豊かですよ!

職業、流浪の民。

草津でモーニング!湯もみと草津神社巡り~大滝乃湯と西の河原露天風呂で雪見風呂【群馬草津旅2日目】

f:id:asasikibu:20180110145454j:plain

 

群馬草津旅2日目です。草津といえば「湯もみ」は外せませんよね~。湯もみガールズの湯もみショーを観まして、再びに温泉に入りつつ、時間の許す限り草津の神社巡りを楽しんでおりました。そして、夕方にはバスで帰宅。

 

 

草津で朝風呂を浴びる!大滝乃湯で伝統の合わせ湯を楽しむ!

草津旅2日目スタートです。まずは朝から”ひとっ風呂”浴びましょう。「大滝乃湯」へやってきました。三湯巡りの二湯目です。

 

f:id:asasikibu:20180110145445j:plain

 

大滝乃湯は、「合わせ湯」が有名です。4つの湯舟が段々に並んでいて、上の段へ行くほど温度が熱くなっているので、一番手前のぬるい湯舟から順番に浸かっていくのです。

 

白濁してる温泉って良いですよね。2日目スタートと瞬間に再び温泉で溶け、やる気ゼロの状態になりました。

 

草津モーニングは『茶房ぐ~てらいぜ』にてトーストとコーヒーのセット 

朝はいい感じのモーニングを食べようと思い、こちらの「茶房ぐ~てらいぜ」へやってきました。湯畑のすぐ近くにある草津の喫茶店です。 

 

f:id:asasikibu:20180110145437j:plain

 

「ぐーてらいぜ」は、ドイツ語の「Gute Reise」だと思われます。「よいご旅行を!」的なあいさつです。語学って実生活でホント役に立たないですよね。語学の勉強ってその地に住まないならマジで無駄だよな~と思いつつ、モーニングはトーストセットをオーダー。

 

トーストセット(たしか700円)

草津の温泉で、朝から脳みそ溶かした体に、喫茶店のコーヒーは染みわたりすぎます。旨いよ!旨い!

 

f:id:asasikibu:20180110145443j:plain

 

トーストには、バターとイチゴジャムがついています。ごちそうさまでした。程よい満腹感で寝そうになりながら、しゅっぱ~つ!

 

 

『熱乃湯』湯もみガールズによる湯もみショーを鑑賞!湯もみ体験もできるよ~

草津といったらこれですよね。湯もみ。この踊り子さんたちは「湯もみガールズ」といって、写真撮影自由の演者さんです。たぶん、草津温泉に勤めているわけじゃなくて、どこかの劇団所属の役者だと思います。

 

f:id:asasikibu:20180110145449j:plain

 

「ちょいな~ちょいな~」の歌を歌いながら、草津の湯もみを披露してくれました。草津の源泉温度は90℃近くあって、そのままだと入れません。でも水を入れちゃうと、せっかくの温泉が薄まってしまいます。だから、水を入れずにかき回して温度を下げるために「湯もみ」が行われるようになりました。なるほど。

 

湯もみ体験ができる(無料)

無料というか、湯もみショーの観覧料金で出来るんですけど、「湯もみ体験」をしました。若干、ぐだぐだで行われるこちらの湯もみ体験、参加すると参加証が貰えます。

 

f:id:asasikibu:20180110145454j:plain

 

参加したい人だけ早い者勝ちで出てきて参加するのですが、(10人×2回)×2セット行われますので、あまり焦らなくても参加できます。合計40人参加できますから。

 

「ちょいな~ちょいな~」に合わせて、リズムに乗って大きなヘラみたいなやつを動かすんですけど、たいてい私のようにリズムにうまく乗れない人がいるので、そういう人は湯もみガールズのおねえさんがサポートに入って一緒にやってくれます(恥)

 

西の河原通りで饅頭の食べ歩き、鍋焼きうどんでランチ

湯畑から延びる「西の河原通り」食べ歩き街歩きが楽しめるスポットです。雑貨屋さんや食べ物屋さんなどがひしめく誘惑の多い通りでございます。

 

f:id:asasikibu:20180110145453j:plain

 

西の河原通りでは、「饅頭の試食だよ~」といって、饅頭を1つ丸々通行人に配ってる「お饅頭おじさん」が何人もいます。私も抹茶のお饅頭を貰いました。すごいな、客寄せ饅頭とは…さすが草津。

 

温泉卵が作られている

目の前で作られるとつい手が伸びそうになりますが、あまり暴飲暴食すると胃が死ぬので、グっとこらえて通り過ぎます。

 

f:id:asasikibu:20180110145455j:plain

 

