降り注ぐ幻想的な藤の花!あしかがフラワーパークの妖艶な藤を楽しむ。見頃と見どころ案内

大藤

栃木県足利市にある「あしかがフラワーパーク」は、四季折々のお花を楽しむことができる人気の観光スポットです。毎年4月中旬~5月中旬頃に見頃を迎える藤の花が特に魅力的。有名な大藤だけではなく、八重藤・きばな藤・白藤のトンネルなど溢れんばかりの藤の花が園内に咲き乱れます。

思う存分、藤の花を楽しめる「大藤まつり」見頃4月中旬~5月中旬

パーク入口にも素敵な白藤

足利フラワーパークでは、藤が見頃の4月中旬~5月中旬に「ふじのはな物語~大藤まつり~」が毎年開催されており、350本以上の藤の花と5000本以上のツツジが咲き乱れます。

大藤まつり開催中の園内、藤の花をご紹介します。

大藤

大藤

あしかがフラワーパークのメインは「大藤」です。樹齢160年で、栃木県の天然記念物に指定されています。パークの中央に2本の大藤が並んでおり、藤棚の下を歩いてくぐることができます。迫力満点の大藤に目を奪われること間違いなし。

藤棚の下を通る人々

八重藤(天然記念物)

八重黒龍の八重藤(栃木県の天然記念物)

白藤のトンネル(天然記念物)

古い木が絡み合って現在の姿に
純白のトンネルは全長80m
園内にはその他にも白藤がたくさん観られる

白藤の滝

きばな藤

きばな藤のトンネル(全長80m)
きばな藤は日本の気候では育てることが難しいといわれている

うす紅藤

映画「今夜、ロマンス劇場で」ロケ地になったうす紅藤の橋
うす紅藤の橋(横から)

うす紅藤の橋は「今夜、ロマンス劇場で(2018年)」という映画のロケ地です。この橋の上で綾瀬はるかさんが可憐に踊り、坂口健太郎さんがそれをカメラに収めるというシーンが映画中にあります。

うす紅藤の棚

大藤ライトアップが幻想的すぎる!神々しい藤の花に見惚れる

大藤ライトアップ

4月中旬~5月中旬までの「大藤まつり」開催期間中、園内はライトアップされ、光り輝く藤棚を鑑賞することができます。時間帯は、16:30~20:30(土日祝21:00まで)です。大藤のライトアップは、日本夜景遺産にも認定されています。

大長藤
大長藤(ライトアップされた藤が水面に反射してより幻想的な雰囲気に)
異世界感があります
うす紅藤の橋のライトアップ
白藤の滝のライトアップ
うす紅の藤棚ライトアップ

藤の他にも園内には溢れんばかりのお花

ハイビスカス

藤の花の他にもたくさんのお花が楽しめます。

藤の香りが楽しめる「藤ソフト」と佐野名物で腹ごしらえ

藤ソフト(350円)

あしかがフラワーパークに来たら、ぜひ食べておきたいのがご当地ソフトクリーム。藤の花の香りが楽しめる「藤ソフト」は人気の商品です。ジェラート風で案外食べやすく、美味しいですよ!花の香りを抑えたい方は、バニラとのミックス味もあるのでそちらがおすすめです。

売店メニュー

その他、佐野名物の「佐野ラーメン」「イモフライ」、足利名物の「ポテト入り焼きそば」などご当地B級グルメも楽しめます。

あしかがフラワーパークのおみやげ

あしかがフラワーパーク藤サイダー
あしかがフラワーエール

あしかがフラワーパークでは、藤にちなんだ商品が目白押し。藤サイダーやフラワーエールなどのご当地商品が人気です。他にも藤の香りのするハンドクリームや化粧品、お子様向けのおもちゃやぬいぐるみも売っています。

個人的なおすすめは、藤の傘です。せっかく来たのに雨だと残念な気持ちになりますが、あしかがフラワーパークでは藤の花をデザインしたステンドガラス風のビニール傘が販売されています。とっても素敵で気分も晴れますのでおすすめです。折り畳み傘の販売もあります。

