【2018諏訪湖花火大会をホテルから見る!】花火大会当日の宿泊料金・値段・予約状況、観覧チケットなど販売情報まとめ【信州諏訪観光】

f:id:asasikibu:20170713193338j:plain

今年も、諏訪湖花火大会が目前にやってきました!一度は、目の前でちゃんと見てみたい、という方も多いのではないでしょうか。諏訪湖の花火大会は大きく分けて3つあります。

  1. 諏訪湖祭湖上花火大会(2018年8月15日)
  2. サマーナイトファイヤーフェスティバル
  3. 全国新作花火競技大会

これらの諏訪花火大会に合わせて、周辺の諏訪湖畔のホテル一帯で、それぞれイベントを用意しています。今回は、上諏訪温泉のホテルのイベント状況や宿泊状況、料金をまとめてみました。

なお、まだ告知を開始していないホテルもあるようなので、随時わかり次第、更新する予定です。

花火の野外座席券は、諏訪湖付近のコンビニや商店で買える!

ホテルと関係なく、諏訪湖畔の野外指定席など、花火大会の座席券自体は、ファミマ等で販売がすでに開始しています。座席を確保して楽しみたい方は、事前に購入しておきましょう。

諏訪湖花火大会当日「しんゆ」宿泊予約料金、マス席販売等

宿泊しなくても、日帰り入浴等が楽しめるこちらの「しんゆ」。2011年にオープンしたばかりの比較的新しいホテルです。しんゆでは、花火大会へ向けて、当日の宿泊予約と、マス席販売をしています。

「しんゆ」諏訪湖花火大会(8月15日)宿泊予約状況

既に全室SOLD OUTです。諏訪湖花火大会当日のしんゆ宿泊料金は、1部屋138,000円~748,000です。一番安い部屋で13万円からです。ちなみにキャンセルは2ヶ月前の6月ころまでで、それ以降のキャンセルは、キャンセル料100%取られますのでご注意を。

「しんゆ」諏訪湖花火大会(8月15日)マス席販売状況

特設桟敷席を予約できます。在庫はまだあります(2017年7月13日現在で、15席残っていました)お茶お弁当がついてきます。しんゆ花火大会マス席(特設桟敷席)の料金は、1席10,800円です。

諏訪湖花火大会は、超暴風雨でない限り雨天でも決行しますが、雨でも傘は禁止されていますので、必ず雨具を持参しましょう。当日、旅館内はお手洗いのみ使用できます(温泉等は使用できません)

「しんゆ」諏訪新作花火大会(9月2日)宿泊予約状況

新作花火大会当日のしんゆ宿泊代金は、1部屋70,000~450,000円です。ウェブ上で予約状況を確認したところ、7万円の部屋が1つだけまだ残っていました(2017年7月13日現在)ご希望の方はお早目に。

「しんゆ」新作花火大会(9月2日)マス席販売状況

しんゆ新作花火大会マス席(特設桟敷席)の料金は、1席5,400円です。同じく弁当付き、雨具は持参しましょう。当日旅館内は、お手洗いのみ使用可能で温泉は使用不可。完全に、座席とお弁当のみのお値段ということです。在庫は現時点(2017年7月13日)で26席でした。

「しんゆ」の詳細情報はこちらから確認できます!

諏訪湖花火大会当日「紅や BENIYA」宿泊予約料金、マス席販売等

「紅や」の諏訪湖花火大会(8月15日)当日の宿泊予約状況と料金

「紅や」は、前年の花火大会が終了した直後、2018年度の諏訪湖花火大会当日の宿泊予約を開始していました。

全て電話のみの予約で、料金などは公開されていません。おそらく1部屋数十万円単位だと思われます。

来年度の諏訪湖花火大会当日に予約をしたい場合は、2017年の花火大会終了2~3日後頃に案内があると思われますので、HPを注意してみておきましょう。

「紅や」の諏訪湖花火大会(8月15日)当日の花火観覧席販売状況

  • 販売開始日時:2017年5月20日10:00から(電話のみ)
  • 諏訪湖花火観覧席料金:8000~14,800円

「紅や」の新作花火大会(9月2日)当日の花火観覧席販売状況

  • 販売開始日時:2017年5月20日10:00から(電話のみ)
  • 新作花火観覧席料金:3000円~6000円

花火観覧座席は、よく見えるところからあまり見えないと思われるところまで、種類が様々で、コンサートのように、いい席ほど高くなっています。

また、観覧席への椅子・三脚等の持ち込みは禁止です。

上諏訪温泉「紅や」の屋上ビアガーデンがスタート!

毎年恒例の紅やビアガーデンが、今年も開催されるようです。

  • 営業日:7月7日~8月31日
  • 定休日:期間中ですが、8月14日~16日はお休み
  • 時間:18:15~20:45
  • 料金:男性2500円、女性2200円

暑い夏、ビアガーデン最高ですね。

「紅や BENIYA」の詳細情報はこちらから確認できます!

諏訪湖花火大会当日「ぬのはん」宿泊予約料金、マス席販売等

当日宿泊について、詳細料金は公開されていませんでした。電話で問い合わせる形になります。

少し古い情報になりますが、2011年に1室26万円~で予約を受けていたことが記録に残っていました。

「ぬのはん」の諏訪湖花火大会(8月15日)当日の花火観覧席販売状況

プランが2つあります。ぬのはんの駐車場でパイプ椅子に座って花火を見られる座席です。

  • 特製弁当とワンドリンク付座席:9000円(6500円)
  • ワンドリンク付座席:6000円 (4000円)

いずれも大人1名分の料金。(かっこ)内の料金は、小学生までの子ども料金です。 受付は、電話またはファックス。

諏訪湖の周りの散歩コースには割と立派な立木が植えられているし、さらに電線と電柱もあるので、あの駐車場の位置に座って観覧する場合、おそらく水上近くの低い位置での花火はあまりよく見えないと思われます、ご注意を。

(上に高く打ちあがる通常の花火は、普通によく見えると思います。)

「ぬのはん」の詳細情報はこちらから確認できます!

