Journey spree!

もっと動き回れ!遊べ!発信しろ!

草津の湯畑ライトアップは何時まで?幻想的な光景、画像あり。美しい光に癒されよう

 

草津といえば、やっぱり湯畑ゆばたけは外せません!湯畑を中心に様々なお店が集まっていまして、湯畑は草津のメインスポットなのです。

 

湯畑は、お昼のときにももちろん鑑賞できますが、夜にはライトアップされていて、別の顔を持っています。ぜひ、昼と夜の両方の湯畑を見学することをおすすめします。

 

夜の湯畑は、妖艶なライトともくもくの湯けむりが合わさり、非常に幻想的です。

 

 

草津の湯畑!お昼はこんな様子

テレビで何度も見たことのあるお馴染みの光景、湯畑です。実際に自分の目で見たのは初めてだったので、少し感動。

 

湯畑は草津温泉草津温泉湯畑:将軍御汲上の湯枠のシンボル的存在で、幅20m、長さ60m、広さ約1600㎡、毎分4600リットル、年間6tの湯量があり、草津温泉最大の源泉

 

湯けむりが情緒を盛り上げてくれます。テンション上がります。

 

▲緑かかった硫黄泉

 

木枠を通過する草津の湯畑源泉

湯畑を通る木枠、これには意味がありまして、簡単にいうと温泉を冷ましているのです。草津の源泉は熱すぎて、そのままだと入れません。

 

しかし、水を入れてしまうと、せっかくの良いお湯が薄まってしまってそれも残念だということで、冷ましているというわけです。熱乃湯で大きな木ヘラでかき混ぜているのも、同じ理由です。水を入れずに温度を下げるという昔の人の工夫です。

 

▲木枠の中の湯は『御汲上げの湯』と呼ばれる

源泉の温度はセ氏約60度程度と高温の為、直接入湯する事が出来ず、かといって水で加水すると温度調節は容易なものの温泉成分が希釈され効能も薄まる事から、わざわざ長い7本の木樋を通らせ、そこで温泉の温度を下げ湯宿に送られる仕組みになっています。

 

「湯滝の燈篭」”徳川八代将軍御汲上之湯 ”と書かれた標柱

湯畑源泉内部には、”徳川八代将軍御汲上之湯”と書かれた標柱が建っています。8代将軍徳川吉宗らが、ここの源泉を気に入り、木枠の湯を樽に詰めて江戸まで運ばせて入浴したことから『御汲上之湯』とも呼ばれているのです。

 

f:id:asasikibu:20180202113037j:plain

8代将軍徳川吉宗、10代将軍徳川家治は源泉を江戸まで運び入浴したことから、「将軍御汲上の湯」とも呼ばれ、汲み取った源泉近くには"徳川八代将軍御汲上之湯"の標柱が建立され、源泉内部には「将軍御汲上の湯枠」と呼ばれる木枠が残されています。

 

湯畑の定番写真撮影スポットはココ!

湯畑の中でも、一番有名な写真撮影スポットはこちらでしょうね。草津バスターミナルから来た場合、湯畑の一番奥の部分になります。

 

▲勢いよく流れ落ちる源泉の前で写真撮影をしよう

 

▲横から見るとこんな感じ

 

夜の湯畑ライトアップは何時まで?草津街観光協会によると

昼の湯畑を堪能したら、夜のライトアップも忘れずにチェックしておきましょう。湯畑のライトアップは、日没後から開始されますが、割と遅くまで点灯し続けているんです。

 

 

草津街観光協会によると、湯畑のライトアップ夜の1時(25時)までです。周辺の飲食店の中には、ライトアップに合わせて21時位まで店を開けているところもあります。

 

ただし、お土産屋さん系は比較的早く閉まっちゃいますのでご注意ください。

 

▲先ほどの写真撮影スポットは夜も綺麗

 

ライトアップされた湯畑の木枠は非常に幻想的!スモーク焚かれたライブ会場みたい

湯けむりが良い感じでスモークっぽくなっていて、幻想的な空間を演出しています。

 

 

 

 

湯畑には足湯(無料)もあります

湯畑の真横には、足湯小屋があります。どなたでも自由に浸かることができます。よく旅番組で、芸能人がここに浸かってますよね。

 

f:id:asasikibu:20180202113105j:plain

 

 

ライトアップを見ながらの足湯は、気持ちが良いです。

 

 

 

草津のご当地マンホール(おまけ)

草津のマンホールには、草津ご当地キャラクター「ゆもみちゃん」が描かれていました。すごく目立っていたので、写真を撮ってみました。

 

 

 

幻想的な草津湯畑のライトアップ、 夜遅くまでやっていますので温泉に浸かって温まった後、見学しに行ってみると良いですよ!それでは。