高知のご当地パン「ぼうしパン」。

昭和30年に誕生した「帽子パン」は、うっかりミスで生まれたパンです。メロンパンを作っている最中、ビスケット生地を一つだけかけ忘れてしまい、後から慌ててかけて焼いたところ出来上がったのが由来です。

試作を重ねるうちに、ビスケット生地をカステラ生地にして「カステラパン」という名前で販売されたのが最初でした。

高知ご当地パン「ぼうしパン」を手軽に購入する

 

観光本やパンフレットで帽子パンを見かけていた為、どこかで1つは買いたいなと思っていました。探せばいくらでも本格的な高知のパン屋さんは出てきますが、あくまで他の予定の方が優先だったので簡単に買えるお店はないかなと。

そんな時は、JR四国が運営するエキナカパン屋さん「ウィリーウィンキー」の出番です。香川の高松や多度津、愛媛の松山や今治などで度々目撃したウィリーですが、高知駅にもありました。高知駅の店舗を覗くと、帽子パンがしれっと販売しているのを発見。さっそく購入してみました。

味はカステラ風メロンパンって感じで、駄菓子っぽさがあります。子どものおやつにぴったりな菓子パンでした。


ウィリーウィンキーではご当地あんぱんも毎度販売してます。高松では「讃岐」が刻印されていたり、今治では「今治」と刻印されていたり。

中身は、つぶあん&ミルククリーム。クリームなので日持ちはしないのが難点ではありますが、おいしいです。ずっしり食べ応えのある菓子パン。

 

ちなみに、帽子パンはパン屋さんによってさまざまな種類があって、実際の被れるくらい大きなサイズの帽子パンを祝い用に販売しているところもあったり、抹茶など味にバラエティを持たせているお店もあったり色々です。

帽子の真ん中部分と、ツバ部分のサクサク部分で食感が異なるので、飽きずに楽しめるのも良いところです。

よく読まれてる記事
よく読まれてる記事