#旅散らかし

旅系雑記ブログ。全国津々浦々、旅散らかしております。

宇奈月ダムのダムカードの貰い方!流入量40~50㎥/s、大規模排砂施設が見どころ!

 

富山県・宇奈月ダムのダムカードをもらってきました。

 

豊富な湯量の宇奈月温泉街にあるダムです。富山地方鉄道・宇奈月温泉駅からやまびこ遊歩道を徒歩20分程度、散策した場所にあります。

 

宇奈月温泉にやってきた観光客にとっては、アクセスしやすいです。トロッコの橋を渡りつつ、散策をしながら景色が楽しめるので、これ自体が観光になりますよ。

 

 

やまびこ遊歩道を散策して宇奈月ダムへ向かおう

 

▲やまびこ遊歩道は、トロッコの駅(黒部峡谷鉄道・宇奈月駅)の横から入る。富山地方鉄道・宇奈月駅よりも奥にある駅です。

 

やまびこ遊歩道というのは、かつて作業用に使われていたトロッコの橋やトンネルを観光客用に解放した散策道です。

 

現在のトロッコは、新しく作られた橋を通りますが、ちょうど橋が接近する地点があるのです。美しい赤い橋を渡るトロッコを間近で見ることが出来るということで、密かな人気があるスポットなのです。

 

 

▲ やまびこ遊歩道から見えるトロッコ列車。ここで見てると、乗っている人たちは基本的に手を振ってくるので、優しい気持ちで振り返してあげましょう()

 

宇奈月ダム

 

やまびこ遊歩道を道なりに歩くと到着です。宇奈月ダムの上から見た景色。黒部川のにごりがかった美しいブルーには特徴がありますよね。

にごり酒を思い浮かべてしまう。

 

なぜこの色になるのか、実ははっきり分かっていないらしいのですが、花崗岩による色ではないかと言われています。

 

 

黒部は、土砂の流出が激しい地域です。宇奈月ダムには大規模な排砂設備がついているのが大きな特徴です。流入した土砂を2つの排砂路からドバドバ排出します。

 

宇奈月ダムのダムカードは大夢来館2階、情報資料館入り口前にあるのでセルフでもらう

 

宇奈月ダム管理所の2階には、宇奈月ダムの情報資料館があります。宇奈月ダムのダムカードはその入り口に置いてあるので、ここから中へ入ります。

 

 

受付は一応あるのですが、誰がいるわけでもなく入り口に自由に取る形式でダムカードが置かれていました。一人一枚。

 

宇奈月温泉に観光に来た人の中でさらにダムに興味がある人、ともなればマイナーすぎてあんまり人が来ないのかもしれません。だから、セルフサービスでも荒れないのかなと思いました。

 

ダム見学のみを目的にして来るには、宇奈月ダムって微妙な場所ですしね。

 

▲宇奈月ダムの記念スタンプもある。

 

▲情報資料館の中は、無料で勝手に見学できる。ダムのはたらきや、宇奈月ダムが出来るまでの歴史がきちんと残されていた。

 

宇奈月温泉木管事件について

 

▲宇奈月温泉と聞いたら、この判例を思い出す人も多いはず。権利濫用が裁判で明言された初の判例。民法百選に必ず載ってるやつ。これがきっかけで、現在の民法1条3項が作られたわけです。

 

▲宇奈月ダムからとちの湯へ向かう途中に、宇奈月温泉事件の記念碑が建っている。

 

お城みたいな発電所

 

道中には、まるで見た目がお城のような発電所があります。正式には「関西電力新柳河原発電所」です。湖上に浮かぶ城をイメージして作られました。

 

 

天気が良い日は本当に景色が素敵です。エメラルドの水・青い空・赤い橋、この3点セットは宇奈月ならではのもの。

 

やまびこ遊歩道散策をしながら、ダムカードをもらって、そのまま『とちの湯』で温泉に入るのも良し。トロッコに乗る以外の楽しみ方も、宇奈月にはたくさんありました。

 

宇奈月ダムの営業情報

  • 住所:〒938-0000 富山県黒部市宇奈月町舟見明日音澤4−9
  • 時間: 9:00~16:30(入館は16:00まで)
  • アクセス:富山地方鉄道宇奈月温泉駅から徒歩20分(無料バスEMUで行くのもアリ)
  • 休業日:12月~3月の土曜日・日曜日、祝日、年末年始 
  • 駐車場:あり(無料)