【長野の酒蔵】よしのや『西之門』無料見学&試飲!日本酒・梅酒・味噌・甘酒の蔵元「善光寺の酒」やっぱり1本買いました

長野県善光寺の西側にある『よしのや 西之門』という酒蔵へ行きました。試飲がしまくれるので、非常に楽しい場所なのです。日本酒だけでなく、甘酒や梅酒だったり、こちらで作っているお味噌で作った味噌汁の試飲も出来ます。

事前情報では、試飲すると買わずには出られない雰囲気になったりするから気をつけて的なことを聞いていたので(by 鮭氏)ああ、これは私は1本買うんだろうなぁと思っていましたけど、やっぱり買いました。

蔵元よしのや『西之門』

善光寺のすぐ近くにあるので、観光でこの辺りに来た人は気軽に立ち寄れると思います。 入り口を入ると、通路にはふんわりと灯りがともっていますね。

f:id:asasikibu:20180503141514j:plain

通路を抜けると売店があります。こちらでお土産を買ったり、試飲をしたりできます。店頭にも「試飲・試食できます」という看板があります。看板でデカデカと「試飲」と書いてくれているのでとても入りやすいのですが、タダでは帰りにくいとの難点もあったりなかったりします。

日本酒『西之門』勢ぞろい!善光寺の酒として親しまれてきた蔵元

圧巻ディスプレイでございまして、これだけ並べられると、飲みたくて仕方がなくなっちゃいますね。これ、一通り試飲できます(やばい)

「よしのや」はこんな蔵元です。

善光御本尊は、戦国の戦乱に巻き込まれ、戦国大名の手を転々としました。慶長3年(1598年)、豊臣秀吉によって、御本尊は信州善光寺に帰され、信州善光寺再興の時代がはじまります。

京都より御本尊を運んだ大本願第百九世智慶上人に付き従った藤井藤右門昌兼は、善光寺に定住、寛永14年(1637年)、二代目昌長が酒造業を創業しました。以来、「よしのや」は善光寺大本願に隣接する西之門町にて、酒・味噌を醸造し、「善光寺の酒」として親しまれ、今日に至ります。

端から端まで試飲をしてみよう

販売のお姉さんにつがれるがままに飲み散らかしてゆくのです。といっても、量は本当にちょっとずつですから、酔っぱらうほどでもありません。美味しく、味見。

日本酒だけでなく、梅酒、甘酒の試飲もできます。私は病み上がりだったので、途中で断ったのですが、飲もうと思えば、置いてあるものなら全部味見できると思います。

300mlの純米大吟醸を一本、お土産にお持ち帰り

酒蔵行ったら、やっぱりお土産を買わずにはいられないのです。ということで、たしか1500円くらいの日本酒を頂いて帰ってきました。まあまあ高いですね。

▼お酒のレビューはこちら

蔵元よしのやの日本酒『西之門』を呑んだ!しっかりずっしり甘口「善光寺の酒」

『西之門』清酒工場の無料見学コース!

f:id:asasikibu:20180503133617j:plain

よしのやの売店に隣接するのが、清酒工場の見学コースです。入場無料で、解放されているので、自由に見学することが出来ます。中には誰もいなかったので、休憩がてらゆっくり見学。

f:id:asasikibu:20180503133619j:plain

この日は、よしのやのレストランが休みの日だったので、外国人観光客で賑わっていた売店以外は、閑散としていた模様。白黒の写真には歴史を感じますね。力仕事でもなんでも人の手でやってる写真を見ると、私は機械が発達したインターネットのある時代に生まれてよかったと心の底から思ったりする。感謝。

f:id:asasikibu:20180503133621j:plain

醸造の様子も上から見学できます。実際に現在、醸造している様子が見られる…ところなのだと思うんですが、この日はお休みで人の影は見当たりませんでした。

f:id:asasikibu:20180503133624j:plain

無機質な機械が細かく並んでいるところを眺めるのは、楽しくて好きです。この見学は全て無料です。作っている様子や使用されている機械を見ると、そのお酒もより美味しく感じるられます。

よしのや「西之門」営業情報

  • 営業時間:売店 9:00~17:30、レストラン 11:00~20:00
  • 定休日:売店年中無休、レストラン第4水曜日
  • 住所:  〒380-0857 長野県長野市大字長野西之門町941

  • コメント: 0

こちらも読まれています

  1. 山梨の特別名勝、昇仙峡の仙娥滝で渓谷美と清流を眺める

  2. 『豆吉本舗』カマンベールチーズ豆だと!?非常にけしからんおつまみである

  3. 『旦過の湯』下諏訪の100%源泉かけ流し温泉!温度は47℃熱めの湯!アクセス・駐車場・入浴料金

  4. 越後湯沢ロープウェイで湯沢の空と景色を堪能する!166人乗り巨大ゴンドラと無料リフト

  5. 【片道3050円】アルピコ高速バス(新宿⇔松本線)の乗車レビュー!電源Wi-Fiの使い心地など

  6. 【徳島クラフトビール3種飲みくらべ】AWA新町川ブリュワリー!徳島駅地下バル横丁にて一人呑み

  7. 『おきな堂』時代遅れの洋食屋で「バンカラカツカレー」を食べた@松本

  8. 『岡谷太鼓祭り2017』長野県岡谷|300人そろい打ちは大迫力で圧巻のステージ!

  9. 諏訪の酒蔵『横笛』美山錦の純米吟醸、古梅の枝デザインは悲恋物語に由来する

  10. 咲き誇る花菖蒲!諏訪大社下社春宮の「あやめ奉献奉告祭」が素敵すぎる

  11. 諏訪のんびり旅!旨い酒、良いお湯、素敵な宿。

  12. 南部酒造「花垣」福井・奥越前の城下町で湧き出る名水を使った地酒

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※ご連絡※
画像が表示されない記事が多々あり、全力修正中です。ご迷惑おかけしております。リクエスト頂ければ優先して修正します。
  1. 爆速提供!昭和漂う亀戸餃子本店。1人2皿以上の餃子一筋専門店で軽…

  2. 歴史街道を自分の足で【東海道五十三次】街道歩き旅①日本橋~品川宿

  3. 小石川後楽園で満開の桜を見ながら庭園散歩!水戸徳川家の中屋敷が…

  4. 花桃咲く桃源郷!わたらせ渓谷鐵道「わ鐵」で行く、春の絶景ローカ…

  5. 日光山巡りの始まりの場所!輪王寺三仏堂を参拝

  6. 降り注ぐ幻想的な藤の花!あしかがフラワーパークの妖艶な藤を楽し…

  7. ネモフィラの青い絨毯が広がる絶景!国営ひたち海浜公園、初夏のネ…

  8. 魅力たっぷり初島へ!熱海から30分、首都圏から一番近い離島で新鮮…

  9. 早太郎伝説で有名!駒ヶ根市「光前寺」見どころまとめ

  10. 平泉の国宝が目の前に!特別展「中尊寺金色堂」現地レポート(上野…