香川県の丸亀城は、日本全国に12カ所しかない現存木造天守のひとつ。400年の歴史がある重要文化財で、石垣が非常に有名です。日本一の石垣の高さを持つことから「石の城」と呼ばれることもあります。

それほど石垣が有名な丸亀城でしたが、残念ながら2018年の台風によって大きく崩壊してしまいました。丸亀市は観光上、石垣が大きなウリだったので、市役所の方々などが焦っていたらしいとの噂を聞きました。

そんな中、石垣復興イベントの一環として有料スタンプラリーが開催されました。ゲストハウスのオーナーさんからこの話を聞きまして、ぜひ行ってみようと。

丸亀城の御城印がもらえる場所は天守受付

 

丸亀城は天守で御城印の頒布をしています。天守入り口の拝観料を支払う受付でお願いすれば出してもらえます。また、100名城のスタンプも入り口近くにありました。

 

丸亀駅から徒歩で丸亀城へ向かう

 

快速サンポートに乗って高松駅から丸亀駅へ。丸亀駅からは商店街を抜け、徒歩15分くらい歩いた気がします。天気も良く気持ちいい。

 

 

大手門から中に入ります。入って右手にすぐ観光案内所。お、ここでスタンプラリーの台紙とか買えるのかな?と思い、向かいます。

丸亀城の石垣崩壊復旧スタンプラリー台紙 200円

 

 

売上の一部が石垣の復旧に使われるということで話題のスタンプラリー。台紙を観光案内所で200円で購入し、その台紙に各所(5箇所)で重ねてスタンプを押していきます。全部押すと絵が完成する仕組み。

 

 

 

 

このような形で、各所を巡り設置されているスタンプを重ねて押していきます。⑤資料館が間に合わなかったのが心残りですが、それなりに絵っぽくなったので良しとします。全て押すと、立体感のある丸亀城天守の絵が完成します。

見返り坂で石垣の美を見学

 

 

丸亀城を散策

 

 

天守へ向かう道のり、勾配が本当にキツイです。前のめりにかがまないと後ろに体重が持っていかれる。

 

(上)丸亀城の天守拝観券。

天守前広場から眺められる景色はとてもきれいでした。晴れてたし、遠くまで見渡せた。

 

資料館へ行く途中から振り返って天守を見る構図だと、丸亀城天守と高い石垣を同時にカメラに収めることができます。時間に余裕がある人はその角度で天守を眺めてみるのがおすすめ。

丸亀城の大手門まで戻ってきたら運よくタクシーをゲットでき、そのまま丸亀港へ直行。出航10分前でどうにか滑り込みセーフ…!フェリーで本島へ出発したのでした。

よく読まれてる記事
よく読まれてる記事