坂の上の雲ミュージアムの建築で小説世界を愉しむ

 

坂の上の雲ミュージアムは、小説「坂の上の雲」の世界を学べる愛媛県松山にある博物館です。特徴的なのはその外観。ガラス張りの壁には、青空と雲が映り込みます。まさに、坂の上の雲をイメージした有名な建築物です。安藤忠雄氏による設計で、総工費はなんと30億円。

「坂の上の雲」は歴史小説ですが、坂の上の雲ミュージアムは、読んだことの無い人でも楽しめるスペースとなっている大型ミュージアムです。

坂の上の雲ミュージアム

 

「坂の上の雲」は司馬遼太郎によって書かれた歴史小説で、構想に10年間もかかったといわれている大作です。松山藩の秋山好古、秋山真之、正岡子規が登場し、日露戦争の時期の日本社会の姿を表した有名作品です。

坂の上の雲ミュージアムの受付(チケット窓口)では松山市のマンホールカードも配付中(無料)です。ぜひ記念にもらって帰りましょう。

[getpost id=”3497″]

 

博物館内は、建物の構造を活かした形の見学ルートになっています。この点もたのしみポイント。中央を渡すように設置されている階段もぜひ登ってみてください。

2階では坂の上の雲に関する展示物、3階では明治時代(作品の舞台になっている時代背景)について学ぶことができます。4階は坂の上の雲に登場する主人公たちに関する展示があります。

 

2階の通路には、新聞記事の一覧があり、そちらも見どころ。もともと「坂の上の雲」が新聞の連載だった為です。

店内にはカフェもある

 

2階のカフェでは、軽食が楽しめます。「坊っちゃん」に出てくる坊っちゃん団子もありますし、愛媛の特産品もあります。

また、お土産グッズもあります。文具と書籍類がありました。商品によってはプレゼントがついてくるものもあるようです(後から知った)。

イベントも度々開催されていて、時期によって様々な体験ができます。

正岡子規と一緒に写真が撮れる

 

明治時代を代表する正岡子規は、愛媛松山出身の文学青年です。俳人として成功し、ホトトギス(雑誌)で活躍してきました。そんな正岡子規が座る隣の席が空いていますので、一緒に座って記念撮影しちゃいましょう。

東京大学予備門の学期末試験がある

 

正岡子規が通っていた頃の東大予備門の学期末試験の問題が展示されていました。代数学と幾何学の問題です、腕に自信がある方はチャレンジ。展示には和訳がついていますが、当時は問題文も英語。英文を理解した上で数学の問題を解くという、なんともハードな試験だったそうです。

ちなみに正岡子規はこの試験と次の試験で立て続けに不合格となり、なんと落第してます。数学苦手だったのでしょうか、なんだかその気持ちわかります。

フランス風屋敷「萬翠荘」を眺めて

 

[getpost id=”3540″]

博物館のすぐ近くにある萬翠荘は、国の重要文化財に登録されているフランス風屋敷です。

ミュージアム2階の窓から森とともにそびえ立つ萬翠荘を眺めることができます。自然に囲まれた大正建築はとっても幻想的な雰囲気。

帰りに秋山兄弟の生誕地(ミュージアムから400~500mの距離)に立ち寄るとさらに楽しめそうです。

  • コメント: 0

こちらも読まれています

  1. 徳島ゲストハウス「HOSTEL PAQ tokushima」に宿泊したのでレポート

  2. 高知駅前COCOCHIコーヒーで龍馬カプチーノを飲んでひと休み

  3. 黒部川電気記念館で世紀の大工事!電源開発の歴史を学ぶ

  4. 長宗我部氏の居城「浦戸城跡」に残る石垣跡や堀切跡

  5. 【徳島クラフトビール3種飲みくらべ】AWA新町川ブリュワリー!徳島駅地下バル横丁にて一人呑み

  6. 萬翠荘を見学!ステンドグラスが素敵なフランス洋館

  7. 高知「田舎寿司」酢飯に柚子果汁を使った野菜寿司が美味しい

  8. 渋銭湯「えびす湯」高松扇町の古き良き情緒ある風呂にお邪魔する

  9. かどやで愛媛の郷土料理「宇和島鯛めし」を食べる

  10. 本島港から児島観光港へ六口丸フェリーで移動【船で四国から本州へ】

  11. 香川ゲストハウス若葉屋さんに宿泊したのでレビュー|旅人の気持ちに寄り添った小さなお宿

  12. 高知観光必須アイテム「龍馬パスポート」を手に入れて特典を受ける

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※ご連絡※
画像が表示されない記事が多々あり、全力修正中です。ご迷惑おかけしております。リクエスト頂ければ優先して修正します。
  1. 爆速提供!昭和漂う亀戸餃子本店。1人2皿以上の餃子一筋専門店で軽…

  2. 歴史街道を自分の足で【東海道五十三次】街道歩き旅①日本橋~品川宿

  3. 小石川後楽園で満開の桜を見ながら庭園散歩!水戸徳川家の中屋敷が…

  4. 花桃咲く桃源郷!わたらせ渓谷鐵道「わ鐵」で行く、春の絶景ローカ…

  5. 日光山巡りの始まりの場所!輪王寺三仏堂を参拝

  6. 降り注ぐ幻想的な藤の花!あしかがフラワーパークの妖艶な藤を楽し…

  7. ネモフィラの青い絨毯が広がる絶景!国営ひたち海浜公園、初夏のネ…

  8. 魅力たっぷり初島へ!熱海から30分、首都圏から一番近い離島で新鮮…

  9. 早太郎伝説で有名!駒ヶ根市「光前寺」見どころまとめ

  10. 平泉の国宝が目の前に!特別展「中尊寺金色堂」現地レポート(上野…