『広島城』と『広島護国神社』カープ御祈願神社で御朱印を頂く広島旅!『ほの湯』で旅の疲れを癒される

f:id:asasikibu:20180221103758j:plain

『広島城』『広島護国神社』についてまとめます。広島護国神社の御朱印を頂いて、広島城の前まで辿り着いたのですが、疲れてしまって登城は諦めております。また行かないと!

『広島護国神社』は広島カープが必勝祈願に来る神社として有名!

『広島護国神社』は、広島カープの選手が必勝祈願に来る神社で有名です。テレビでもよく報道されています。広島県民にとっては、非常に親しみの深い神社なのです。

f:id:asasikibu:20180221104744j:plain

ここが広島カープのみなさんも通っていた鳥居です。

f:id:asasikibu:20161112171650j:plain

『広島護国神社』のアクセス

広島電鉄「紙屋町東」もしくは、アストラムライン「県庁前駅」 で下車し、徒歩15分くらいです。

広島駅から2kmあるので、広電かバス使わないとちょっと厳しいと思います。広島駅から徒歩でここまで来るのは結構辛いです。ちょっとしたハイキング。

広島護国神社は、広島城の敷地の中にある神社です。

拝観時間

9:00~17:00(変動あり)

拝観料

無料

見学所要時間

20分くらい

馬の像がかっこいい護国神社

広島護国神社の鳥居の横には、馬の像があります。勇ましくてかっこいいです。

f:id:asasikibu:20161113012209j:plain

広島護国神社の拝殿

こちらが拝殿です。境内は白い玉砂利が敷き詰められていて、とてもきれいです。清らかな印象です。

f:id:asasikibu:20161113012926j:plain

広島護国神社の見どころは『鯉』

見どころとしてチェックしておきたいのは、拝殿の両脇にある『鯉』です。いずれの鯉にも願いが込められていて、各ご利益があるとされています。

『双鯉の像』(左側)

拝殿向かって左側には『双鯉の像』があります。2匹の鯉が泳ぐ様子を表していて、家内安全、夫婦円満、恋愛成就のご利益があるそうです。

f:id:asasikibu:20161113012409j:plain

『昇鯉の像』(右側)

拝殿向かって右側には『昇鯉の像』があります。鯉が滝登りする様子を、人が高みに昇っていく様子とかけて、表しています。目標達成や出世にご利益があります。

f:id:asasikibu:20161113012656j:plain

広島城内売店にて『広島レモンサイダー』

御朱印を頂こうと思っていたのですが、財布の中に万札しかなくてどうしよっかなーと迷っていたところ、広島護国神社のすぐに、売店があるのを発見しました。ちょうど喉も乾いていたので、『広島レモンサイダー』を買いました。

f:id:asasikibu:20161112172326j:plain

▲『広島レモンサイダー』

あんま好きな味じゃなかった(爆)人工甘味料系の後味がありました。カロリーオフ系のジュースはあまり好きじゃないので、ちょっとミスりました。

売店の中は、通常のお土産と、ちょっとした軽食や飲み物も置いてありました。

広島護国神社の御朱印

御朱印代は300円です。広島護国神社の御朱印がもらえる場所は、拝殿の左手にある授与所です。整った几帳面そうな字ですね。

https://www.instagram.com/p/BMtBnIMjGCY/

『広島城 跡地』を散策する!原爆でほぼ壊滅…現在あるのは天守閣を含め、復元されたもの。

広島城の建築物は、原爆でほぼ壊滅しました。現在観光用に開かれているのは、天守閣も含めて全て復元されたものです。

f:id:asasikibu:20161113013445j:plain

お堀の入り口から中へ入ります。城内公園へは入場無料です。奥の天守閣のみ拝観料がかかります。

f:id:asasikibu:20161113013925j:plain

広島城の歴史が展示されています。ミニチュア模型がとても精巧に作られていて、じっくり見ていると時間が過ぎてしまいます。

f:id:asasikibu:20161113014146j:plain

『広島城天守閣』は一番奥にあります、拝観料がかかります|100名城スタンプはたぶんこの中

https://www.instagram.com/p/BLB8H39jAkC/

意外と入り口から天守閣に辿り着くまでに距離があって、広島駅からここに来るまでのバスで消耗したのも合わせて、疲れが。低血糖気味になってしまって、ここでダウンしました。

なんとか行った証拠に写真だけ数枚納めて残念ながら、すぐに撤収してしまいました。100名城スタンプも押せなかったし、また次回の楽しみに取っておくことにします。

広島城天守閣入場料

大人370円

営業時間

9:00~17:30(変動あり)

