#旅散らかし

旅系雑記ブログ。全国津々浦々、旅散らかしております。

諏訪の酒蔵『横笛』美山錦の純米吟醸、古梅の枝デザインは悲恋物語に由来する

 

諏訪の酒蔵『横笛』へ行ってきました。横笛というのは、結ばれなかった恋愛物語がその由来です。横笛さんという官女と時頼という武士のお話です。恋愛物語には一番ほど遠い私でございますけれども、お邪魔してきました。

 

 

「横笛」伊東酒造

 

「横笛」は上諏訪にある酒蔵です。酒蔵「本金」の向かいにあります。店舗外観はかなり入りやすい作りになっていますね。蔵に入ると、蔵人さんが丁寧に対応してくれます。試飲も2種類だけ頂くことができます。

 

「横笛」の物語

 

官女「横笛」の披露した舞に、多くの武士が惚れてラブレターを送りまくったのですが、男の一時の気の迷いってことで横笛は読んでいませんでした。その武士の中の一人、「斉藤時頼」も横笛にめちゃくちゃ真剣に恋をしていました。1回だけじゃなくて、ずっと何回も手紙を送り続けました。

 

結婚したくて、時頼はお父さんに相談したけど、身分が違いすぎて猛反対され、父親を裏切ることはできないので断念。でも気持ちを断つことがどうしてもできなくて、出家。

 

横笛は、何回も手紙を送ってきていた時頼がだいぶ気になってはいたんけど、それでも手紙を読むことはしませんでした。でもあるときパッタリ手紙が来なくなって、どうしたのかなと思っていたら、どうやら自分への恋が理由で出家をしたのだと知る。世を捨てるくらい好かれていたのかと、今までの時頼からの手紙をようやく開けて読むと、たくさんの想いが詰まっていたのでした。

 

横笛はようやく時頼を探し出して、思いを打ち明けて謝ったんだけど、時頼は過去のことだからって取り合ってくれませんでした。横笛はそのまま尼になり、病気になって亡くなりました。

 

 

そのあと横笛は、想いを伝えるために鶯に化けて出てきて、梅の枝にとまっていて…(以下略)ってことで、横笛のデザインには梅の枝が描かれています。超端折りましたが、そんな恋物語に惚れた先代が「横笛」と名付けたわけです。

 

試飲

f:id:asasikibu:20180530142635j:plain

 

様々な種類のお酒が販売されています。これだけあると迷ってしまいますね。「八剣」は辛口のお酒、淡白な味わいでした。にごり酒はシュワっとしていて、夏にぴったりの爽快な仕上がりです。

 

 

グラスをすすぐ用のお水は、梅の枝がデザインされた水差しに入っていました。

 

大吟醸仕込みの梅酒

 

焼酎ではなくて、大吟醸仕込みの梅酒の販売もありました。300mlで1440円なので、やはりちょっと値が張りますね。贅沢な梅酒。

 

「純米吟醸 横笛 美山錦」300ml

 

今回のお土産は、美山錦の純米吟醸です。300mlで930円。華やかな香りの日本酒でした。米の旨み、そして甘味をしっかり感じられるお酒。ごちそうさまでした。

  

伊東酒造『横笛』営業情報 

  • 営業時間:平日 8:30~17:00、土日祝 10:00~17:00
  • 定休日:年末年始(12月31日~1月3日)
  • 住所: 〒392-0004 長野県諏訪市諏訪2丁目3−6