「レトロ自販機」と呼ばれる食べ物の自販機、確かに20年前くらいにはまだ見かけた気もするけど、今となっては見つけるのに苦労するレベルの稀少な存在。なんと高知県には「コインスナックプラザ」というゲーセンと併設されたレトロ自販機屋さんがあります。

宿泊先のかつおゲストハウスの目の前にあり、興味をそそられて行ってみました。

ラーメン自販機とうどん・そば自販機

 

ラーメンの看板絵が何とも言えない懐かしさを醸し出しています。おそるおそるラーメン自販機にお金を入れて購入してみました。

 

自販機で購入したラーメンです。もう少し表面の具を整えてから写真を取ればよかったですが、メンマ・もやし・チャーシューのようなもの・ネギがトッピングされていました。

温度はアッツアツ、お味も想像していたものより美味しくてペロリと平らげてしまいました。サイズ感も多すぎず、このくらいがちょうどよいですね。

 

トースト自販機

 

翌日の朝、今度はトースト自販機が使ってみたくて再度来店。お金を入れてブイーンと動き出す機械、応援したい気持ちにすらなってきます。

ゴトン!と出てきたのは、アルミホイルに包まれたトーストです。持つのが大変なくらいアツアツでした。

以前は自販機用の純正アルミというものが使われていたらしいのですが、それはもうなくなったそうです。

といっても実際開けてみると、破れたりしなさそうな、しっかりとした厚さのアルミホイルでした。

 

こんがり焼かれたトーストです。中身はハム。中身はギッシリ詰まっている…わけでは全然ありませんが、サクサクトーストと相性はとてもよかったです。

サンドイッチとは違うので、むしろこのくらいが丁度良いかもしれません。

 

他にも、稲荷ずしやおにぎりの自販機がありました。後はノーマルな飲みものの自販機が数台です。高知インターから5分というアクセス抜群の場所にあることも相まって、このレトロ自販機が見たいがためにわざわざやってくるお客さんも多いようです。

高知に来たらぜひ立ち寄りたい観光スポットといっても良い場所ですね。

かつおゲストハウスの目の前なので、ここに泊まった人は夜行ってみるといいですよ!おすすめ。

店内は想像以上に清潔に保たれている

 

床はご覧の通り、ピッカピカでかなり清潔に保たれています。きちんと手入れされているのをひしひしと感じる店内でした。隣はゲーセンになっていて遊びつつ、ここで腹ごしらえして、また遊ぶ。みたいなルーティンをしているお兄さんやおじさんがいらっしゃいました。地元民の憩いの場です。

 

朝6時から夜0時までやってます。

よく読まれてる記事
よく読まれてる記事