使っているのですが、電源ありの車両にあたることの方が少なかったですね。今回も電源はありませんでした。

 

座席の座り心地と前後の空間

4列シートの場合、座席はゆったりではないですね。とはいえ、特別狭いというわけでもないです。普通。

 

f:id:asasikibu:20180503220239j:plain

 

ノートパソコン開いて作業してても大丈夫でした(隣の人がいなかったということもありますが)

 

新宿から草津行きの「上州ゆめぐり号」よりは全然広かったです。上州ゆめぐり号の場合は、ノートパソコン開くことすらちょっと厳しいですかね(笑)


書いてたらまた長野行きたくなってきちゃったな。今回はこれで。

 

バスの乗車レポート

www.asasikibu.com

 

www.asasikibu.com