大阪&和歌山旅行記、3泊4日ダイジェスト編

大阪&和歌山旅に行ってきました。7月下旬の新潟越後旅以来、ずっとひきこもって記事を書き続け、書いて書いて気が狂いかけておりました。そろそろどっか行かないとしぬぅ!という危機を感じ、久しぶりにお出かけしたので、記録を雑に残しておきます。

秋田&山形、滋賀・奈良・三重、四国、九州…どれにしようか迷っていたんですが、気づいたら大阪行きのバスを予約していました。深夜の気の迷いはよくありませんね。次回こそはちゃんと予定を決めてから動こうと思います。

1日目/大阪旅

夜行バスで新宿から大阪なんばに到着。片道2200円というこの世のテクノロジーに感謝をしつつ、大阪旅の始まりです。

大阪といえば中学生のときに通り過ぎたのと、4年前くらいに来たのとで合計2回は来ているはずなのですが、あんまり覚えてないです。4年前は、ブログも旅もまだ別に好きじゃなかったんですよね。当時は真面目に学生してましたし、まだ普通を諦めていなかった時期でもあった(笑)

通天閣と新世界

何も予定を立てていませんでしたが、グーグルマップを見たら通天閣が目についたので、新世界へやってきました。

カオスな空間ですね、マジで昼から飲んでるおっちゃんたちがウロウロしてました。〇曜から夜ふかしに出てきそうなおっちゃんたち。

派手さでは新世界に負けますが、よどんだ空気感は池袋北口とほぼ同じでした。

今宮戎神社

今宮戎神社を新世界の近くで見つけたので、立ち寄りました。御朱印もらったの久しぶりな気がします。

あべのハルカス

そういえば、あべのハルカスって聞いたことあるなぁと思ってやってきました。青いクマのゆるキャラみたいなヤツ可愛いですね。

(か、かわいい…よね?)

お昼過ぎくらいの時間帯だったので、いったん休憩。

雨が降ってきちゃったし、ハルカスの中にスタバがあるしで、ここで記事でも書いてればいいや、って感じでカタカタし始めたら18時になっていました。それはともかく、この段階でそういえば今日の宿を取ってないな?ということを思い出したので、ようやく探し始める。

当日に宿を探すと、埋まらなかった部屋やドタキャン客のせいで空いてしまった部屋が、超格安で出ていることがままあります。楽天トラベルで「GUESTHOUSE OSAKA NEST」というゲストハウスの「当日予約限定・1泊朝食付き1400円プラン」を発見しました。楽天はダイヤモンド会員なので、無駄に500円クーポンも使えるってことで、結局、1泊900円というむしろ安すぎて不安になってくる感じの値段で予約。宿を確保したのでした。

古潭・ぎょうざラーメン

天王寺駅の地下で見かけたラーメン屋さんにとりあえず入店。普段は高いと思っちゃってラーメン屋さんって全然行かないんですが、旅先だと麻痺しますね。太る原因です。

【まさかの1泊900円】GUESTHOUSE OSAKA NEST

さて、1泊900円の大阪ゲストハウスにやってきました。外国人だらけ。

設備は綺麗でした、きちんと清掃されています。じゃあこれでぐっすり…かと思いきや、残念ながら今回のお部屋には「いびき超絶うるさいマン」がいらっしゃったので、だいぶ浅い睡眠になってしまいました。ゲストハウスあるあるですね。

2日目/大阪旅

昨日のゲストハウスの情報コーナーを見ていたら、大阪周遊パス(1日券/2500円)なるものがあることに気が付きました。

これ、実際使ったんですがめちゃくちゃ便利です。大阪の大半の観光スポットが無料で入場・利用できるようになったり、地下鉄乗り放題だったり、至れり尽くせりです。

地下鉄の駅等々で買えます。各駅によって取り扱いが異なるので、それは事前に調べてください。天王寺駅は地下鉄定期券販売所の窓口で買えました。※JRでは買えませんのでご注意ください。

堀越神社

四天王寺へ向かう途中に見かけたので、立ち寄りました。小さめの境内ですが、立派な社が建ってました。神社ネコ氏もうろついていて、朝から癒していただきましたとさ。もらってないですけど、堀越神社にも御朱印はありました(2種類)。

四天王寺

一度は来てみたかった四天王寺です。境内の中に校門があって、いかにも由緒正しそうな高校、って感じの学校がありました。お寺の中にある高校だなんて、いかにも青春っぽくていいなとか思いつつ、一通り四天王寺を見学。

四天王寺の中には無料休憩所もあり、疲れたのでアイスを食べながら1本記事を書いたり、外注指示をしたりしてたら、あっという間に昼過ぎに。(なんでまたパソコンをいじってるんだ、こんなことをしている場合じゃない!)と意識を取り戻すことができたので、大阪城へ向かいます。

