豊かですよ!

職業、流浪の民。

白骨温泉『泡の湯』に日帰り入浴【混浴露天風呂】こ、混浴に初挑戦んん…!

f:id:asasikibu:20180307113504j:plain

 

長野県の温泉といえば『白骨温泉』は外せませんよね。今回は、その中でも結構メジャーな『泡の湯』へ行ってきました。

 

入ると体に泡がまとわりつくぬるい炭酸の温泉と、白濁したあったかめの温泉に交互に入ってるとすごく気持ちが良いです。日帰り温泉の終了時間まで、ずっと入り続けてました、、ああ、至高。そして、それともう一つ、

 

\\\\\混浴露天風呂/////

 

…というわけで、入浴レポートをまとめます。

 

 

白骨温泉『泡の湯』 

泡の湯旅館は、明治45年創業の100年以上続く老舗です。建物もいい感じに味が出てきてます。 

  

 

白骨温泉内には、白骨温泉公共露天風呂をはじめ、各宿が日帰り入浴を楽しめる施設を提供しております。


各施設の源泉により、様々な特徴の湯を楽しむことができます。

 

ちなみにログハウスみたいなこちらの建物は社員寮だそうです。私は温泉旅館の仲居をやっていたことがありますが、長野県の仲居の中では「白骨温泉だけは(働きに)行っちゃダメ」が定説でした。

 

 

白骨温泉周辺の温泉旅館はシフトが超エグイ(らしい)ことで有名だったからです。この社員寮に住んでいる人たちはきっと頑張っているんだろうなぁ…と思いながら、日帰り入浴へ向かいます。

 

とりあえず雪がすごい

語彙力が貧弱で申し訳ないですけれども、私は関東生まれ関東育ちの人間なので、雪にはやはり慣れません。雪がすごい。

 

 

「泡の湯本館」外来入浴は14時まで(受付は1時30まで)

雪がすごくて、日帰り入浴の入り口が良く分からなかったんですが、看板が埋まっていました。駐車場の横っちょから、建物の裏側に続く道を進みます。

 

 

雪でもこもこになっている裏道。これから入る温泉を想像してちょっとわくわくします。

 

 

長野県内でも豊富な湯量、源泉かけ流しを楽しむ

外来温泉(本館)は、大人820円で楽しめます。バスタオルは700円。

 

 

泡の湯は湯量が豊富!

<信州でも随一の豊富な湯量>

ここ泡の湯の湯量は、毎分1,730リットルと白骨はもちろん長野県内でも随一の量を誇ります。

 

ご家庭のお風呂(1420サイズ)で換算すると、1分間で約6.2杯分(約280L/杯)、1時間で約372杯となります。

 

中へ入ると、昭和な感じの内装!古びた雰囲気、素敵。

 

 

ぬる湯の話|炭酸が含まれている「泡の湯」がぬるい理由 

男女別内湯には、「炭酸が含まれたぬる湯」があります。入浴すると、体に細かな泡がまとわりつきます。特にうぶ毛にいちいち炭酸泡が付きまくるので、ちょっとした集合体恐怖。でも楽しい。

 

 

この「ぬる湯」、ぬるいのが良い温泉なのですが、「ぬるいから温めろ」とクレームを入れる人も多いようです(笑)

 

確かにぬるくて体は温まりにくい(という気がするだけで、実際は結構温まる)のですが、隣に熱めのお湯がありますし、分かりやすくポカポカ温まりたいならそちらに入れば良し。

 

というか、温度上げちゃったら気体の溶解度下がるんで炭酸飛び出していきますから「泡」がなくなりますよねw ”泡の湯”の意味ww ぬるいからこそ楽しめる炭酸温泉なので、加温しろとか言っちゃうと、ちょっと恥ずかしい…かも。

 

混浴の露天風呂がガチの混浴//

水着着用の混浴は見たことありますが、本気の混浴は初めてでした。一応、バスタオルは巻いていいことになっていますが、ちょっとアレだ。

 

露天のお湯は、青みかかった白濁色ですので、しっかり浸かればお湯の中はあんまり見えません。といっても、じゃあお湯に浸かるまではどうするんだ、見えるやないか!という女性のために、女性は脱衣所から露天の間にのれんがあって、そののれんの中でお湯に浸かってから、浸かった状態で外へ出ることができるようになっています。

 

私ものれんの手前でお湯に浸かるところまでは行ったのですけれども、、

 

のれんの下にすきまが空いていて、結局見えるんですよね。なんとなく外に目をやると、男性2人組がのれんの正面の絶妙な位置に陣取っていて、すごくアレな感じでのれんのすきまを見ていたんですよね、そしてしっかり目が合ってしまった(爆)

 

口コミサイトでは、「混浴といえど、まったくいやらしい感じはない」というコメントが多かったのですが、まあ主観ですからね、人それぞれなわけです。私は無理だった。

 

自意識過剰って言われればそうなんですけど、でもあのポジション取りは引くわ。キモい。

 

のれんの外に出ることができずに、そのままUターンして内湯へ行きましたとさ。お湯がよかったので、もうちょっとしっかり露天も楽しみたかったのですが、内湯のお湯もすごくよかったので、それで満足したことにします。

 

近くのスポット