豊かですよ!

神社仏閣!御朱印!観光スポット!

【上野の御朱印めぐりルート】上野の五條天神社や上野大仏、清水観音堂などおすすめルートをご紹介

(2017年8月8日更新)

今回は、御朱印を貰いながら上野を散策できるルートをご紹介します!近場に集まっているので、スムーズに回れると思います。トータル3時間程度です。

書いてある順番でそのまま巡れるように、順番も考慮して書きました。

 

①上野御朱印巡り! まずは定番の上野東照宮からスタート!

上野駅の公園口から徒歩で向かいます。

金ぴかきらきらなこちらの唐門が有名な、上野東照宮です。上野動物公園の入園口の左側に位置しています。

上野東照宮の拝観料

燈篭や唐門を見学するだけだったら無料ですが、透塀の内側へ入るには、別途拝観料500円が必要です。(※本殿の中へ入れるわけではありません。本殿内は非公開です。)

f:id:asasikibu:20161119181637j:plain

 

 

上野東照宮の御朱印を頂きましょう!

300円です。オリジナル御朱印帳と、御朱印袋(2000円)もありますよ! 

 

②医薬と弓道部のイメージが強い五條天神社へ参拝する

上野東照宮から徒歩で3分ほど。お次はこちらの五條天神社です。

f:id:asasikibu:20161013235903j:plain

五條天神社の鳥居はこちら 

f:id:asasikibu:20161013235902j:plain

 

Q.五條天神社と花園稲荷神社の両方を参拝したい

五條天神社と次に書いている花園稲荷神社は、同じ場所にあって中でつながっています。五條天神社の拝殿右側から、階段で花園稲荷神社へ行くことができます

 

一応、五條天神社の鳥居の右側には、花園稲荷神社用の鳥居もあります。

f:id:asasikibu:20161119205345j:plain

五條天神社の手水舎

f:id:asasikibu:20161013235858j:plain

五條天神社の本殿

 

五條天神社の御朱印を頂きます

鳥居入ってすぐ左にある社務所で頂けます。300円です。花園稲荷神社の御朱印も同じく、こちらで頂けます。

f:id:asasikibu:20161119172002j:plain

 

③花園稲荷神社も参拝しましょう

花園稲荷神社は、先程の五條天神社とつながっています。五條天神社の拝殿右側の階段を昇って、すぐに参拝できますよ。

花園稲荷神社の拝殿

f:id:asasikibu:20161013235901j:plain

花園稲荷神社の手水

f:id:asasikibu:20161013235900j:plain

花園稲荷神社のつらなる鳥居はすてきな雰囲気 

外国人がたくさん写真を撮っていました。アニメに出てきそうな景色ですよね

https://www.instagram.com/p/BLoCXR4DW79/

 

f:id:asasikibu:20161013235907j:plain

連なる鳥居を通っていくと、上野大仏のある通りへ出ることができますので、そのまま上野大仏へ向かいましょう。 

f:id:asasikibu:20161013235905j:plain

 

花園稲荷神社の御朱印

花園稲荷神社の御朱印は、同じく先ほどの五條天神社の社務所で頂けます。 

f:id:asasikibu:20161119171759j:plain

 

④パゴダ薬師堂の上野大仏は合格祈願なんだよ!上野に大仏があるって知ってた?

上野には実は大仏があるんです、知ってましたか?お顔だけなんですけどね(下記参照)

花園稲荷神社から歩いて数分のところにあります。

f:id:asasikibu:20161013235916j:plain

f:id:asasikibu:20161013235918j:plain

上野大仏のお顔の絵馬がずらり 

f:id:asasikibu:20161013235919j:plain

 

上野大仏は元々3メートル程の釈迦如来坐像だったけど今はお顔だけ

f:id:asasikibu:20161013235920j:plain

なぜ上野大仏は合格祈願スポットになっているの?

関東大震災など大きな震災によって、壊れたり、直されたりを繰り返してきました。特に頭の部分はとても損傷がひどかったようです。それでも、胴体と顔の部分はなんとか残っていました。

しかし、第二次世界大戦のときに、軍需のため胴体部分が解体されてしまいました。

幾多の困難がありましたが、どうにかこうにか顔の部分だけは、現在まで残ってきました。

そんな勝ち抜いて生き残ってきたという釈迦如来の歴史から、縁起が良いとして、「合格大仏」として、親しまれるようになりました。

 

パゴダ薬師堂の薬師如来にもご挨拶

薬師如来、月光菩薩、日光菩薩が安置されています。元々は、東照宮にあったものなのですが、明治時代にこちらへ移されました。

f:id:asasikibu:20161013235921j:plain

パゴダというのは、「仏塔」という意味です。

パゴダの建物自体は撮影OKですが、この中にある仏像の撮影は禁止です。 

 

上野大仏の御朱印は釈迦如来薬師如来2種類あります

上野大仏のところに、お守りや絵馬を配布している授与所はあるんですが、そこでは頂くことはできません。近くにある清水観音堂へ移動してそちらで頂くことができます。

この上野散策をした日は、次に出てくる清水観音堂に先に行って、ちょっと引き返して上野大仏に行ったあと、再び清水観音堂へ戻って御朱印を頂こうとしたのですが、その謎の動きをしている間に、混んでしまったようで、辞めました。

写真の御朱印は、後日(2017年1月1日)に、近くを通ったので立ち寄って、頂いたものです。字体がとっても素敵ですね。ついでに、干支鈴もそのとき清水観音堂で買いました

 

⑤月の松で有名な寛永寺清水観音堂へ!

