豊かですよ!

神社仏閣!御朱印!観光スポット!

猿江神社の正月御朱印は1月限定で授与!干支の大絵馬が見どころ

 

【スポンサーリンク】

 

猿江神社へ行ったんだぞ!

もう2月になってしまいましたが、1月7日に参拝した猿江神社の記事を書きます。

 

半蔵門線沿線なので、平河天満宮とか押上天祖神社とか、水天宮周辺の日本橋七福神とか、一緒に参拝するプランが立てられそうですね

 

私は、実際この日、

猿江神社→日本橋七福神

という参拝コースにして、たくさんの神社を楽しみましたよ!

 

それでは猿江神社のご紹介です

 

 

朝式部@神社仏閣 (@asasikibu) • Instagram photos and videos

 

猿江神社のアクセス

半蔵門線都営新宿線

住吉駅

B1出口、徒歩6分位)

 

猿江神社の由緒

源頼義・義家父子による奥州遠征において、数々の奉勝を立てた家臣に『藤太』(さるのとうた)という武将がいた。

武勇の士と讃えられた人物であったが、此の地の入で力尽きてしまった。

これを知った地元の漁師達が手厚く葬り、当社の境内に塚を建て祀った。此に因んで猿藤太の「猿」と入江の「江」の字を取り結び、「猿江」の社名になったと伝えられる。

ー無料パンフレット「猿江神社」より引用

 

こちらが本殿! 

 

大きな干支の絵馬が飾られています

本殿手前右側にあります。毎年、その年の干支が描かれたものが飾られているようなので、ぜひチェックしよう

 

 

境内社を紹介する!藤森稲荷社

藤森稲荷神社の由緒

江戸時代初期には幕府の、明治時代には宮内庁の御用材蔵に祀られ、四百年余に渡り木材作業に従事する人々の、熱い信仰を享けてきた神社である。

藤の木で囲まれ、毎年花の咲く時期に祭が行われていたことから、藤乃木を祀る「藤木神社」と称され、

これらの縁起により、木材作業・建築工事関係の信仰が篤い。

 

 

境内社その2、馬頭観音

…写真忘れたのごめんなさい

 

境内で掘り起こされた2つの石碑が祀られているところです。石碑に馬の絵が彫られていることから、馬頭観音と呼びます。

競走馬関係者など、馬に関わる職業の人の参拝が多いそうです。

 

猿江神社の御朱印を頂こう!

こちらが社務所です。待っている方が何人かおられました。

 

朝式部@神社仏閣 (@asasikibu) • Instagram photos and videos

 

猿江神社の正月限定御朱印

写真右側です。

  • 初穂料:500円
  • 授与期間:1月1日~1月31日
  • 墨書き:持参の御朱印帳に直接書いていただけます。

 

猿江神社の通常御朱印

写真左側です。

  • 初穂料:500円
  • 授与期間:通年
  • 墨書き:1月中は書置きのみ頒布。それ以降は、持参の御朱印帳に書いていただくこともできます。

 

 

 

以上、猿江神社でした。

もう2月になっちゃってごめんなさいって感じなんですけど、来年の参考にしてください。

 

おわり

( ◠‿◠ )☛ 

 

 

よく読まれている関連記事

▼近くの神社仏閣

いずれも、半蔵門線沿線の神社です~

asasikibu.hatenablog.com

asasikibu.hatenablog.com

asasikibu.hatenablog.com