#旅散らかし

旅系雑記ブログ。全国津々浦々、旅散らかしております。

唐津観光おすすめモデルコース半日編!ゆっくり満喫ver.

 

唐津観光の街歩きモデルコースをまとめました。半日くらいでさっと全体を巡れるコースで、せかせかするのではなくゆっくりめに楽しみたい人向けです。

 

各スポットの詳細が気になる方は、それぞれの関連記事を貼っておくのでそちらも併せてご確認ください。

 

唐津観光おすすめモデルコースのマップ/所要時間2時間半~3時間程度 

 

簡単に立ち寄るスポットをマップにまとめました。どれも徒歩圏内で、散歩するように巡れるコースになっています。また、巡り終えると唐津駅に戻って来られるようなルートにしました。

 

各観光スポットでどのくらい時間を取るのかによって、全体の所要時間には個人差があります。いずれの場所でも軽くなぞる程度で進めた場合は、2時間半から3時間くらいで足りるでしょう。じっくり楽しみたいスポットがある場合は、もう少し多めに時間を見積もっておきましょう。

 

唐津駅と観光案内所

 

それではさっそくスタートです!出発は唐津駅から。この日は天気も良く、観光日和。まずは唐津駅構内にある観光案内所でパンフレットを一通り入手しました。

 

▲唐津観光案内所

 

▲唐津駅のドアの取っ手が唐津焼の模様だった。

  

唐津神社で御朱印をもらう

 

唐津駅から徒歩10分程度で唐津神社へ到着です。白い鳥居が目立つ綺麗な神社です。唐津神社の秋の例大祭が有名な「唐津くんち」です。

 

▲唐津神社の御朱印をもらった。唐津くんちの曳山がデザインされたオリジナル御朱印帳も頒布していた。

 

www.asasikibu.com

 

曳山展示場で唐津くんち曳山の実物を見る!

 

唐津神社の左手にあるのが「曳山展示場」です。ここは唐津くんちの曳山の保管庫にもなっていて、全14台がずらりと展示されています。迫力ある曳山が目の前で見られる曳山展示場はかなりおすすめ!豪華な装飾がなされた曳山は1台1億円を超える価値があるといわれています。ド迫力です。

 

▲人気の曳山、鯛。

 

▲曳山展示場の入場券。

 

曳山展示コーナーは有料(300円)ですが、手前にあるお土産売り場は無料で入ることができます。唐津土産を探している人は、ここでぜひ。唐津全体でも、曳山展示場のお土産売り場は、唐津くんちグッズの品ぞろえがかなり充実していますので、こちらで購入してしまうのがおすすめ。

 

一応、後ほどご紹介する唐津城にもほぼ同規模のお土産売り場がありますが、品揃えには若干違いがありましたので、気に入ったものは購入してしまう方が良いでしょう。

 

▲お土産に買った唐津くんち曳山デザインのご当地Tシャツ。

 

www.asasikibu.com

  

西ノ門館でリーズナブルな唐津焼をお土産に

 

 

曳山展示場からまっすぐ3分位歩くと西ノ門館にぶつかります。文化財を管理していて、唐津の発掘調査で出土した陶磁器や資料が保管されたり、曳山の修理にも使われたりします。

 

それだけではなく、若手作家を中心とする唐津焼の作品が展示・販売されています。高いものはキリがありませんが、安いお土産用のカップ等は500円~1500円程度で購入できます。お土産用に購入したマグカップは1,050円でした。

 

▲お土産用の唐津焼マグカップ(高野路窯/武雄市)1,050円

 

炭鉱事業成功者の邸宅、旧高取邸を見学する

 

旧高取邸は、高取伊好(これよし)の邸宅です。国の重要文化財に指定されています。高取伊好は、炭鉱の事業を大成功させて、巨万の富を築いた唐津の成功者です。510円の入場料で中に入ることもできます。月曜休館に注意。 

 

▲周囲は美しい石垣の散歩道になっている。

 

唐津城天守閣から唐津湾の景色を楽しむ

 

▲唐津城の入場券(500円)

 

旧高取邸から徒歩5分程で唐津城に到着です。唐津藩の初代藩主・寺沢広高が城主だった唐津城天守閣に登り、虹の松原・西の浜・高島・松浦川などの景色を楽しみます。

 

 

▲中央の東唐津奥手に虹の松原、右手に松浦川が流れる。虹の松原とは、約100万本の黒松の群生林のことで、初代藩主寺沢が植林して作った。

 

www.asasikibu.com

 

旧唐津銀行で唐津出身の偉人の歴史を学ぶ 

 

旧唐津銀行は、無料で観光用に開放されています。豪華な洋風の建物は、イギリス留学していた辰野金吾の設計によるものです。辰野金吾は名建築家として非常に有名な人物で、日銀本店や東京駅舎の設計監修もしている凄い人。ここではそういった、日本の発展に中枢で関わってきた唐津出身の偉人たちの歴史が学べます。

 

また内観も、当時の銀行営業の跡を残したまま展示されており、横に長い木製の格子カウンターは見どころです。

 

www.asasikibu.com

 

以上、半日でゆっくり満喫できる唐津観光モデルコースをご紹介しました。記事でご紹介した順に周っていけば効率的に唐津を楽しめますので、佐賀旅行の予定がある方は、この記事をブックマークに入れて頂けると、お役に立てると思います。