諏訪湖花火大会当日「鷺乃湯」宿泊予約料金、マス席販売等

鷺乃湯は、既に8月15日、9月2日の宿泊予約は満室です。宿泊料金は、公開されていませんでした。

「鷺乃湯」の諏訪湖花火大会(8月15日)当日の花火観覧席販売状況

お弁当フリードリンク付です。ここは、他ホテルと違って飲み放題ですね。しかも、ビールソフトドリンクの飲み放題です。

  • 「鷺乃湯」諏訪湖花火大会(8月15日)観覧席:大人16000円、子ども8000円

「鷺乃湯」の新作花火大会(9月2日)当日の花火観覧席販売状況

9月2日の新作花火大会は、お弁当ワンドリンク付きです。こちらは飲み放題ではない

  • 「鷺乃湯」新作花火大会(9月2日)観覧席:ひとり7000円

「鷺乃湯」の詳細情報はこちらから確認できます!

諏訪湖花火大会当日「諏訪湖ホテル」宿泊予約料金、マス席販売等

宿泊料金は、公開されていませんでした。このホテルも他と同様、1部屋数万~数十万円だと思われます。予約は前年の花火大会が終了した後から少しずつ行っているようなので、間際では満室の可能性が高いです。

「諏訪湖ホテル」の諏訪湖花火大会(8月15日)当日の花火観覧席販売状況

2017年7月6日より販売開始。座席は2タイプあります。

  • ホテル前駐車場パイプ椅子席:4000円
  • ホテル前駐車場 特設桟敷パイプ椅子席:10,000円

子ども料金について:イスを必要とする場合は同額。親御さんの膝の上より観覧の場合は無料です。

こちらの諏訪湖ホテルの駐車場席は、先ほどのぬのはんの駐車場席と同じように、諏訪湖とホテルとの間に立木電線・電柱があるため、水上低い位置の花火は見えないと思われます。

「諏訪湖ホテル」の詳細情報はこちらから確認できます!

以上、諏訪湖畔 上諏訪温泉ホテルの「諏訪湖花火大会」「全国新作花火大会」当日の状況をまとめてみました。当日会場へ行かれる方は、ご参考にしてくださいね。

私が楽しんできた諏訪観光をまとめた記事!上諏訪・下諏訪を楽しみたいなら、この記事を読んでおけば準備万端です!

こちらも読まれています

  1. 「熱海海上花火大会」2018秋季・参戦レポート

  2. 『諏訪高島城』復興天守閣から諏訪の町を見渡す!登城記念スタンプあり!高島城周辺ランチとカフェ

  3. サンキューヒポポタマスホステル松本の宿で一泊、夜の散歩でライトアップされた松本城を

  4. 松本城の御朱印がもらえる場所を解説する!御朱印帳は?

  5. 白い無地のれん「Painmoji(パンモジ)」下諏訪パン屋さん/諏訪大社下社春宮のお隣でおやつを買うべし

  6. 松本の中町通り『chiian(チーアン)』でボロネーゼを食べた!いわゆる隠れ家カフェなるもの

  7. まさかの800円『盛よし風ロースカツ鉄板定食』のボリュームと満足感が素晴らしい!【松本洋食ランチ】

  8. 『リビルディングセンター』諏訪の古材カフェでゆっくり読書&ランチカレーも美味しい

  9. 『フレール洋菓子店』下諏訪で50年、老舗ケーキ屋で生シュークリーム!岡本太郎も愛したレトロなお店

  10. 越後湯沢ロープウェイで湯沢の空と景色を堪能する!166人乗り巨大ゴンドラと無料リフト

  11. 2018年1月4日|三越で干支皿と干支手ぬぐい!日本橋七福神のイベントは今年もやるの?

  12. 「前橋花火大会」2018参戦レポート!場所取りとバス混雑

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • taguchi-s-t

    諏訪湖花火大会。地元が静岡だったので、良く行ったのを思い出しました!
    毎年「夏~!」って思いながら、向かっていたのが懐かしい!

※ご連絡※
画像が表示されない記事が多々あり、全力修正中です。ご迷惑おかけしております。リクエスト頂ければ優先して修正します。
  1. 爆速提供!昭和漂う亀戸餃子本店。1人2皿以上の餃子一筋専門店で軽…

  2. 歴史街道を自分の足で【東海道五十三次】街道歩き旅①日本橋~品川宿

  3. 小石川後楽園で満開の桜を見ながら庭園散歩!水戸徳川家の中屋敷が…

  4. 花桃咲く桃源郷!わたらせ渓谷鐵道「わ鐵」で行く、春の絶景ローカ…

  5. 日光山巡りの始まりの場所!輪王寺三仏堂を参拝

  6. 降り注ぐ幻想的な藤の花!あしかがフラワーパークの妖艶な藤を楽し…

  7. ネモフィラの青い絨毯が広がる絶景!国営ひたち海浜公園、初夏のネ…

  8. 魅力たっぷり初島へ!熱海から30分、首都圏から一番近い離島で新鮮…

  9. 早太郎伝説で有名!駒ヶ根市「光前寺」見どころまとめ

  10. 平泉の国宝が目の前に!特別展「中尊寺金色堂」現地レポート(上野…