岡山の定番といったら「ままかり」。ぜひとも地酒と一緒に頂きたい…しかし一人旅クラスタの悩み、それは1人で酒が呑めて夜ご飯(出来れば郷土料理)が食べられる店を探せない…。

永遠の悩みな気がしてるんですが、なんと今回岡山にて一人飲みに適したお店がありました。程よく郷土料理と地酒がつまめる上、価格も手ごろ。行くしかない。

「寿司・和食 吉備の國」JR岡山駅1階(桃太郎口側)

 

JR岡山駅の桃太郎像がある方の出口に向かいます。エスカレーターを下り、左手の建物1階にすぐあります。明るい店内と窓から様子が伺えること、店頭にメニュー表があったことで、初見でも非常に入りやすい雰囲気づくりがされていました。窓の外から覗いたら、一人客も数名いらっしゃったので、これは自分もいけると入店。

何かの系列店らしいのですが、詳しいことはよくわかりません。店名に「寿司・和食」とある通り、メインはお寿司のセットです。地のものを食べられそうなセットを探していると「ままかり三昧(寿司と天ぷら)」を発見、合わせて岡山の地酒もグラスで注文しました。

ままかり三昧

 

ままかりというのは、魚の通称名。関東だと「サッパ」と呼ばれており、あまり食べないのですが、西の方だと酢と合わせて頂くことが多々。酢漬けにした魚が旨くてご飯に合い過ぎて足りなくなり、他の家からま(ん)ま借りかりたことから「ままかり」と呼ばれるようになったと言われています。

 

かなり美味しく堪能させていただきました。寿司でしっかりと腹を満たしつつ、さくさくの天ぷら(中のままかりはホクホクな仕上がりだった)をつまみつつ、地酒をちょこちょこ流し込みます。赤だしがついてきたので、呑んだ後の口を塩気で整えます。いや、素晴らしい。

備前伊七

 

お酒は地酒がメニューにまとめられており、選びやすい。それぞれ簡単に特徴が書かれているものの、結局呑んでみないと分からないのでとりあえず備前伊七を注文。

辛口で淡麗、さわやかなタイプ、といったことが説明に書いてあったのですが、思っていたのと飲み口は異なりました。思ったより濃かった気がしますが、酢系にバッチリ合いました。ままかりと酒を交互に…。ああ、至福。

 

天ぷらが出てくるのが若干遅かったですけれども、大変満足しました。自分の中では完全に旅先の当たりのお店を引いたぜとガッツポーズでございます。一人旅さんはもちろんですが、テーブル席もありますので、友達同士・カップル旅行にも使えるお店です。

よく読まれてる記事
よく読まれてる記事