鹿児島に行ったら絶対食べたいお魚、キビナゴ。鹿児島近海で通年水揚げされますが、5~7月が一番の旬です。鮮度が良くないとお刺身にすることはできません。

体長10cm程の小さな魚で、鹿児島の食卓には多く並びます。特に刺身盛りの見た目がとても美しいことから、観光客にも人気があります。また、刺身だけではなくて、唐揚げもかなり人気で美味しいです。

 

 

鹿児島では帯のことを「キビ」と呼びます。魚に入った縞模様を帯になぞらえて、キビナゴと言われるようになったと言われています(諸説あり)。

身を半分に折る盛り付けるのがお刺身の定番スタイルです。酢味噌でいただくのが鹿児島流です。

よく読まれてる記事
よく読まれてる記事