『西の河原露天風呂』で初めての雪見風呂!寒すぎ。

分かってはいましたが、雪見風呂は寒すぎです。こちら『西の河原露天風呂』は、ググるとすぐ出る位、有名な露天風呂です。テレビで何度もこすられてます。三湯めぐりの三湯目にやってきました。

 

 

f:id:asasikibu:20180110145500j:plain

 

ちなみに、これで三湯めぐりは完結。「三湯めぐりしました賞」みたいなよくわからない賞状を貰いました。民宿はもうチェックアウトしていたのでタオルがなくて、ここでフェイスタオルを買いました。記念になりそうな印字のタオルでしたね。

 

f:id:asasikibu:20180110145503j:plain

 

鍋焼きうどんをランチに頂く

西の河原露天風呂の帰りに再び、西の河原通りに来て、ランチ鍋焼きうどんを食べました。小さな店内が混雑していました。甘い饅頭ばっかり食べていると、塩辛いものが食べたくなるものです。上手くビジネス作られていますね。

 

f:id:asasikibu:20180110145458j:plain

 

草津神社巡りを開始する~『草津山光泉寺』で書置き御朱印を頂いた

湯畑からすぐ見えるこちらの神社、『草津山光泉寺』です。階段がちょっと大変なのですが、行ってみました。

 

f:id:asasikibu:20180110145505j:plain

 

寺務所で御朱印を頂けるそうなので、お邪魔しました。中へ入ると、お守り御朱印帳などの頒布がされていました。その横にスタンプがあったので、押しておきました。

 

草津山光泉寺のスタンプ

f:id:asasikibu:20180110145509j:plain

 

草津山光泉寺の御朱印と御朱印帳!書置きもあり「日本三薬師」

私は今回もどうかしていて、御朱印帳を持ってくるのを忘れたので、書置きを頂きました。持参の御朱印帳がある人は、それに墨書きしてもらうことももちろんできます。また、草津山光泉寺にはオリジナル御朱印帳もありまして、色はの二種類でした。

 

f:id:asasikibu:20180110145512j:plain

 

雪に埋もれた白根神社へ参拝

神社全体が雪に埋もれかけている白根神社。近いはずなのに、結構大変な思いをしながら到着。

 

f:id:asasikibu:20180110145519j:plain

 

白根神社の階段が酷すぎた

裏から入って、帰りにこの階段で下ったんですけど、こりゃひどい。階段の下半分滑り台です。 ちなみに手すりを挟んで右側も、元階段の滑り台になってます。

 

f:id:asasikibu:20180110145516j:plain

 

ほんと危険でした。トランクも持ってたし、そりゃもう一大事でした。通行人の方々に助けられながら、無事骨折することなく階段を突破。ありがとうございました、助かりました。みんなやさしい(涙)

 

超疲弊したため、草津の神社巡りはこれで終了しました。不穏な空気が漂っていた気がしたので、もう動き回るのはやめときました。

 

草津の地酒『草津節』を買って帰る

群馬県長野原で採れた酒米を使った日本酒をお土産に買いました。

 

f:id:asasikibu:20180110145522j:plain

 

店頭では地酒の試飲をやっていて、ぜひとも試飲大会に参加したかったのですが、この後バスの酔い止めを飲まなくてはならない為、やめときました。残念。

 

上州ゆめぐり号で新宿へ帰還!帰りも片道2850円

行きに乗ってきたのと同じ『上州ゆめぐり号』で帰りました。復路も2850円です。帰りは空いていたのですが、”静かなときに平気でじゃがりこ食うマン”が後ろにいたことが、若干残念でした。この前は隣の座席にチキンラーメン食うマンがいらっしゃったし、最近よく遭遇しちゃうなぁ(あれは深夜バスだったから完全アウト)

 

f:id:asasikibu:20180110145529j:plain

▲ 座席がおしゃれでかわいい 

 

まあ、格安バスなので客層もアレですし、仕方ないですね。むしろ、格安バス使ってる自分が悪いです。

 

立ち寄った上里サービスエリアのハイウェイスタンプ

f:id:asasikibu:20180110145531j:plain
 
というわけで、草津旅行記はこれにて完結。旅行記は事実をテキトーにまとめているだけなので、日記になっちゃって申し訳ないです。各地の細かな見どころは、順次まとめる予定ですが、いつになるかな。名古屋もまだ半分も終わってないですし。
 
次は、自然があふれまくってる離島に行きたいです。
それでは!