香川県高松市の大きな庭園、栗林公園りつりんこうえんを散策しました。ミシュラングリーンガイドで三ツ星を獲得したらしい、高松城と合わせて香川観光の定番スポットです。回遊式大名庭園として江戸時代からの歴史を持ち、築山13個・池6個を含む、東京ドーム3.5個分の巨大な庭園です。

庭園系は外国人に人気ですけれど、栗林公園も例に漏れず、たくさんの外国人観光客であふれていました。天気が良かったこともあり、園内の名所には常に人がいました。秋には紅葉が見事でライトアップも楽しめる場所です。高松駅から電車・バスでアクセス可能。

栗林公園へ入園する

 

 

チケットを購入し、パンフレットを貰います。南湖を周遊する舟に乗りたい人は、乗船券もこちらで販売されていますので購入しておきましょう。また、園内では各名所を巡れるスタンプラリーをやっていて、その台紙もここで貰っておくと良いかも。

お願いすれば、ボランティアガイドさんと一緒に散策することもできます(無料)。栗林公園全体を巡るのに1時間はかかります。ゆっくり写真を撮ったり、動画を撮ったりする方は、2時間位みておくと良いです。

 

入園券(大人410円)。1月1日と3月16日は無料入園日。

各名所を巡ってみる

 

 

 

庭園内には美しい松が植えられています。中でも有名なものには観光用に立て札等が建っています。どれも立派。

 

 

南湖周辺

 

 

飛来峰から眺める偃月橋|栗林公園を代表する名所

 

素敵な庭園、たくさんの自然に囲まれて心が休まった…気がする。思ったより歩いて疲れます。夏場は水分補給必須です。

よく読まれてる記事
よく読まれてる記事