阿波おどり会館で徳島伝統文化・阿波踊りに触れる!何なら踊らされる【一番明るい人が優勝】

 

徳島といったら何といっても「阿波踊り」でしょう。秋の阿波踊りが一番有名だが、春にも夏にも徳島県のどこかでは阿波踊りの祭りが開催されている。それだけ踊りが大好きな県民性。

徳島旅の中では、色んな人と出会い・話をしたが、なんというか非常に楽観的な印象を受けた。いい意味で頭おかしいと思うことも多々あり(笑)よく考えれば、こんな踊りを年中踊っているような民族なんだからそれもそうかと納得している。

阿波踊り会館へアクセス、徳島駅から徒歩10分弱

 

徳島駅から正面をずっとまっすく歩けば到着する。迷う人はたぶんいない。眉山びざんの麓にあって、阿波踊り会館はあわぎん眉山ロープウェーの発着駅でもある(最上階)。1階の券売機で種々の券が販売されており、自分が参加したいセットを選ぶ仕組み。

ロープウェーの乗車券、阿波踊りミュージアム入館券、阿波踊りの公演鑑賞券等の組み合わせで販売されていた。ロープウェーには今回乗らないので、ミュージアム入館と阿波踊り公演の2種セット券を購入した(1000円)。

 

(上)2種セット券B(1000円)。ミュージアム入館と阿波踊り昼公演が鑑賞できるセット券。

阿波踊り昼の公演!クオリティ高い演舞を鑑賞、最後はみんなで踊りましょう【一番明るい人が優勝】

さて、阿波踊り会館の最も大きな見どころは、阿波踊りの公演が鑑賞できる所。実際に演者のみなさん(しかもおそらくベテラン)が毎日実演をしている。昼公演は1日4回(11:00、14:00、15:00、16:00)、夜公演は1日1回(20:00)。

実際に、プロが目の前で踊ってくれるのは嬉しいもの。そして、ふらっと来た人が驚くくらいハイクオリティなレベルの舞台を見せてくれる。

 

そして、見るだけで済ませてくれないのが徳島県民。踊らされます。手の動き、足の動き、掛け声を丁寧にレクチャーされた上で、お客さんたちが徐々に客席から舞台に連行されていく。コントみたいで元気が出た。

お客さんの中には外国人も多くて、ノリノリでやってくれたりする人もいる。踊っている間に、「元気で明るい人」には白いレイがかけられ、「その中で一番元気で明るい人」は赤いレイがかけられてその人が優勝です。

そんな大会だったんだ(笑)とこれまた笑わされたが、元気で明るい人たちは表彰されて、手ぬぐいや団扇などのお土産を無料プレゼントされてとても嬉しそうだった。良い。徳島土産が欲しい人は頑張ってみよう。

観て、踊って、楽しめる 阿波おどりホールの公演(公式HPへ飛びます)

阿波踊りミュージアム

 

公演が終わったので、ミュージアムの階に移動した。阿波踊りの歴史や文化を表す品々の展示や、見て楽しいミニチュアがたくさん置かれていた。

また、阿波踊りの衣装や鳴り物楽器の展示も面白かった。公演を聞いてきた後だったため、これがさっきのあの楽器か、とマジマジと見ていた。

 

 

 

あるでよ徳島で徳島お土産を買って帰る

 

 

1階の土産店「あるでよ徳島」には、ほぼ全種類のお土産が売っている。飲み物・食べ物はもちろん、藍染め衣服や商品、陶器、アクセサリー、地酒、おもちゃ。観光客の土産購入場所として豊富なのは、ここか若しくは徳島駅の地下。両方行ったけど、どちらかというと「あるでよ徳島」の方が豊富だった気がする。

阿波踊り会館のすぐ隣には「眉山天神社」があり、季節ごとに御朱印の柄が変わるなどデザインも素敵らしいので都合合う方はそちらもおすすめ。

  • コメント: 0

こちらも読まれています

  1. 高知城歴史博物館!高知城の麓にある土佐藩主山内家の貴重資料を見学しよう

  2. 旧済生館本館(山形市郷土館)霞城公園内にある明治初期洋風建築

  3. 【稀少なレトロ自販機】コインスナックプラザ!西日本唯一残存するトースト自販機でモーニングしてみよう

  4. 北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)道政80年の歴史あるアメリカ風ネオ・バロック様式建築

  5. 「旧唐津銀行本店」辰野金吾監督・赤レンガのモダンな洋館が美しい/唐津サテライト館

  6. 今治城でスタンプラリーと御城印を楽しむ!大規模な模擬天守と櫓を巡る旅

  7. 徳島ラーメン専門店「麺王」生卵とカタ細麺、相性抜群の甘辛スープ

  8. 徳島県の大谷焼ぐい呑みを紹介する

  9. 『松本市美術館』草間彌生の世界を楽しむ!地域に根差した総合美術館

  10. 恋愛成就「圓満寺」恋のお結び玉と湯の大地蔵尊

  11. 函館市北方民族資料館|アイヌ民族の暮らしと装飾品の大量展示

  12. 函館市文学館で函館ゆかりの作家の愛用品を見学する|石川啄木、亀井勝一郎、辻仁成、佐藤泰志

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※ご連絡※
画像が表示されない記事が多々あり、全力修正中です。ご迷惑おかけしております。リクエスト頂ければ優先して修正します。
  1. 爆速提供!昭和漂う亀戸餃子本店。1人2皿以上の餃子一筋専門店で軽…

  2. 歴史街道を自分の足で【東海道五十三次】街道歩き旅①日本橋~品川宿

  3. 小石川後楽園で満開の桜を見ながら庭園散歩!水戸徳川家の中屋敷が…

  4. 花桃咲く桃源郷!わたらせ渓谷鐵道「わ鐵」で行く、春の絶景ローカ…

  5. 日光山巡りの始まりの場所!輪王寺三仏堂を参拝

  6. 降り注ぐ幻想的な藤の花!あしかがフラワーパークの妖艶な藤を楽し…

  7. ネモフィラの青い絨毯が広がる絶景!国営ひたち海浜公園、初夏のネ…

  8. 魅力たっぷり初島へ!熱海から30分、首都圏から一番近い離島で新鮮…

  9. 早太郎伝説で有名!駒ヶ根市「光前寺」見どころまとめ

  10. 平泉の国宝が目の前に!特別展「中尊寺金色堂」現地レポート(上野…