日光東照宮の見どころ!唐門「舜帝朝見の儀」から拝殿まで

※ご連絡※
画像が表示されない記事が多々あり、全力修正中です。ご迷惑おかけしております。リクエスト頂ければ優先して修正します

日光東照宮「唐門」は、高い身分の人のみ利用できる門でした。現在でも国賓クラスの人しか利用できず、一般の人は通れません。輝くまぶしい白と金色で仕上げられた門は豪華で見ごたえ抜群です。

唐門と胡粉

唐門の白い塗装は「胡粉(ごふん)」によるものです。胡粉は貝殻の粉末を使った絵具です。この真っ白さは、貝殻の白さからくるものです。

透塀(すきべい)

唐門の左右にある壁は、格子の網目から外が透けて見えるので「透塀(すきべい)」といいます。

舜帝朝見の儀

唐門の上部には、人の彫刻があります。中国の伝説上の皇帝である「舜帝」が、役人たちと新年の挨拶をしている場面です。舜帝の時代は中国史上、一番治まっていたと言われています。その舜帝を家康になぞらえて、ここに彫刻されました。この彫刻は「舜帝朝見の儀しゅんていちょうけんのぎ」と呼ばれます。

「平成」の語源
おなじみの「平成」という元号は、舜帝の「内平外成(=優秀な人材を起用して政治をよく治めたこと)」という言葉に由来しています。

一本燈籠

2代秀忠の娘(?)が奉納したといわれる燈籠です。

徳川家康・豊臣秀吉・源頼朝を祀る「神輿舎」

日光東照宮に祀られている神さまのお神輿です。中央が徳川家康、右側が豊臣秀吉、左側が源頼朝です。春秋の千人行列で神輿が担がれます。重さは1基、800kgもあります。800kgは、大人のキリン1頭と同じぐらいだそうです。1基を55人で担ぎます。

神酒授与所

祈祷殿(上社務所)

護摩を焚いたり、結婚式の祈祷などに使われます。祈祷殿は一応、輪王寺に属するのですが、「上社務所」ということにして神仏分離による移転を免れたそうです。

本社と拝殿、将軍着座の間

祈禱殿の隣には、下駄箱スペースがあります。ここで靴を脱ぎ、本社の中へ入ります。この先は一切撮影禁止です。

拝殿入口には急な階段があります。前のグループのお祓いが終了するまで待ちます。待っている間、ぜひ上を見上げてみてください。

家康の干支である、虎の美しい彫刻が描かれています。ヒョウも一緒に描かれているんですが、これは虎の雌のつもりで描かれました。当時の人は、ヒョウが虎の雌だと勘違いしていたからです。

拝殿に入ると、巫女さんが日光東照宮の説明をしてくれます。その後、神職の方がお祓いをしてくれます。そして二礼二拍手一礼です。これが終わると前方へ進み、本殿へ入ることができます。

将軍着座の間

拝殿のすぐ右隣の部屋が「将軍着座の間」です。拝殿は大名以上でないと入ることは許されていませんでしたが、こちらはさらに厳しく、将軍しか入ることができなかった部屋です。将軍ということは、徳川家光が座って待機していたこともある部屋です。一般の参拝客は、通常入れませんが、「将軍着座の間特別祈祷ツアー」に申し込んで参加すると入ることができます。将軍着座の間でご祈祷して頂けるツアーです。

「将軍着座の間特別祈祷ツアー」は、数年前に”もしもツアーズ”という番組で紹介されたこともあり、根強い人気のあるツアーです。

日光東照宮「将軍着座の間特別祈祷ツアー」に参加してきた|東武トラベル日光ツアー

御香守り

日光東照宮には、拝殿内でしか受けられない「御香守り」があります。本殿から拝殿へ戻ってくると、お守り等の授与品が並んでいて、こちらで受けることができます。

三猿の隣の内番所や、仁王像のある表門の外でもたくさんの授与品が用意されていますが、御香守りは拝殿内でしか受けることができないお守りです。本社をきちんと参拝した人にしか授与いただけません。

赤と青の2種類で、各500円です。

箱を開けると、ご神木を焚いた香りが漂います。香りが続く限り効果があるといわれていて、おおよそ2~3年です。通常のお守りは1年間の区切りですが、日光東照宮は遠くて参拝するのが大変であることを考えて、長めの区切りにしたと考えられます。

  • コメント: 0

こちらも読まれています

  1. 世田谷・代田の鎮守「代田八幡神社」に参拝、オリジナル御朱印帳

  2. 箱根小田急ロマンスカー乗り方ガイド!特急券買い方&購入方法!新宿駅から箱根湯本駅まで

  3. 『高岡城』100名城スタンプ!高岡城跡・城址公園の見どころ解説

  4. 2017年度版お正月限定御朱印まとめ(関東、東京都内周辺在住の人向け)頒布期間や時間など

  5. 『教念寺(諏訪市)』の御朱印!諏訪湖湖畔七福神の弁財天

  6. 北ノ庄城の天守と支城/柴田神社御朱印と御朱印帳(福井市)資料館で福井城との関係を学ぶ

  7. 【名古屋城】豪華すぎる本丸御殿の襖絵を公開!見学料金無料で待ち時間なし|復元完成時期は平成30年

  8. 【巳の日】上神明天祖神社に行って年越大祓の御朱印を頂いてきた【白蛇さま】

  9. 【川越の御朱印巡りルートまとめ】小江戸観光を大紹介!菓子屋横丁でお芋スイーツ食べ歩き

  10. 2017七夕限定御朱印と夏詣限定御朱印まとめ!東京都内周辺編、週末御朱印巡り旅~

  11. 山梨「金櫻神社」鬱金桜と水晶お守りが有名な水晶加工発祥の地

  12. 和歌山城を観光!和歌山市のシンボルを歩く、吉宗を輩出した紀州徳川家「南海の鎮」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 平泉の国宝が目の前に!特別展「中尊寺金色堂」現地レポート(上野…

  2. 亀戸七福神巡りのコース詳細解説!授与品(色紙・御朱印)・見どころ…

  3. 柴又七福神巡りのコース詳細解説!授与品・見どころ・散策マップ(…

  4. 富山に来たら名物定番駅弁「ますのすし」を食べて帰ろう!

  5. 完走メダルが貰える10kmのマラソン大会一覧【旅ラン初心者向け】

  6. Toyama City memories explain in more detail

  7. Toyama Unazuki memories explain in more detail

  8. 秘湯「名剣温泉」宿泊記ブログ!黒部峡谷鉄道トロッコで行く秘境の…

  9. スタバ富山環水公園店!世界一美しいスタバの開放的なテラス

  10. 欅平温泉「猿飛山荘」硫黄泉の源泉かけ流し