下諏訪「慈雲寺」御朱印と見どころ!苔の参道が美しいお寺

「慈雲寺」は、下諏訪にある臨済宗のお寺です。参道の木々や苔の緑が美しく、また高台にあるので付近からは諏訪湖が一望できます。

慈雲寺は1806年の火災でほぼ焼失してしまいましたが、山門のみ残存しています。再建されたお堂とともに、有形文化財に指定されています。

慈雲寺の御朱印

慈雲寺の御朱印(300円)

本堂の向かって右にある建物で、御朱印をいただけました。書置きです。

慈雲寺は、伊那・諏訪八十八ヶ所霊場十八番札所・諏訪郡霊場百番札所の西二十一番札所です。

本堂の向かって右手の建物

白華山 慈雲寺の見どころ

苔の参道

慈雲寺に参拝してまず目に入るのは、緑の美しい苔絨毯です。

参道を彩るように、苔が敷かれています。

日根野高吉供養塔

山門の前には、上諏訪の高島城を築いた日根野高吉の供養塔があります。日根野高吉は豊臣秀吉の武将で、築城の名手でした。高島城で床に臥せ、慈雲寺に葬られることになりました。

この供養塔は、高吉の子・吉明が父の五十回忌に建てたものです。諏訪にある五輪塔の中では最も大きいとされます。

山門(楼門)

山門(楼門)は、1776年に建築されました。下諏訪町の有形文化財に指定されています。正面の龍の彫刻が素敵なので、ぜひ見てみてください。

天桂松(てんけいまつ)

境内にある松の木は、「天桂松てんけいまつ」といって樹齢400年の立派なアカマツ(天然記念物)。武田信玄の時代に、天桂玄長禅師(当時の住職)が植えたものです。

本堂

慈雲寺の本堂

1806年の火災で焼失し、1808年に再建された本堂です。外観は質素ですが、お堂の内陣(お堂の中の神体を安置する場所)には、彫刻がつけられているそうです。

残念ながら通常は内部に入れないので、確認することはできませんが、江戸時代後期の臨済宗の特色を取り入れた建築物になっています。

帰錫庭(きしゃくてい)

本堂の向かって左手には「帰錫庭きしゃくてい」という枯山水庭園があります。

枯山水
水を使わずに、石や白砂で山水を表現した日本庭園のことです。座禅して精神統一をすると、水がないところにも水が見えるようになるという「禅」の精神を表しています。

開山堂(位牌堂)

下諏訪駅からのアクセスはレンタサイクルがおすすめ

慈雲寺には駐車場があるので車の方は良いのですが、徒歩で行くのは結構大変です。長い坂道を上るか、階段をたくさん上がるかの2択で、駅からは30分くらい見込んだ方が良いです。

借りた自転車

少しでも楽に行くには、下諏訪駅を出てまっすぐ進むと突き当りにある友之町駐車場で借りられるレンタサイクルがおすすめです。電動なので、坂道でもある程度楽に上ることができます。

友之町駐車場レンタサイクル
  • 1時間100円(返却時間を超過した場合+500円)
  • 返却時間
    • 夏季(3月~10月)9:00~16:00(返却時間17:00まで)
    • 冬季(11月~2月)9:00~15:30(返却時間16:30まで)
  • 公式サイト

慈雲寺へ向かう途中の下諏訪の町景色

晴れた日には最高のサイクリングが楽しめます。

慈雲寺の基本情報

  • 〒393-0005 長野県諏訪郡下諏訪町東町中606
  • アクセス
    • 中央本線下諏訪駅からチャリで10分
    • 下諏訪駅から徒歩なら30分以上
    • 長野自動車道岡谷ICから車で約15分
  • 拝観無料
  • 慈雲寺専用駐車場あり(無料)

こちらも読まれています

  1. 東京都内で七福神巡り!授与品詳細(御朱印・色紙・宝船)とおすすめコース一覧

  2. 福井城跡スタンプ休日の押印について/福井の由来「福の井」の水で淹れたお茶

  3. 豪華絢爛な世界遺産、日光東照宮を歩く②唐門「舜帝朝見の儀」から拝殿まで見どころ紹介

  4. 徳島城の城山を登って本丸跡へ!徳島城博物館にも立ち寄る【蜂須賀家】

  5. 日本三菅廟「和歌浦天満宮」階段上の楼門から望む美しい和歌浦の絶景

  6. 北鎌倉の浄智寺で御朱印!たくさんの緑に癒されながら散歩出来ました

  7. 福顔酒造「ウイスキー樽で貯蔵した日本酒。」新潟の地酒を呑んだ件

  8. 電気街を支えるIT守護神「神田明神」1300年の歴史。朱色隨神門が美しい

  9. 【七福神巡りに行く人へ】役立つ持ち物をご紹介します

  10. 北ノ庄城の天守と支城/柴田神社御朱印と御朱印帳(福井市)資料館で福井城との関係を学ぶ

  11. 『豆吉本舗』カマンベールチーズ豆だと!?非常にけしからんおつまみである

  12. 恋の島、縁結びの青島神社に参拝!古代祭祀の場所・元宮へ足を踏み入れる

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※ご連絡※
画像が表示されない記事が多々あり、全力修正中です。ご迷惑おかけしております。リクエスト頂ければ優先して修正します。
  1. 爆速提供!昭和漂う亀戸餃子本店。1人2皿以上の餃子一筋専門店で軽…

  2. 歴史街道を自分の足で【東海道五十三次】街道歩き旅①日本橋~品川宿

  3. 小石川後楽園で満開の桜を見ながら庭園散歩!水戸徳川家の中屋敷が…

  4. 花桃咲く桃源郷!わたらせ渓谷鐵道「わ鐵」で行く、春の絶景ローカ…

  5. 日光山巡りの始まりの場所!輪王寺三仏堂を参拝

  6. 降り注ぐ幻想的な藤の花!あしかがフラワーパークの妖艶な藤を楽し…

  7. ネモフィラの青い絨毯が広がる絶景!国営ひたち海浜公園、初夏のネ…

  8. 魅力たっぷり初島へ!熱海から30分、首都圏から一番近い離島で新鮮…

  9. 早太郎伝説で有名!駒ヶ根市「光前寺」見どころまとめ

  10. 平泉の国宝が目の前に!特別展「中尊寺金色堂」現地レポート(上野…