猿江神社の限定御朱印|正月御朱印は1月限定です!見どころは干支の大絵馬

『猿江神社』へ参拝したので、レポートを書きます。半蔵門線沿線なので、平河天満宮とか押上天祖神社とか、水天宮周辺の日本橋七福神とか、一緒に参拝するプランが立てられそうですね

『猿江神社』

猿江神社のアクセス

半蔵門線都営新宿線

「住吉駅」

B1出口、徒歩6分位)

猿江神社の由緒

源頼義・義家父子による奥州遠征において、数々の奉勝を立てた家臣に『猿藤太』(さるのとうた)という武将がいた。

武勇の士と讃えられた人物であったが、此の地の入江で力尽きてしまった。

これを知った地元の漁師達が手厚く葬り、当社の境内に塚を建て祀った。此に因んで猿藤太の「猿」と入江の「江」の字を取り結び、「猿江」の社名になったと伝えられる。

猿江神社の拝殿

大きな干支の絵馬が飾られています

本殿手前右側にあります。毎年、その年の干支が描かれたものが飾られているようなので、ぜひチェックしよう

猿江神社境内社を紹介する!藤森稲荷社

藤森稲荷神社の由緒

江戸時代初期には幕府の、明治時代には宮内庁の御用材蔵に祀られ、四百年余に渡り木材作業に従事する人々の、熱い信仰を享けてきた神社である。

藤の木で囲まれ、毎年花の咲く時期に祭が行われていたことから、藤乃木を祀る「藤木神社」と称され、これらの縁起により、木材作業・建築工事関係の信仰が篤い。

猿江神社境内社その②馬頭観音社

境内で掘り起こされた2つの石碑が祀られているところです。石碑に馬の絵が彫られていることから、馬頭観音と呼びます。

競走馬関係者など、馬に関わる職業の人の参拝が多いそうです。

猿江神社の御朱印を頂こう!

こちらが社務所です。待っている方が何人かおられました。

猿江神社の正月限定御朱印

写真右側です。

  • 初穂料:500円
  • 授与期間:1月1日~1月31日
  • 墨書き:持参の御朱印帳に直接書いていただけます。

猿江神社の通常御朱印

写真左側です。

  • 初穂料:500円
  • 授与期間:通年
  • 墨書き:1月中は書置きのみ頒布。それ以降は、持参の御朱印帳に書いていただくこともできます。

以上、猿江神社でした。

よく読まれている関連記事

▼近くの神社仏閣

いずれも、半蔵門線沿線の神社です~

  • 「半蔵門駅」


  • 「水天宮前駅」他


  • 「押上駅」

  • コメント: 0

こちらも読まれています

  1. 福徳神社の御朱印|日本橋なのでアクセス抜群!参拝した後は芽吹茶屋で休憩

  2. 浅草神社と浅間神社の正月限定御朱印を実際に頂いてきたのでまとめる。混雑状況や値段など

  3. 白髭シュークリーム工房トロコーヒーでトトロシューを頂きます!世田谷隠れ家カフェ探訪

  4. 草津山光泉寺の御朱印と御朱印帳!草津温泉を開湯した行基が作った薬師如来像を祀る

  5. こんにゃくえんま源覚寺の御朱印が素敵すぎる|由来や鐘の歴史を解説

  6. とげぬき地蔵高岩寺の御朱印|巣鴨!商店街の塩大福と草餅が旨い!洗い観音、御影のお話も

  7. 【春日大社 千年の至宝まとめ】上野の春日大社展へ行ってきた!チケット、アクセス、見どころなど(御朱印帳は売ってないよ)

  8. 池袋西武にある「味咲き」のたい焼きが超お気に入りという話

  9. 築100年!埼玉りそな銀行川越支店、小江戸の蔵造りと大正建築の共存風景

  10. 名古屋東照宮と福神社!御朱印の対応時間|御朱印帳は東照宮祭りが描かれた豪華な錦織!

  11. 羽田七福いなりめぐり限定記念御朱印帳【羽田七福神の御朱印】30周年無料御朱印帳を頂いたのでご紹介します!

  12. 【閉店】店内焙煎にこだわる挽き立て珈琲専門店「船橋珈琲焙煎所」Shapo船橋

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※ご連絡※
画像が表示されない記事が多々あり、全力修正中です。ご迷惑おかけしております。リクエスト頂ければ優先して修正します。
  1. 爆速提供!昭和漂う亀戸餃子本店。1人2皿以上の餃子一筋専門店で軽…

  2. 歴史街道を自分の足で【東海道五十三次】街道歩き旅①日本橋~品川宿

  3. 小石川後楽園で満開の桜を見ながら庭園散歩!水戸徳川家の中屋敷が…

  4. 花桃咲く桃源郷!わたらせ渓谷鐵道「わ鐵」で行く、春の絶景ローカ…

  5. 日光山巡りの始まりの場所!輪王寺三仏堂を参拝

  6. 降り注ぐ幻想的な藤の花!あしかがフラワーパークの妖艶な藤を楽し…

  7. ネモフィラの青い絨毯が広がる絶景!国営ひたち海浜公園、初夏のネ…

  8. 魅力たっぷり初島へ!熱海から30分、首都圏から一番近い離島で新鮮…

  9. 早太郎伝説で有名!駒ヶ根市「光前寺」見どころまとめ

  10. 平泉の国宝が目の前に!特別展「中尊寺金色堂」現地レポート(上野…