上野大仏から徒歩3分くらい歩くと、こちらの建物が見えてきます。

f:id:asasikibu:20161013235909j:plain

こちらが、清水観音堂です。京都の清水寺をモデルに作られました。本堂のところが舞台になっていて、不忍池を見渡せるようになっています。

f:id:asasikibu:20161013235910j:plain

清水観音堂の手水

f:id:asasikibu:20161013235911j:plain

 

歌川広重の浮世絵に登場している「月の松」は150年ぶりの復刻モノ!

明治時代に台風で失われていたのですが、2012年に150年ぶりに復活しました。

f:id:asasikibu:20161013235913j:plain

歌川広重の浮世絵にも登場しており、かなり有名な松の木なのです。松の輪の中に、不忍池辯天堂を見ることができます。

こちらがその、歌川広重の浮世絵です。画像お借りしました。

f:id:asasikibu:20161119222524p:plain

台東文化ガイドブック 清水観音堂の月の松

歌川広重「上野山内月のまつ」(国立国会図書館蔵)

清水観音堂の本堂

f:id:asasikibu:20161013235912j:plain

こちらの本堂内の左に寺務所があります。御守りなどの授与品はこちらで拝受できます。御朱印もここです。

清水観音堂の御朱印を頂きます

「千手観音」の御朱印、300円です。上野大仏の「薬師如来」「釈迦如来」の御朱印もこちらで頂くことができますので、合わせて3種類の御朱印がこちらで頂けるということです

f:id:asasikibu:20161119171734j:plain

 

願い玉というアトラクション的なやつがあった

こんなものもありました。なんだろーと思って、下を覗くと、

f:id:asasikibu:20161013235915j:plain

 

このようになっていました。

f:id:asasikibu:20161013235914j:plain

 

⑥巳成金大祭で有名な不忍池辯天堂へ、階段を降りて向かいます

清水観音堂の目の前の階段を下まで降り、横断歩道を渡ると、こちらの辯天堂があります。清水観音堂からの所要時間は、3分くらいです。近い。

f:id:asasikibu:20161013235922j:plain

不忍池には、ハス)が咲き乱れています。天気が悪くてあんまり映えてませんね…笑

f:id:asasikibu:20161013235923j:plain

 

f:id:asasikibu:20161013235924j:plain

不忍辯天堂の手水

f:id:asasikibu:20161013235925j:plain

不忍池辯天堂は、谷中七福神の弁財天を祀る 

ここ、辯天堂は、谷中七福神弁財天も兼ねています。

f:id:asasikibu:20161013235926j:plain

 

不忍池辯天堂の本堂

f:id:asasikibu:20161013235927j:plain

不忍池辯天堂の御朱印をもらおう

300円です。本堂の中、入って左の授与所でいただけます。お守りなどもこちらです。

f:id:asasikibu:20161119171710j:plain

 

上野御朱印巡りルート総所要時間などまとめ!

このルートの所要時間は、3時間程度です。もっとテキパキ動ける人は、2時間半くらいでも行けると思います。あとは混雑状況次第ですね。

全て近場に集まっているので、移動は全てスムーズに行けます。

 

実は上野のこの周辺には、あと数か所御朱印を頂けるところがあります。が、このルートがほどよくラクに散歩できて、ちょうどいいかなと思って、ご紹介してみました。

 

(以下、追記)

 

⑦番外編 いつも通り過ぎていた両大師についに参拝だぜ!

ご紹介したルートからちょこっと外れますが、近くにある両大師御朱印が頂けるスポットです。先日、参拝したのでここに追記しておきます。

東京国立博物館の隣にあります。輪王寺であり、開山堂であり、両大師であり…両大師はたぶん通称だと思うんですが、輪王寺と開山堂の関係はよくわかりません、、

お正月というのに、結構空いていました。谷中七福神を担当している神社、あとは五條天神社とか有名どころはすごく混雑していましたが、こちらは穴場なのかもしれません。

ぼけ封じの旗がひらひら、、

両大師の御朱印はこちらです

お正月は、書置きのみでした。

 

上でまとめたルートからは少し外れた位置にあります。上野東照宮辺りから、徒歩10分弱くらい…でしょうか。

もし、同じ日に全部参拝するなら、まず両大師に参拝してから、一番最初の上野東照宮へ向かうのがいいと思います。そうすると、スムーズに全部周れると思います。

 

上野で御朱印!関連記事はこちら