豊かですよ!

神社仏閣!御朱印!観光スポット!

広島の平和記念公園へアクセス!世界遺産の原爆ドームや折り鶴を見てきました

 

【スポンサーリンク】

(2016年11月17日 更新)

 

みなさま、ごきげんよう

この前、広島へ行きました。宮島・厳島神社の記事は出したのですが、他にも観光したところはたくさんあります。

 

その中でも今回は、平和記念公園をまとめていこうかなと思います。

f:id:asasikibu:20161111061852p:plain

 

平和記念公園

超有名どころ。広島観光本なら、どの本にも載ってると思います。外国人観客率が非常に高いです。

f:id:asasikibu:20161111061554j:plain

 

アクセス

広島電鉄袋町」駅で下車。

もしくは「原爆ドーム前」駅で下車して、公園の端にある原爆ドームから順に観光していくのもありだと思います(私はそうしました)

f:id:asasikibu:20161112025501j:plain

 

どっちの電停の方が、近いとかラクとかはなく、変わりません。なので、現在地点から「袋町」か「原爆ドーム前」どちらか簡単に行けそうな電停を選びましょう。

 

料金

無料

ただし、公園内の広島平和記念資料館は、有料(大人200円、高校生100円、中学生以下は無料)

 

所要時間

メインどころは、1時間もあれば、資料館含めてすべて周れると思います。

 

駐車場料金

周辺にいくつかあります。

相場はだいたい300~600円くらいです。

 

 

原爆ドーム

原爆ドーム前」電停を降りると、すぐにあります。

 f:id:asasikibu:20161111062022j:plain

 

料金

見学は無料です。

外観のみ見ることができ、内部へは入ることはできません

 

 

天候がイマイチで、空気が重くてべとーっとしていたので、少々頭が痛くなりつつ進む…

 

f:id:asasikibu:20161111235013j:plain

 

原爆ドームについて

鉄骨がむき出しになっていて、原爆の恐ろしさの象徴です。

1996年に、世界遺産に登録されました。

 

被爆前はどんな建物だったの?

原爆ドーム」という名称が有名ですが、元々は「広島県物産陳列館」といって、広島県の名産品を展示したり、販売したりする施設でした。当時も、ここは観光名所だったようです。

現在でも変わらず観光名所ではありますが、建物の持つ意味は全然違いますね。

 

f:id:asasikibu:20161112010019j:plain

 

 

広島市観光案内所 平和記念公園レストハウス

原爆ドーム電停から歩いて、原爆ドームを通り過ぎると、右手に川を渡る橋があります。その橋を渡ると、観光案内所及びレストハウスがあります。

 

中へ入るとカウンターがあって、係の方がいらっしゃいますので、広島観光で分からないことがあったら、聞いてみましょう。

また、中には自動販売機ベンチがあり、休憩できるようになっています。私もここでひと休みしました。

 

売店、お土産

観光案内カウンターの隣には、売店があります。

 ※こちらの売店は、クレジットカードが使えませんでした。

 

レストハウス営業時間、営業日

8:30~17:00

(季節により営業終了時間は延長される)

年中無休

 

こちらの缶バッチ(各200円)と、他にもステッカー等を購入しました。

f:id:asasikibu:20161112013521j:plain

この缶バッチは、寄贈された折り鶴を再利用して作られたものです。

 

品揃えは案外あって、Tシャツ・メモ帳・キーホルダー・文房具など、お土産の定番のものはひと通り揃っていました。

 

平和記念公園の記念スタンプ

レストハウス内には、記念スタンプも置いてありました。

日本語版と英語版がありました。

f:id:asasikibu:20161112014455j:plain

 

 

原爆の子の像

原爆で亡くなった子どもたち、それから佐々木禎子さん(2歳のときに被爆して、12歳で白血病を発症して亡くなった方)のための慰霊碑です。

佐々木さんの同級生らの活動により、佐々木さん及び原爆で死亡した子どもを慰めるために、募金活動を経て作られました。

 

てっぺんの像のモデルは、佐々木さんです。

f:id:asasikibu:20161112014643j:plain

 

内側には、金色の鶴

f:id:asasikibu:20161112015925j:plain

 

像の周囲には、膨大な数の折り鶴が展示されていました。

f:id:asasikibu:20161112014848j:plain

 

 

平和の灯 へいわのともしび

原爆の子の像」の向かいには、平和の灯があります。

 

f:id:asasikibu:20161112020705j:plain

 

1964年に、全国から集めた火種を元に点火し、それ以来消えることなく、2016年現在までずっと燃え続けています。

私が行くのを5分で華麗に挫折した、弥山の霊火堂の消えずの火も、その火種に含まれています。

 

 

原爆死没者慰霊碑 広島平和都市記念碑

8月6日の原爆のニュースで、だいたい映っているのがこの場所です。

f:id:asasikibu:20161112021425j:plain

 

アーチの中に、原爆ドームが見えます。

原爆死没者の霊を、雨露から守るイメージで作られたため、このようなデザインになっています。

 

 

広島平和記念資料館

館内は、基本的に撮影OKです。

 

f:id:asasikibu:20161112021822j:plain

 

営業時間、営業日

8:30~17:30(変動あり)

年末年始は休業

 

入館料金

200円

ポストカードがもらえます。

 

音声ガイド

1台300円でレンタルできます。

 

 

ここの展示物は、いろんな意味で刺激が強いです。

胸のところが気持ち悪くなり、出たときには体が超重くて頭も痛くなってしまい、ベンチで15分くらい休憩するはめになりました。

 

私は、霊感みたいなのは一切全くないし、「戦争の悲しみガー…」とか言うつもりも毛頭無いんですが、変な空気に呑まれたようです。

 

私はそういうタイプの人ではないのに、なぜか泣きそうになってたからな。ふと我に返って、ちょっとどうかしてるなって感じました。

なんなんだろうな、あの空間は。

 

中は、写真撮影OKなので、いろいろ撮りました。それはまた別の記事でまとめられればいいやと思っています。

▼資料館の中の様子まとめました

asasikibu.hatenablog.com

 

 

記念スタンプ

オバマ大統領の折り鶴が展示されているところに、記念スタンプが2種類ありましたので、押してきました。

f:id:asasikibu:20161112024644j:plain

 

 

 

広島原爆死没者追悼平和祈念館

f:id:asasikibu:20161112025408j:plain

 

営業時間、営業日

8:30~17:00(終業時間は変動あり)

年末は休み

 

料金

無料

 

内部は、場所によって撮影OKだったり、撮影禁止だったりするので、注意しましょう。

 

f:id:asasikibu:20161112030030j:plain

 

被爆者の証言映像を見ることができたり(多言語対応)、手記を読んだり、関連書籍や資料を見たりすることができます。

外国の方が結構おられて、熱心に映像に見入っていた様子がとても印象的でした。 

 

f:id:asasikibu:20161112031159j:plain

 

 

平和記念公園のまとめは以上でした。 

 

 

 関連記事

 ▼宮島・厳島神社関連はこちら

asasikibu.hatenablog.com

 

asasikibu.hatenablog.com

 

asasikibu.hatenablog.com

 

▼広島観光に関連するその他の記事はこちら

asasikibu.hatenablog.com

 

 

おわり

 ( ◠‿◠ )☛