宿泊先に向かう途中に見つけた「高砂湯」へ行ってみました。かなりディープな香りがしたので気になって調べてみると、地元民に人気なサウナとの情報。

よくよく見て見たら、泊まっていたかつおゲストハウスの周辺マップにも「高砂湯」の文字を発見。これは行ってみるしかない、と向かいました。

高知市の老舗サウナ高砂湯

外観からしてかなりのディープさを誇る「高砂湯」。昭和29年創業のサウナらしく、非常に気になりましたが、今回は時間がそんなになかったので、銭湯のみ利用しました。

1階が銭湯、2階がサウナになっていて、サウナは朝8時から営業・銭湯は午後1時半からの営業です。

館内着やタオルはもちろん一切ついていないので、持参します。写真で見るにとどまりましたが、サウナの休憩室は実家感が漂う空間でした。サウナの温度は80度程度らしいです。

 

 

渋い電光看板に渋い暖簾掛けの出入り口。

特に水風呂の水質が評判みたいですね。井戸水を汲んでいるとかいないとか言われていて、全国のサウナーに喜ばれています。

脱衣所も想像通りのレトロさでしたが、ロッカーは鍵がついていて施錠できるタイプ。

広々していて清潔でした。

 

▼高砂湯 公式HP

https://www.kochi-bank.co.jp/success/vividtown/takasago.html

よく読まれてる記事
よく読まれてる記事