豊国神社

大阪城のすぐ近くにある豊国神社

大阪城と西ノ丸庭園

あんまり覚えているわけじゃないのですが、4年前に来た時と随分様子が変わっていましたね。もっとさみしい感じだった気がしたんですが、今回はめっちゃ人がいました。とかく外国人が多すぎる。エレベーター乗るのに行列ができていました。オリンピック云々のおかげなのでしょうか。

大阪の有名観光スポットに勤務しているスタッフの方々は、みなさん英語がきちんと使えるので外国の方々も訪れやすいですよね。関西空港とはちがって…おっと(小声)

大阪城への入城は、大阪周遊パスがあれば無料です。それだけではなくて、大阪城の周辺スポット(庭園や櫓など)も無料で入れるのです!お得。

▲西ノ丸庭園から見た大阪城

西ノ丸庭園もそのうちの一つ。大阪城の麓は混んでましたが、西ノ丸庭園は空いていて、景色を独り占めできたかのような感覚になれます。

大阪歴史博物館と難波宮跡

大阪城を出てすぐのところにある大阪歴史博物館も、周遊パスがあれば無料で入場可能(通常は大人600円)です。

いつもは、よっぽど気にならない限り、博物館系には行かないのですが、今回はこちらの難波宮の再現フロアに行ってみたかったのでお邪魔しました。

奈良時代にここにあったと言われている「難波宮」の原寸大復元空間は非常におすすめ。しかも大阪の景色を一望でき、難波宮跡地を見下ろすこともできるのです。

▲難波宮跡

大阪市マンホールカード

周遊パスは地下鉄が乗り放題ということで、大阪市のマンホールカードを配布しているトレードセンター前駅までついでに行ってみました。

道頓堀

大阪旅の中で一番感動したのは、道頓堀でした。

このグリコの看板とえびす橋は、テレビでもYoutube等でも度々見たことがあったので、一度行ってみたいなとずっと思っていたからです。

知っているけど実際に足を踏み入れたことのない場所に初めて入った時って、謎の感動があるものです。

道頓堀のクルーズもなんと周遊パスがあれば無料で乗れちゃいます。

大阪とまとゲストハウス

そうだ今日も宿の予約をしてないどうしよう、ということで、急遽探して空いていた大阪とまとゲストハウスに向かいました。1泊1700円で朝食はなし。部屋は男女分かれていて、清掃も行き届いており清潔感がありました。

とまとゲストハウスという名前だけあって、至る所にとまとの絵やグッズがある不思議な空間でございました。家主さんの趣味が高じてこういうことになっているのでしょう。

トマトを食べるのが好き、じゃなくて、トマトのフォルムが可愛くて好き、っていうのはあんまり聞かないですよね。圧倒的趣味を見せつけられて、私ももっともっと自分の趣味を極めないとなと思わされました。こういう狂った感じは非常に魅力的。

ベッドに入りながら(もう大阪は十分かな)と感じたので、翌日は和歌山へ行ってみることにしました。というか大阪に来たんですけど、ここ数日なんかいまいちパッとしないかな…と思っておりまして。ちょっと都会すぎましたね。大阪って東京とほぼ同じ。

3日目/和歌山旅

天王寺駅から阪和線の紀州路快速に乗り換えまして、なんと1本で和歌山駅に到着。所要時間は1時間半くらいで、近すぎです。料金も1000円以下だったので、ここでもテクノロジーに感謝しつつ、和歌山観光を楽しみましょう。

和歌山市内はバスのフリー乗車券がお得です。1000円で1日乗り放題+各所で使えるクーポン券がついてきます。基本的にバス移動になるかと思いますので、色々と巡るのであれば買っておいて損はないだろうなという感想。

最初は和歌山城へ向かったのですがボーっとしていたため、降りるのを忘れてバスの終点まで行ってしまいました。この段階で1日フリーパスの元が図らずも取れたので、持っててよかったとおもいました(小並)

何やってんだと自分に呆れつつ、別のバスに乗って折り返して「公園前」停に到着。和歌山城はすぐ目の前です。

和歌山城

バスでミスっていたため、ロスタイムが多すぎてあんまりしっかり回れなかったのが残念ですが、まあよいでしょう。そんな日もあります。

▲和歌山城の100名城スタンプ

和歌山市マンホールカード

f:id:asasikibu:20180930152316j:plain

ついでに、和歌山城にある観光案内所で配布されていた和歌山市のマンホールカードをもらってきました。

どっか和歌山の神社に行っておきたいなと思って調べたところ、バスで行ける範囲に「紀州東照宮」「和歌浦天満宮」があったので、向かいます。根来寺に行こうと思っていたはずなのですが、すっかり忘れてしまいました。根来寺はまた次回ということで。

