遊泉ハウス児湯|下諏訪【温泉】アクセス、駐車場、入浴料金など!綿の湯源泉に児宝地蔵尊のご利益【三湯めぐり】

遊泉ハウス児湯へ行ってきました!前回の「新湯」と同じく下諏訪にある温泉で、三湯めぐりのうちのひとつですね。

児湯は、下諏訪の他の温泉と違って、児湯専用の大型駐車場(無料)を完備していますので、来湯しやすいと思います。2階には休憩所もある!(有料だけどね)

場所は、諏訪大社下社秋宮から徒歩5分くらいの位置にあります。

遊泉ハウス児湯へやってきた!

秋宮から春宮へ向かう途中の道すがらにある、こちらの児湯。

児湯のアクセス

  • 住所:長野県諏訪郡下諏訪町横町木の下3477
  • アクセス:諏訪大社下社秋宮ちかく、徒歩数分!

児湯の駐車場の有無

児湯のすぐ隣に、無料の大型駐車場アリ。

秋宮からかなり近いです。正面の鳥居向かってに進み、塩羊羹の新鶴を右手に通り過ぎて、道なりに進めばすぐに到着です。

児湯ってどんな温泉?源泉は、綿の湯!

児湯の「児」って、”こども”の意味がありますよね。ここから湧き出る温泉は、泉質が良くて、かつては子宝に恵まれると評判だったようです。

「児湯」について

源泉は、諏訪明神御神湯伝説に伝えられる女神が化粧用に綿に湯を含ませておいた所から湯が湧いたという綿の湯源泉です。

現在の浴場は、江戸時代中期以前から街道を行き交う旅人に親しまれ、日本三古湯として有名な綿の湯と、湯質が良く、特に子宝に恵まれるとの評判が高かった児湯の跡地に、昭和62年に遊泉ハウス児湯として新築。

諏訪大社に近い、設備のそろった公衆浴場。

ー 「信州下諏訪温泉 三湯めぐり」チラシより引用

子授かりの話にあやかって、児湯の入口には児宝地蔵尊が佇んでいます。

児宝地蔵尊とは

江戸時代「一七五六年」に、高島藩士小岩氏が諏訪の名勝旧跡について綴った文献「諏訪かのこ」 でも、「気を巡らし血を補いよろず子をあらしむ」とその効能を称賛しております。

近年、子授かり効能が見直され「児宝地蔵尊」として親しまれております。

ー 児湯前の、立て看板より引用

御柱祭の大きな絵も見どころだったりする

さすが諏訪。いたる所で御柱おんばしらを見かけます。

児湯の営業時間

  • 5:30~22:00(受付は21:30まで)
  • 2階休憩室の利用時間は、9:00~17:00

児湯の入浴料金

  • 大人230円
  • 小人110円
  • 入浴と共に休憩室も利用する場合は、大人600円・小人250円

「三湯めぐりチケット」を持っている場合は、そのチケット1枚のみで追加料金もなく、入浴に合わせて休憩室の利用もできます。お得!

三湯めぐりチケットに児湯の記念スタンプを押してもらった

それとは別に、入口の番台のところに自由に押していい記念スタンプも置いてありましたよ~

「子宝」に恵まれる感がすごい出てるデザインですが、よく見ると若干不気味…な気もしてくる不思議なスタンプです()

さて、入浴しよう!児湯の脱衣所ロッカーは基本鍵なし

基本的に、鍵なしのロッカーがずらり。ただし、100円で鍵付きロッカーを利用することが出来ます(100円は却ってこないタイプ)。

貴重品を持っている人は、念のため有料になっちゃうけど、100円ロッカーを使ったほうがいいんでないかな…?その場にいた地元の常連さんたちは、みんな当然のように、鍵なしロッカーを使ってたけども。

旅行中だと、どうしても持ち歩かないといけない貴重品なんかもあるだろうし……ま、その辺はみなさまの判断にお任せします。

児湯の設備について

温泉は室内に大きいのがあり、露天風呂もひとつあります。、他の温泉よりも、浴場内の床がなんだかとっても滑りやすかったので(個人の感想です)、ご注意ください。

シャワーはあります。石鹸類、タオルは無いので自分で持参しましょう。

児湯入浴後は、やっぱり下社春宮へ行く人が多いのかな

諏訪大社も行くなら、観光順路的には、

①「下諏訪駅」→(②「レンタサイクル」)→③「秋宮」→④「児湯」「春宮」 

っていうルートがスムーズでいいと思いますよ。

☟諏訪大社下社行くなら読んでおくべし!

児湯の営業情報まとめ

  • 場所: 長野県諏訪郡下諏訪町横町木の下3477
  • 時間:5:30~22:00(受付は21:30)
  • 料金:230円(休憩所も使うなら600円)

下諏訪の他の温泉も見とく!

  • コメント: 0

こちらも読まれています

  1. 長野にはやべぇ武器みたいなパンがあるらしい!小松の『牛乳パン』が買えて嬉しい回

  2. 【お舟祭り下諏訪2017】長野県|諏訪大社下社春宮から秋宮へお舟が通るよ!

  3. 炭火ひもの食堂『塩之屋』サーモンの信州味噌漬け定食が旨すぎて個人的松本ランチNO1である

  4. 蔵元よしのやの日本酒『西之門』を呑んだ!しっかりずっしり甘口「善光寺の酒」

  5. 「諏訪湖間欠泉センター」眺め最高の贅沢足湯!手作り温泉たまごも作れます!料金・時間

  6. 諏訪湖で5年ぶりの『御神渡り』を見てきた件!歴史ある現象と八剱神社

  7. 「矢木温泉」下諏訪のぬるめ無人浴場!かけ流しの透明な湯

  8. 旧開智学校校舎の観光案内!明治時代に東京大学を模倣して作られた小学校(松本市重要文化財)

  9. 道後温泉「本館」神の湯に入浴!改修工事中の重要文化財、坊ちゃんも愛した名湯

  10. 『珈琲まるも』松本喫茶店でお茶しよう!民芸家具の素敵なお店

  11. 諏訪の酒蔵『横笛』美山錦の純米吟醸、古梅の枝デザインは悲恋物語に由来する

  12. 山梨「金櫻神社」鬱金桜と水晶お守りが有名な水晶加工発祥の地

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※ご連絡※
画像が表示されない記事が多々あり、全力修正中です。ご迷惑おかけしております。リクエスト頂ければ優先して修正します。
  1. 爆速提供!昭和漂う亀戸餃子本店。1人2皿以上の餃子一筋専門店で軽…

  2. 歴史街道を自分の足で【東海道五十三次】街道歩き旅①日本橋~品川宿

  3. 小石川後楽園で満開の桜を見ながら庭園散歩!水戸徳川家の中屋敷が…

  4. 花桃咲く桃源郷!わたらせ渓谷鐵道「わ鐵」で行く、春の絶景ローカ…

  5. 日光山巡りの始まりの場所!輪王寺三仏堂を参拝

  6. 降り注ぐ幻想的な藤の花!あしかがフラワーパークの妖艶な藤を楽し…

  7. ネモフィラの青い絨毯が広がる絶景!国営ひたち海浜公園、初夏のネ…

  8. 魅力たっぷり初島へ!熱海から30分、首都圏から一番近い離島で新鮮…

  9. 早太郎伝説で有名!駒ヶ根市「光前寺」見どころまとめ

  10. 平泉の国宝が目の前に!特別展「中尊寺金色堂」現地レポート(上野…