上諏訪の路地裏秘湯「大和温泉」源泉かけ流しの穴場温泉

上諏訪駅の秘湯「大和温泉」は、上諏訪駅から徒歩15分ほどの場所にあります。ちょっと駅前通りを外れたところに、秘密基地のように佇む温泉です。

大和温泉もその周辺も、雰囲気が非常にノスタルジックで素敵です。温泉もとても気持ちが良く、入浴した次の日の肌つやもいつもより良くなりました。

細い路地に穴場の温泉が佇む

有名な温泉地でもある上諏訪には、共同浴場が80以上あります。地元の方専用(ジモ専)が多い中、大和温泉は観光客にも開放してくれている温泉です。

大和温泉は住宅街の細い路地にある
夏の日の散歩がてらお邪魔した

タイムスリップしたかのような街並みを散歩しながら、大和温泉に向かいます。

大和温泉の入り口は、民家と民家の間にあります。細い路地に冒険心がくすぐられつつ、初回は入るのに少々戸惑います。

細い通路が大和温泉への入り口

民家の中庭のようなスペース

左が男湯、右が女湯

細い通路を入ると、民家の中庭のような場所に出ます。入って良い場所なのか少し不安になりつつ、右手を見ると入浴料を置く場所がありました。

小銭をぴったり用意してくるのを忘れてしまったので、中に向かって「おはようございますー」と声をかけてみると、お姉さまが出てきて対応してくださいました。

「石鹸は持ってるら?なかったら貸すかいね~」と信州弁?でやさしく声をかけてくれました。

大和温泉の入浴料金
  • 大人:300円
  • 小学生:130円
  • 幼児:70円

※湯札(回数券)もある

清掃が行き届いた清潔感のある脱衣所

透き通った緑色!ほんのり硫黄香

浴場へ入るとかすかに硫黄臭がします。硫黄成分の含有量は1.2mg/kgなので法律上、硫黄泉という表記はできませんが、それでも硫黄の存在は確かに感じられます。ゆでたまごのような香りです。

「硫黄泉」の要件
温泉水1㎏中に、総硫黄を2㎎以上含有するものを「硫黄泉」といいます。「総硫黄」とは、硫化水素イオン・チオ硫酸イオン・遊離硫化水素の合計です。

今はあまり見かけないステンレスの浴槽

お湯は透き通ったうす緑色です。浴槽中央の蛇口は、ひねると源泉が出てきます。

シャワーはついていないので、桶で頭や体をすすぎます。

石鹸やシャンプーも持参する必要があります。お肌つやつや、とても気持ちよかったです。

【おまけ】風呂上がりにメンチカツはいかがでしょうか

鳥幸

大和温泉のすぐ近くに「鳥幸」という地域密着のお総菜屋さんがあります。コロッケやからあげ、飲み物などが販売されています。

帰りがけに、こちらでメンチカツを購入しました。

鳥幸で購入したメンチカツを食べながら帰る

肉厚ジューシーで美味しかったです。おすすめなので、合わせてご紹介しました。

大和温泉の基本情報

営業時間7時00分~22時00分
所在地〒392-0024 長野県諏訪市小和田17
入浴料大人300円
小学生130円
幼児70円

  • コメント: 1

こちらも読まれています

  1. 「綿屋 旅館」唐津温泉に日帰り入浴してみた【自家源泉】有形文化財の宿で唐津城展望を楽しむ

  2. 道後温泉「椿の湯」花崗岩の浴室で源泉かけ流しを堪能

  3. 道後温泉「本館」神の湯に入浴!改修工事中の重要文化財、坊ちゃんも愛した名湯

  4. 【片道3050円】アルピコ高速バス(新宿⇔松本線)の乗車レビュー!電源Wi-Fiの使い心地など

  5. 下諏訪「慈雲寺」御朱印と見どころ!苔の参道が美しいお寺

  6. 温泉寺|上諏訪【御朱印】諏訪湖を一望できる温泉寺!諏訪湖七福神の布袋尊

  7. 道後温泉別館「飛鳥乃湯」お茶菓子や道後湯帳で楽しむ歴史と癒しの空間

  8. 【上諏訪観光決定版まとめ】35選!諏訪の御朱印・観光スポット・モデルコースなど【諏訪湖花火大会】

  9. 上諏訪のうなぎ屋「おび川」でうな重を食べる!常連客向けのお店

  10. 明治25年創業「指宿温泉 弥次ヶ湯温泉」肌触りサラサラ源泉

  11. 宇奈月温泉「とちの湯」黒部峡谷の絶景が楽しめる日帰り天然露天風呂

  12. 白骨温泉『泡の湯』に日帰り入浴【混浴露天風呂】混浴に初挑戦…!

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 土橋

    H27年温泉分析書では、湯小路源泉(大和温泉)の硫黄分総量は4.6mg/kgですが、最新では1.2になったのでしょうか?

※ご連絡※
画像が表示されない記事が多々あり、全力修正中です。ご迷惑おかけしております。リクエスト頂ければ優先して修正します。
  1. 爆速提供!昭和漂う亀戸餃子本店。1人2皿以上の餃子一筋専門店で軽…

  2. 歴史街道を自分の足で【東海道五十三次】街道歩き旅①日本橋~品川宿

  3. 小石川後楽園で満開の桜を見ながら庭園散歩!水戸徳川家の中屋敷が…

  4. 花桃咲く桃源郷!わたらせ渓谷鐵道「わ鐵」で行く、春の絶景ローカ…

  5. 日光山巡りの始まりの場所!輪王寺三仏堂を参拝

  6. 降り注ぐ幻想的な藤の花!あしかがフラワーパークの妖艶な藤を楽し…

  7. ネモフィラの青い絨毯が広がる絶景!国営ひたち海浜公園、初夏のネ…

  8. 魅力たっぷり初島へ!熱海から30分、首都圏から一番近い離島で新鮮…

  9. 早太郎伝説で有名!駒ヶ根市「光前寺」見どころまとめ

  10. 平泉の国宝が目の前に!特別展「中尊寺金色堂」現地レポート(上野…