富山に来たら名物定番駅弁「ますのすし」を食べて帰ろう!

※ご連絡※
画像が表示されない記事が多々あり、全力修正中です。ご迷惑おかけしております。リクエスト頂ければ優先して修正します

富山県の有名駅弁「ますのすし」。富山旅行の際には、ぜひ頂いて欲しい駅弁です。

行きや帰りの途中の新幹線で、富山の宇奈月ビール片手につまんでほしい、そんなお弁当です。

富山旅の超定番!源のますのすしのご紹介

富山名物といえば、源のますのすしです。お土産としても人気のマス寿司の駅弁です。

パッケージのマスの絵は、画家の中川一政さんが描かれたもので、1965年頃から使われ続けているそうです。

木製の温かみを感じる曲げわっぱ、蓋を開けると笹の葉が敷き詰められています。

笹の葉は香りが良くて抗菌作用もあるので、ますのすしには欠かせない重要な素材なんだとか。

笹の葉を開くと、鮮やかなマス寿司が現れます。プラスチックのナイフがついているので、適宜食べやすいサイズに切り分けることが出来ます。

切り分けたマス寿司片手に富山の地ビールを飲み干せば、新幹線移動の時間が富山旅の旅情あふれる素敵なひとときに変わります。

ほんのり甘みを感じる酢飯とマスの相性抜群

元々は、富山県と岐阜県を流れる神通川から採れた天然のさくらマスを使っていたものの、最近では漁獲量の減少から、北欧仕入れのマスを使用しています。

北欧のマスは非常に肉厚で、脂ノリも良く、とっても美味しいです。

御飯が見えないように敷き詰められていますが、実はマスの並べ方にも美味しさを追求するこだわりがありました。

先に口に入れるであろう中央付近には脂の乗った腹身、外側に背身を配置しています。

こうすることで一口目に脂が乗った旨味の強い箇所を楽しめて、食べ進めていくとさっぱり食べ終えられます。食べる人への細やかな配慮がされた逸品です。

また、抜群の相性でますのすしの味の決め手となる酢の調合レシピは、トップシークレットの企業秘密で、株式会社源の中でも、ごく一部にしか知らされていません。

ますのすしは徳川吉宗への献上品だった

ますのすしの起源は、江戸時代にまでさかのぼります。

徳川家の八代将軍・吉宗に富山藩士が献上したことが始まりでした。富山を流れる神通川から採れたマスと越中米を使い、富山の地物で仕上げた献上品に、食通だった吉宗は非常に喜んだそうです。

それ以来、毎年江戸に「ますのすし」が贈られるようになり、”富山名物”として定着していきました。

富山旅のお供に、ぜひ食べてみてはいかがでしょうか。

  • コメント: 0

こちらも読まれています

  1. 佐佳枝廼社(越前東照宮)の御朱印と御朱印帳/福井市

  2. 川越で饂飩を堪能「手打うどん長谷沼」うどん百名店

  3. 『珈琲まるも』松本喫茶店でお茶しよう!民芸家具の素敵なお店

  4. 白い無地のれん「Painmoji(パンモジ)」下諏訪パン屋さん/諏訪大社下社春宮のお隣でおやつを買うべし

  5. スタバ富山環水公園店!世界一美しいスタバの開放的なテラス

  6. 倉敷珈琲館(美観地区)琥珀の女王なる珈琲メニューを飲んでみた

  7. 福井神社(福井市)の御朱印/第16代福井藩藩主松平慶永を祀る神社

  8. 「うその餅」太宰府の梅園菓子処で変わった和菓子を買ってみた!木鷽・土うそ入り

  9. 草津のオススメ居酒屋『源氏』のカウンターで一杯やってきたのでレビューする

  10. 仙台ご当地ドリンク「ずんだシェイク」ずんだ茶寮に立ち寄ろう

  11. 瑞龍寺(富山高岡)の御朱印は見開き推奨!御朱印帳・時間|トイレの神様が祀られているお寺

  12. 『雨晴海岸』がマジで絶景な件!道の駅「雨晴」からの景色を楽しむ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 平泉の国宝が目の前に!特別展「中尊寺金色堂」現地レポート(上野…

  2. 亀戸七福神巡りのコース詳細解説!授与品(色紙・御朱印)・見どころ…

  3. 柴又七福神巡りのコース詳細解説!授与品・見どころ・散策マップ(…

  4. 富山に来たら名物定番駅弁「ますのすし」を食べて帰ろう!

  5. 完走メダルが貰える10kmのマラソン大会一覧【旅ラン初心者向け】

  6. Toyama City memories explain in more detail

  7. Toyama Unazuki memories explain in more detail

  8. 秘湯「名剣温泉」宿泊記ブログ!黒部峡谷鉄道トロッコで行く秘境の…

  9. スタバ富山環水公園店!世界一美しいスタバの開放的なテラス

  10. 欅平温泉「猿飛山荘」硫黄泉の源泉かけ流し