紀州東照宮

バスで20分くらい揺られて到着した紀州東照宮、ふと上を見上げるとやばい階段がありますね…。

やっとの思いで登りきると、目下には素敵な景色が広がっていました。こういう景色大好きなのです、長野県上諏訪の温泉寺を思い出しますね。

▲拝殿

さて、蚊がめちゃくちゃ飛び回っている階段をなんとか下って、紀州東照宮のすぐお隣の和歌浦天満宮へと向かいます。

和歌浦天満宮

和歌浦天満宮ついたー!と思って見上げたら、またやばい階段があって、心が折れました。しんどすぎる…

気合を入れて登りきると、またも素敵な景色が広がります。綺麗な景色を見れた時って、帰ったらサイトもっとがんばろ、みたいな気持ちに自然となれるのが良いですな。新しいサイト案も浮かんだり(消えたり)するし、ひきこもってばっかりじゃやっぱりダメなのかなと。

玉津島神社と鹽竈神社

▲玉津島神社

和歌浦天満宮から徒歩15~20分程度の場所にある玉津島神社です。

▲鹽竈神社

ついでに玉津島神社の隣の鹽竈しおがま神社にも行きました。大きな岩の中に作られた神社です。

玉津島神社で2社の御朱印をもらってみました。

▲和歌浦の景色。

和歌山のゲストハウスに泊まろうか迷ったのですが、台風が来るっぽかったのでこのまま夜行で新宿まで帰りました。帰路がグダグダすぎてマジで大変だったんですが、その話は割愛。

自分のための旅の記録を書かせてもらいました。雑記っていいよね。

3泊4日大阪&和歌山旅でかかった費用

  • 新宿⇔大阪(行き2200円、帰り4800円)
  • 宿泊費(1泊目900円、2泊目1700円)
  • 食費(ラーメン、アイス、スタバその他よくわからないもので合計3500円弱)
  • 大阪周遊パス2500円
  • 御朱印代(6か所1800円)
  • 観光費用(通天閣700円、和歌山バス1日乗車券1000円、和歌山城300円)
  • 大阪⇔和歌山(片道860円×2)

ーーーーーーーーーーーー

合計)21,120円くらい

交通費と宿泊費と娯楽費と食費やらなにやら全部合わせてこのくらいなので、まあこんなもんでしょう。安くはないけど、高くもないかな。

食費に思ったよりかけちゃったのと、台風を考えた結果バスの帰路を早めて休日になってしまったので、2万を切れませんでした。

という謎の家計簿を公開してみたところで、今回は終わります。

  • コメント: 0

こちらも読まれています

  1. 岡山・倉敷を旅する【追記】

  2. 和歌の浦を歩く|山部赤人が詠う玉津島神社と鹽竈神社の輿の窟

  3. 大阪周遊パス1日券でいくら得してきたのか計算する|2500円で観光し放題&電車バス乗り放題!私の大阪巡り記録

  4. 清水寺『地主神社』の御朱印情報!しあわせお守りの効果はない?見どころをご紹介!

  5. 【金沢旅】金沢行って何も出来なかったので反省の意を込めて記録だけしておく回

  6. 白銀のハイカラレトロ港町探訪、冬の函館旅で道南の味覚と文化を味わう

  7. 高速バス・ユタカライナー乗車レポ|池袋サンシャイン⇔神戸三ノ宮バスタ

  8. 道後の湯と歴史を歩いて巡る、道後温泉ひとり旅

  9. 道頓堀ぶらり一人食べ歩き!たこ焼きくくる・金龍ラーメン・鯛焼き/賑やかな看板を見ながら楽しむとんぼり散歩

  10. 『八坂神社』限定御朱印!見どころ7不思議、修学旅行でおなじみ祇園さん!お守り・時間

  11. 「豊国神社」大阪城公園内にある豊臣秀吉を祀った出世金運の神社に行ってみた

  12. 「神戸ラーメン第一旭 三宮本店」安い地元の老舗店にお邪魔した【沢庵食べ放題】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※ご連絡※
画像が表示されない記事が多々あり、全力修正中です。ご迷惑おかけしております。リクエスト頂ければ優先して修正します。
  1. 爆速提供!昭和漂う亀戸餃子本店。1人2皿以上の餃子一筋専門店で軽…

  2. 歴史街道を自分の足で【東海道五十三次】街道歩き旅①日本橋~品川宿

  3. 小石川後楽園で満開の桜を見ながら庭園散歩!水戸徳川家の中屋敷が…

  4. 花桃咲く桃源郷!わたらせ渓谷鐵道「わ鐵」で行く、春の絶景ローカ…

  5. 日光山巡りの始まりの場所!輪王寺三仏堂を参拝

  6. 降り注ぐ幻想的な藤の花!あしかがフラワーパークの妖艶な藤を楽し…

  7. ネモフィラの青い絨毯が広がる絶景!国営ひたち海浜公園、初夏のネ…

  8. 魅力たっぷり初島へ!熱海から30分、首都圏から一番近い離島で新鮮…

  9. 早太郎伝説で有名!駒ヶ根市「光前寺」見どころまとめ

  10. 平泉の国宝が目の前に!特別展「中尊寺金色堂」現地レポート(上野…