『魚津諏訪神社(魚津市)』御朱印/「たてもん祭り」の会場!風と水の神様にお参りしよう

『魚津諏訪神社』の御朱印を頂きました。魚津の諏訪神社は、狩猟や漁業を守護する神様として、地元で大切にされている神社です。たてもん祭りの起点会場となる場所でもあります。

普段は無人の小さな神社ですが、海に面して建てられているので、鳥居からの景色が素晴らしいということをお伝えしたいのです。

魚津諏訪神社の御朱印

長野県の諏訪大社で見かけた社紋が入っていますね。たてもん祭りのデザインも描かれています。日付は自分で入れるシステムです。初穂料300円。

魚津諏訪神社の御朱印はセルフです。書置きが拝殿の前に置かれているので、自分で初穂料を拝殿のお賽銭箱に納めます。

一応、諏訪神社の境内には社務所があるのですが、御朱印対応が出来ない為このように書置き御朱印を設置しているのだと思われますので、筆書きが良いからといってむやみにインターホンを鳴らしたりはしないようにしましょう。

この辺りは諏訪町といわれます。長野県の諏訪大社とは古くから深いかかわりがあります。かつて、魚津の浜での豊漁を願って、初魚を諏訪大社本宮に奉納する習慣があったのです。このことから諏訪神社が建立されたのでした。

▲諏訪神社へ向かう道。細い道に味があって、良きかな。

最初はもっと海に近いところに建立されていたそうですが、波で浸食されてしまうことから徐々に移転していって、現在の場所にやってきました。

魚津諏訪神社について

たてもん祭りは、国指定の重要無形民俗文化財に指定されている有名なお祭りです。毎年8月の第一金曜日・土曜日に行われます。魚津の夏の風物詩です。

たてもんは海難除災、豊漁への祈願、漁労への感謝を込めた漁民による信仰が起源と言われています。「たてまつるものの祭り」の呼び名がなまって「たてもん祭り」になったと伝えられています。

境内の中から鳥居を見ると、このように鳥居越しに富山の海の景色が見られます。これが非常に綺麗なのです。鳥居の外が海と空。

魚津諏訪神社の参拝情報

  • 住所:〒937-0056 富山県魚津市諏訪町1‐16
  • 拝観料:なし

www.asasikibu.com

こちらも読まれています

  1. 【お舟祭り下諏訪2017】長野県|諏訪大社下社春宮から秋宮へお舟が通るよ!

  2. 富山地鉄【お得往復きっぷ】東京から宇奈月へ行く方へ!富山地鉄の割引切符のご紹介

  3. 金比羅山の階段数1368段、金刀比羅宮・奥社のお守りと御朱印を頂く

  4. 亀戸七福神巡りのコース詳細解説!授与品(色紙・御朱印)・見どころ・散策マップ(東京都江東区)

  5. 【大阪城の御朱印と御朱印帳】貰い方案内と見どころ解説!登城記念印/西の丸庭園にも行ってみよう

  6. 宗像大社中津宮は七夕伝説発祥の地、湍津姫神を祀る県の有形文化財に参拝

  7. 盛岡南部藩の総鎮守「桜山神社」巨大な烏帽子岩が見どころ

  8. 海の守り神「龍宮神社」浦島太郎と豊玉姫が出会った縁結び神社で海辺の景色を眺める

  9. 2017年度版お正月限定御朱印まとめ(関東、東京都内周辺在住の人向け)頒布期間や時間など

  10. 東京大神宮で御朱印巡り!恋みくじ&縁結びみくじが有名!ご利益を頂こう

  11. スタバ富山環水公園店!世界一美しいスタバの開放的なテラス

  12. 【2017ひな祭り限定御朱印まとめ】桃の節句!東京都内周辺編を一覧にしてみました

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※ご連絡※
画像が表示されない記事が多々あり、全力修正中です。ご迷惑おかけしております。リクエスト頂ければ優先して修正します。
  1. 爆速提供!昭和漂う亀戸餃子本店。1人2皿以上の餃子一筋専門店で軽…

  2. 歴史街道を自分の足で【東海道五十三次】街道歩き旅①日本橋~品川宿

  3. 小石川後楽園で満開の桜を見ながら庭園散歩!水戸徳川家の中屋敷が…

  4. 花桃咲く桃源郷!わたらせ渓谷鐵道「わ鐵」で行く、春の絶景ローカ…

  5. 日光山巡りの始まりの場所!輪王寺三仏堂を参拝

  6. 降り注ぐ幻想的な藤の花!あしかがフラワーパークの妖艶な藤を楽し…

  7. ネモフィラの青い絨毯が広がる絶景!国営ひたち海浜公園、初夏のネ…

  8. 魅力たっぷり初島へ!熱海から30分、首都圏から一番近い離島で新鮮…

  9. 早太郎伝説で有名!駒ヶ根市「光前寺」見どころまとめ

  10. 平泉の国宝が目の前に!特別展「中尊寺金色堂」現地レポート(上野…