あしかがフラワーパークの歴史

現在あしかがフラワーパークにある大藤は、元々足利市中心部にありました(1991年当時)。当時から根回り3m60cm・棚面積600㎡もあり、大変立派な藤でしたが、街の再開発のために移動せざるを得なくなってしまいました。

今まで幹直径1m以上の藤移植に成功した前例が無い中で行われましたが、無事に成功し現在に至ります。日本で初めての移植成功でした。延べ2000人が大藤の移植に携わったといわれています。

あしかがフラワーパークの基本情報・アクセス

  • 所在地:栃木県足利市迫間町607
  • 営業時間:時期によって変動。公式サイトをご確認ください
  • 入園料:時期によって変動(500~2200円)
  • 定休日:毎年2月の第3水曜と木曜、12月31日は休園
  • 注意点:ペット連れ入園は禁止
  • 公式HP:https://www.ashikaga.co.jp/index.html

入園料は時期によって変動

入園券

あしかがフラワーパークは花の見頃によって園内の様子が変わる為、時期によって入園料が大幅に変動します。最も安い時期は大人500円で入れますが、藤の見頃になると大人2200円まで上がります。

開園時間も変動するので、行く前に公式サイトで確認しておくことをおすすめします。

こちらも読まれています

  1. 平泉の国宝が目の前に!特別展「中尊寺金色堂」現地レポート(上野・東京国立博物館)

  2. 小石川後楽園で満開の桜を見ながら庭園散歩!水戸徳川家の中屋敷が東京に

  3. 花園稲荷神社の御朱印【新宿総鎮守】酉の市が断然おすすめ!境内社の芸能浅間神社も要チェック

  4. 水天宮近くの重盛永信堂の焼きたて七福神人形焼が超おいしかったので自信を持ってご紹介する

  5. 【御茶ノ水御朱印めぐり決定版】10社まとめ!1日でお茶の水から神田、本郷方面へ歴史を巡りつくす散策プラン

  6. 【築地本願寺は御朱印ではなく記念スタンプ】3種類!御朱印帳には押さないように注意

  7. 『知るカフェ(東京大学前)』U30大学生無料自習室カフェに行ってみた!電源Wi-Fi完備@本郷

  8. 箱根で食べるべきもの!食べ物&名物、食べ歩きしてきたブログ!

  9. 世田谷・代田の鎮守「代田八幡神社」に参拝、オリジナル御朱印帳

  10. 【平河天満宮の御朱印】永田町|御朱印を頂くとお煎餅がもらえます

  11. 「前橋花火大会」2018参戦レポート!場所取りとバス混雑

  12. 築100年!埼玉りそな銀行川越支店、小江戸の蔵造りと大正建築の共存風景

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※ご連絡※
画像が表示されない記事が多々あり、全力修正中です。ご迷惑おかけしております。リクエスト頂ければ優先して修正します。
  1. 爆速提供!昭和漂う亀戸餃子本店。1人2皿以上の餃子一筋専門店で軽…

  2. 歴史街道を自分の足で【東海道五十三次】街道歩き旅①日本橋~品川宿

  3. 小石川後楽園で満開の桜を見ながら庭園散歩!水戸徳川家の中屋敷が…

  4. 花桃咲く桃源郷!わたらせ渓谷鐵道「わ鐵」で行く、春の絶景ローカ…

  5. 日光山巡りの始まりの場所!輪王寺三仏堂を参拝

  6. 降り注ぐ幻想的な藤の花!あしかがフラワーパークの妖艶な藤を楽し…

  7. ネモフィラの青い絨毯が広がる絶景!国営ひたち海浜公園、初夏のネ…

  8. 魅力たっぷり初島へ!熱海から30分、首都圏から一番近い離島で新鮮…

  9. 早太郎伝説で有名!駒ヶ根市「光前寺」見どころまとめ

  10. 平泉の国宝が目の前に!特別展「中尊寺金色堂」現地レポート(上野…