ちょっと休むために健康ランド的な温泉に行こうと思い立ち、探してみるとどうやら『ほの湯』という天然温泉があるらしい、ということでそちらへ移動しました。

『天然温泉 ほの湯』でゆっくり旅の疲れを癒す

かなりへんぴな場所にあったので多少迷いましたが、到着してみるとかなりのお客さんがいました。結構人気のお湯のようです。

f:id:asasikibu:20161112174318j:plain

『ほの湯』アクセス

広電「宇品二丁目」で下車し、徒歩15分弱です。

電停を降りたら、県立広島大学方向へただひたすらまっすぐ歩きます。そして、県立広島大学を通り過ぎても、そのままずーっとまっすぐです。自動車教習所を通り過ぎます。何もなくてだんだん不安になってくるのですが、そのまままっすぐ歩いていると、急に見つかります。

営業時間

朝10:00~深夜1:00 (!)

入泉料金、入浴料金

  • おとな750円、小学生400円
  • 幼児150円、3歳以下無料

専用駐車場

あり(無料)

『ほの湯』は広々とゆっくりくつろげる温泉!ある程度人数多くても広いから大丈夫

お風呂なので、内部の写真はないんですけど、とっても気持ちよかったです。女湯の話にはなりますが、思ってたより広くて、たくさんの方が利用していました。

露天風呂も何種類かあって、とっても楽しくお湯に浸かれました。露天風呂の中央には、大きなテレビが設置されているので、テレビを眺めながら、のんびりゆっくりすることができます。

ほの湯の設備・備品について

  • シャンプー、リンス、ボディソープあり
  • ドライヤーあり
  • 鍵付きロッカーあり

脱衣所のロッカーは大きくて、旅人ごっこをやっていた自分の大荷物も、すっかり収納できました。(ロッカーは鍵付きでした

シャンプー、リンス、ボディソープは、備え付けのものがありました。また、ドライヤも設置されているので、自由に使うことができます。

以上、広島城を中心にご紹介しました。

www.asasikibu.com

www.asasikibu.com

www.asasikibu.com

www.asasikibu.com

  • コメント: 0

こちらも読まれています

  1. 諏訪大社上社本宮の御朱印と御朱印帳!見どころ徹底解説、本宮参拝を満喫する

  2. 2017年度版お正月限定御朱印まとめ(関東、東京都内周辺在住の人向け)頒布期間や時間など

  3. 【三越】日本橋七福神巡りの御朱印と宝船と色紙!期間、授与品など詳細【人形町散策】

  4. 金沢城の天守閣復元は【画像】金沢城址公園の所要時間・料金・場所など観光案内まとめ

  5. 山寺(立石寺)御朱印注意点【説教と写経の話】山寺で御朱印貰う予定の方に向けて

  6. 【2017ひな祭り限定御朱印まとめ】桃の節句!東京都内周辺編を一覧にしてみました

  7. 【鷽替え2018】鷽が頂ける東京都内周辺神社総まとめ特集!鷽替え神事限定御朱印

  8. 『魚津諏訪神社(魚津市)』御朱印/「たてもん祭り」の会場!風と水の神様にお参りしよう

  9. 北ノ庄城の天守と支城/柴田神社御朱印と御朱印帳(福井市)資料館で福井城との関係を学ぶ

  10. 赤瓦が映える会津若松「鶴ヶ城」会津のシンボルから歴史を学ぶ

  11. 御朱印帳人気ランキング愛知(東海)|かわいい!愛知県御朱印帳可愛いもの編~東海御朱印巡りでまったり癒し旅

  12. 神社お寺の拝観券の保管方法|レシピファイルに入れる

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※ご連絡※
画像が表示されない記事が多々あり、全力修正中です。ご迷惑おかけしております。リクエスト頂ければ優先して修正します。
  1. 爆速提供!昭和漂う亀戸餃子本店。1人2皿以上の餃子一筋専門店で軽…

  2. 歴史街道を自分の足で【東海道五十三次】街道歩き旅①日本橋~品川宿

  3. 小石川後楽園で満開の桜を見ながら庭園散歩!水戸徳川家の中屋敷が…

  4. 花桃咲く桃源郷!わたらせ渓谷鐵道「わ鐵」で行く、春の絶景ローカ…

  5. 日光山巡りの始まりの場所!輪王寺三仏堂を参拝

  6. 降り注ぐ幻想的な藤の花!あしかがフラワーパークの妖艶な藤を楽し…

  7. ネモフィラの青い絨毯が広がる絶景!国営ひたち海浜公園、初夏のネ…

  8. 魅力たっぷり初島へ!熱海から30分、首都圏から一番近い離島で新鮮…

  9. 早太郎伝説で有名!駒ヶ根市「光前寺」見どころまとめ

  10. 平泉の国宝が目の前に!特別展「中尊寺金色堂」現地レポート(上野…