小石川後楽園で満開の桜を見ながら庭園散歩!水戸徳川家の中屋敷が東京に

大泉水のほとりに咲く桜

東京都文京区にある「小石川後楽園」は、江戸時代に水戸徳川家の祖・頼房が造った庭園です。完成したのは二代藩主・光圀の頃でした。光圀は庭園を造るにあたって中国の専門家の意見を取り入れており、中国の風物が感じられる豊かな庭園に仕上がっていることが特徴的です。

季節の花も楽しめます。特に春先の梅と桜、5~6月のカキツバタ・花菖蒲・キキョウ、秋の紅葉が有名です。

小石川後楽園の満開の桜

枝ぶりが素敵
大泉水の周囲に咲く桜
満開の桜
蓮池付近の桜
稲田に咲く桜

小石川後楽園では3月下旬~4月中旬頃まで桜が楽しめます。2023年4月5日現在、庭園内のヤマザクラとソメイヨシノが満開でした。枝垂桜の見頃はそれよりも早く、3月中旬~下旬だったので既に散っていました。

大泉水のほとりに咲く桜

池の水面に映り込む桜

その他、園内には花桃なども咲いています。

花桃(白)
花桃(紅)

文京区の小学生が毎年田植えと稲刈りをしている稲田

稲田に咲く桜

光圀は農民の苦労を教えるために、庭園内に稲田を設けました。こちらの稲田では、東京都文京区に住む地元の小学生が、毎年5月に田植えをして、秋に稲刈りをしています。

彫刻が美しい唐門はかつて後楽園への正式な入口だった

唐門(復元)

唐門は、当時の後楽園への正式な入口でした。私的な空間の「内庭」と「後楽園」との境にある門です。1945年に空襲で焼失してしまいましたが、東京都の復元工事を経て、令和2年から一般公開されています。東門から入園すれば、庭園の本来の流れに沿った鑑賞ができて、より楽しめます。

内庭
扁額

扁額も焼失していましたが、大正時代の文献にあった古写真を元に復元されました。美しい彫刻は、よく見ると雰囲気が日光東照宮の彫刻に非常によく似ています。

中国の趣を感じる庭園

円月橋(えんげつきょう)

光圀は中国(明)の庭園の専門家に意見を伺いながら作庭していったので、園内は中国の風物が取り入れられています。また「後楽園」の命名も、中国の書物「岳陽楼記(がくようろうき)」に記載されていた「天下の憂いに先立って憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」に由来しています。

中国の浙江省にある西湖の堤(さいこのつつみ)に見立てている
中国風の素朴な石畳、延段(のべだん)
中国の神仙思想を表す蓬莱島(ほうらいじま)

庭園の中心に琵琶湖を模した大泉水

大泉水

小石川後楽園の中心にある大きな池は「大泉水」といって、琵琶湖を模しています。池には蓬莱島と竹生島を配置しています。非常に優雅で壮大な景観となっています。

一つ松

大泉水のほとりにある「一つ松」は、大津の「唐崎の一つ松」を見立てて植えられたものだといわれています。光圀はこちらの松をとても大切にしていたそうです。

小石川後楽園の入口はどこ?西門と東門

西門
東門

小石川後楽園の入り口は「西門」「東門」の2箇所あります。東京メトロ丸の内線「後楽園駅」から来る場合は、東京ドームに沿って歩いていき、黄色い建物の前にある「東門」から入るのが近いです。

後楽園駅から小石川後楽園の東門まで

上述しましたが、東門から入れば内庭から後楽園へ入るという当時と同じ正式な流れで庭園の鑑賞ができます。もちろん西門から入ることも可能です。お土産やグッズの販売、お茶屋は西門にのみあります。東門には入園券の販売以外何もありませんでした。

記念スタンプは東門と西門に同じものが設置されていた

小石川後楽園の基本情報・アクセス

  • 所在地:東京都文京区後楽1丁目6−6
  • 拝観時間:9:00~17:00(入園は30分前まで)
  • 休園日:12月29日~翌年1月1日
  • 駐車場:なし
  • 拝観料:300円
  • 公式HP:公益財団法人 東京都公園協会
  • コメント: 0

こちらも読まれています

  1. 日光東照宮「奥宮」家康公が眠る神聖な場所へ

  2. 箱根縁結び『九頭龍餅』をお土産に!源泉かけ流しの足湯にも入ろう

  3. 「前橋花火大会」2018参戦レポート!場所取りとバス混雑

  4. 川越まつり会館で本物の山車を見学!豪華絢爛、迫力満点

  5. 咲き誇る花菖蒲!諏訪大社下社春宮の「あやめ奉献奉告祭」が素敵すぎる

  6. 【年越大祓】アクセス良好の烏森神社で年越大祓御朱印と護符を頂いた!甘酒飴は超ニガテ【新橋の神社巡り】

  7. 【皇居の財布情報まとめ完全版】皇居東御苑売店!財布の値段・色・種類を解説、皇居お土産は大手休憩所売店で!

  8. 湯畑で食べ歩き!御座之湯でゆったり、源氏で旨い酒!湯畑ライトアップ横目に民宿でおやすみ【群馬草津旅1日目】

  9. 通い詰めてた大好きな渋谷の「人間関係」っていうカフェをレポートする

  10. 薬味の鎌倉焼(1個60円)が美味い件!「アルブルノワール」鶴岡八幡宮参道で食べ歩き!

  11. 歴史街道を自分の足で【東海道五十三次】街道歩き旅①日本橋~品川宿

  12. とげぬき地蔵高岩寺の御朱印|巣鴨!商店街の塩大福と草餅が旨い!洗い観音、御影のお話も

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※ご連絡※
画像が表示されない記事が多々あり、全力修正中です。ご迷惑おかけしております。リクエスト頂ければ優先して修正します。
  1. 爆速提供!昭和漂う亀戸餃子本店。1人2皿以上の餃子一筋専門店で軽…

  2. 歴史街道を自分の足で【東海道五十三次】街道歩き旅①日本橋~品川宿

  3. 小石川後楽園で満開の桜を見ながら庭園散歩!水戸徳川家の中屋敷が…

  4. 花桃咲く桃源郷!わたらせ渓谷鐵道「わ鐵」で行く、春の絶景ローカ…

  5. 日光山巡りの始まりの場所!輪王寺三仏堂を参拝

  6. 降り注ぐ幻想的な藤の花!あしかがフラワーパークの妖艶な藤を楽し…

  7. ネモフィラの青い絨毯が広がる絶景!国営ひたち海浜公園、初夏のネ…

  8. 魅力たっぷり初島へ!熱海から30分、首都圏から一番近い離島で新鮮…

  9. 早太郎伝説で有名!駒ヶ根市「光前寺」見どころまとめ

  10. 平泉の国宝が目の前に!特別展「中尊寺金色堂」現地レポート(上野…