#旅散らかし

旅系雑記ブログ。全国津々浦々、旅散らかしております。

下諏訪の夜カフェ『タロウ珈琲弐号店』でクラフトビールとドイツソーセージ!和モダン店内で素敵な夜を過ごそう

 

下諏訪のリノベーション夜カフェ『タロウ珈琲弐号店』は、旦過の湯の隣にあります。旦過の湯は、下諏訪の中でも特にお湯が熱いことで有名です。熱い温泉に入ってさっぱりしたあとは、タロウ珈琲弐号店でクラフトビールをグイっと頂きましょう!つまみはドイツソーセージ。最高の夜になること間違いなしです。

 

 

下諏訪の宿場、湯田坂の途中にある『タロウ珈琲弐号店』

 

宿場の中、湯田坂という急な坂の途中にあるのが「タロウ珈琲弐号店」です。写真からも、坂の途中に建っていることがお分かりかと思います。"弐号店" とはいいますが、壱号店や参号店はありません。

 

 

店主は、サッカーに超本気で打ち込んできた過去があり、サッカーの修行のためドイツへ行っていました。そのドイツでうっかりクラフトビールやドイツソーセージに出会ってしまい、気づくと諏訪に流れついてお店を営んでいたのでした。人生何があるかわかりませんね。

 

▲ 「2510」は、ニ・ゴ・テンすなわち弐号店と読む。

 

 

旦過の湯の隣という立地がまた最高です。温泉あがりに、おしゃれなリノベカフェでおいしい本場クラフトビールをぐいっといけるなんて、一日を最後の最後までしっかりと楽しめます。すてきな下諏訪旅の完成じゃないですか!

 

"珈琲店" ですけどコーヒーよりビールがメイン

 

お店の名前が「タロウ珈琲弐号店」ですから珈琲専門店かと思いきや、ビールがメインという、効いてる夜カフェなのです。一応、コーヒーもありますけどね。カフェといいつつ、中身はちょっとつまんで軽くお酒を飲むお店です。ひとりで静かに飲めるカウンター席もありますので、諏訪に一人旅しにきた旅人さんも気軽に入れますよ。

 

ドイツソーセージとビールで夜の下諏訪を楽しむ

 

★ドイツ産ピクルス(¥420)

★ドイツソーセージ3種盛り(¥1,380)

★ドイツソーセージ4種盛り(¥1,980)

★みぞれ水餃子(¥550)

 

美味しそうなメニューが並びますが、中でもおすすめなのがこのあたり。やはりドイツ由来のお店なので、ドイツソーセージは頂いておきたいところです。ソーセージの食べ比べっていうのは中々今までしたことがなかったので、楽しさもありますね。味はもちろんですが、食感もそれぞれ違っていて、美味しいですよ。

 

▲ ドイツソーセージ4種盛り

 

落ち着いた和風の味が欲しくなったら、みぞれ水餃子をどうぞ。つるんと軽く食べられて旨い。ドリンクメニューには日本酒の用意も各種あるので、水餃子に合いそうな日本酒をクっといってもいいでしょう。

 

▲ みぞれ水餃子

 

下諏訪で旅の仲間と、夜に軽く飲みながら語れるお店は「タロウ珈琲弐号店」か「マスヤゲストハウス」のバータイムかな、と思ってます。美味しいつまみと美味しいお酒を片手に、すてきな夜の時間を過ごしましょう。 

 

タロウ珈琲弐号店の営業情報

  • 営業時間:18:00~24:00
  • 定休日:日曜日・月曜日(不定休あり)
  • 駐車場:有り(3台)
  • アクセス:下諏訪駅から徒歩13分くらい
  • 住所:長野県諏訪郡下諏訪町3447

 

▼タロウ珈琲弐号店の隣にある「旦過の湯」 

www.asasikibu.com