#旅散らかし

ひとり旅の紀行文。

和歌山市マンホールカードを貰う!和歌山市観光案内所/わかやま歴史館で和歌山城の歴史に触れる

f:id:asasikibu:20181102125541j:plain

 

和歌山市のマンホールカードをもらいました。配布場所は和歌山城の傍にある和歌山市観光案内所で、わかやま歴史館の1階です。和歌山城を見学し、和歌山観光案内所でマンホールカードをもらってから、わかやま歴史館を見学する―という流れで観光を楽しんできました。観光地とセットでカードを貰えるのはありがたいですね。他の場所だと、下水道施設や役所に行かないといけないことが多いので。 

 

和歌山県 和歌山市マンホールカード 

f:id:asasikibu:20181102125541j:plain

 

紀州手まりが描かれています。紀州徳川家が栄えていた頃、城下の女性たちがこぞって作っていたそうです。和歌山では紀州手まりを嫁入り道具に持って行くことがあるそうです。美しく丸く納まりますように、ということらしい。

 

 

 

配付場所はこちらの和歌山市観光案内所です。わかやま歴史館の1階にあります。こちらは案内所なので無料で入れますが、2階の博物館は有料(和歌山城と共通の拝観券)です。簡単なアンケートを書いて、カードを貰ってきました。

 

和歌山城を見学してきて共通入場券を持っていたので、せっかくですから2階の歴史展示室も見学してきました。

 

 

▲和歌山城と歴史展示室の共通入場券(410円)歴史展示室のみ見学する人は100円。

 

わかやま歴史館2階/歴史展示室

f:id:asasikibu:20181224030828j:plain

獅子紐印ししちゅういん

 

歴史展示室の中で最も見るべきなのは「獅子紐印」です。金色に輝くこの印は紀州徳川家に伝わってきた金印で、実際に11代藩主・徳川斉順なりゆきの書類で印影が確認されています。六面の印章を小獅子の入れ物に入れ、それごと大獅子のところに収納する形になっています。洒落てますね。