豊かですよ!

職業、流浪の民。

犬山御朱印巡りおすすめ観光コースをご紹介する!犬山城下町で神社仏閣巡りをしよう!

 

愛知県、犬山御朱印巡り・犬山神社仏閣巡りを特集です。愛知県といえば、名古屋観光が一番有名ですけれども、犬山観光も外せません。セットで色んなスポットを半日程度で巡ることができますし、満足感も高かったです。

 

犬山駅からスタートして、各神社などを巡りつつ犬山城の観光をしてきましたので、一連の犬山御朱印巡りルート・コースをご紹介します。

 

 

名鉄・犬山線『犬山駅』からスタート 

まずは、「犬山駅」からスタートします。犬山城へは「犬山遊園駅」からでも行けるのですが、犬山駅から行かないと犬山城下町の散策がルートに入れられないので、できれば犬山駅から向かうことをおすすめします。

 

 

犬山駅から大通りをずーっとまっすぐ、そうすると右手にお店がたくさん立ち並ぶ城下町の道にぶつかりますので、右折します。

 

犬山城城下町を散策する!食べ歩きを楽しもう

犬山城城下町は1本の道に多くのお店が軒を連ねています。まっすぐ行けば、犬山城へ着きますので、道に迷わないのも良いところ。串ものやアイスクリーム等々、おいしそうな、そして写真映えしそうな食べものに目移りしちゃいます。食べ歩き万歳!

 

 

▲醤油おこげ串(1本160円)

 

おすすめは犬山だんご!『恋小町だんご』(1本120~180円くらい)

最近の犬山で一番流行っているのが『恋小町だんご』です。『恋だんご』と呼ばれることもあります。色とりどりのカラフルだんごが可愛くて目の保養になります。

 

 

トシさん(@horouma180)がシェアした投稿 -

▲『茶処 蔵家くらや』の恋小町だんご 

 

『茶処 蔵家くらや』で販売されています。1本120~180円くらいなので、お値段も楽しみやすい価格になっているのがありがたいところです。

 

昭和横丁で室内休憩しても良し 

犬山駅から城下町通りへ入った時に、すぐ出会うのがこちらの昭和横丁です。昭和の懐かしい雰囲気を味わえるスポット。

 

昭和横丁の入り口 

 

中では、焼き鳥や串系の屋台物やラーメン、焼きそば等が食べられます。室内ですので、ゆっくり腰を落ち着けて休憩したいときに良いかも。

  

 

『犬山神社』には御朱印がありません

さて、犬山城下町を端までまっすぐ突き進むと、左から「犬山神社」「三光稲荷神社」「針綱神社」が揃って目に入ります。犬山神社巡りの開始です!

 

 

スムーズに全部を巡るには、「犬山神社→三光稲荷神社→針綱神社→犬山城」の順番で行きましょう。順番を気にせずに行ってしまうと、坂道を行ったり来たりしなければならず結構大変なので、ご注意ください。

 

犬山神社の御朱印

また、犬山神社には御朱印がありませんので、参拝だけになります。授与所とかもないです。どちらかというと、地元の方々の集会所みたいな感じでした。

 

 

『三光稲荷神社』で御朱印を2種類頂こう!縁結びと金運の御祈願

次は、三光稲荷神社です。境内に猿田彦神社もあって、2種類の御朱印を頂くことが出来ます。三光稲荷神社はピンクのハート型の絵馬が連なっていることからも分かるように、縁結びのご利益が有名です。

 

▲赤い鳥居とピンクの絵馬

 

他にも、銭洗いがありますので、金運を御祈願するのもいいかも。

 

猿田彦神社

 

三光稲荷神社と猿田彦神社の御朱印(二社500円)

 

三光稲荷神社にて犬山城の御朱印帳が頒布(1000円)

犬山城のデザインが描かれた御朱印帳は、ここ三光稲荷神社で拝受出来ます。犬山城がばっちり描かれていて、記念になること間違いなしです。値段は1000円です。

 

▲犬山城の御朱印帳

 

 

『針綱神社』で御朱印を頂こう!桜の季節に犬山祭を執り行う神社

三光稲荷神社の次は、針綱神社です。超有名例大祭『犬山祭』を行っているのは、ここ針綱神社です。桜と山車のコントラストがとても綺麗で、賑やかで、犬山祭当日は県内からも県外からも、多くの観光客が集まります。

 


 

針綱神社の御朱印

左が針綱神社の御朱印です。犬山祭は無形文化遺産に登録されていて、その旨の朱印が右下に押されていますね。

 

 

ちなみに右側の御朱印は、愛知県で有名な熱田神宮のすぐ隣に鎮座する、秋葉山圓通寺のものです。同じく愛知の神社仏閣ですので、日程に余裕があればこちらにも伺いたいところです。

 

針綱神社の犬山祭特別御朱印帳

犬山祭の様子が描かれた華やかな御朱印帳です。ついつい欲しくなってしまいます。

 

 

愛知県には他にも可愛い御朱印帳がたくさん!

 

次は、針綱神社から犬山城へ向かいます。坂道が結構急なのでご注意下さい。すぐ近くで、距離は全然ないんですが、坂道のせいで若干遠く感じる程度。

 

 

犬山城へ登城しよう!天守閣から木曽川を一望!

犬山城へやってきました。入場料550円(大人1名)を支払って中へ入ります。

 

▲犬山城の入場券

 

犬山城は名古屋城と比べれば、随分こぢんまりとしているものの、建物の造りには味があって見ごたえがあります。特に中階の唐破風部分なんてすごく素敵。

 

▲犬山城

 

犬山城天守閣に登ってみるべし 

犬山城天守閣へ登ってみましょう。上から城内を見下ろしてみると、それほど高くはありませんね。

 

 

ただ、そんなに高くはないとはいっても、柵が低いので若干の恐怖感があります。50cmくらいなんじゃない?お子様がいらっしゃる場合は、絶対に手を離さないようにしないと危なすぎるので気をつけて下さい。暴れたり転んだりしたらマジで落ちそう。

 

▲木曽川を一望!綺麗!

 

遠くに岐阜城も望めます。天守閣に登城したら、目を凝らして探してみて下さい。

 

犬山城の記念スタンプを押す!犬山城カードも頂いて帰ろう

『犬山城100名城スタンプ』は、入場門の2階部分にある「犬山城管理事務所」で押すことが出来ます。また、同所では寄付(100円以上)をすると『犬山城カード』を1枚くれるので、記念に頂いて帰るのもいいんじゃないかな?

 

▲100名城スタンプと犬山城カード

 

 

犬山城の登城記念スタンプは、入場門の近くに設置されているので、こちらも忘れずに押していきましょう。

 

f:id:asasikibu:20180125230344j:plain
▲犬山城登閣記念スタンプ

 

ぜひあなたも『犬山御朱印巡り』 を!

 

というわけで、犬山御朱印巡り・犬山神社仏閣巡りはこれにて終了です。所要時間は3時間くらいですかね。かなりお手軽です。

 

御朱印を頂くだけでなく、合わせて近くの観光スポットも楽しみつつ散策をする半日プランをまとめてみました。犬山観光の参考にしてください。

 

よい愛知旅を!それでは!