突発的山形一人旅。ホテルは食事なしで取っていた為、モーニングできる場所を捜索すると、山形駅から徒歩で行ける場所に喫茶店がありました。その名も「コーヒーラブ」。

店名から既に香る年季に誘われ、2日目の朝に来訪。穏やかで素敵なマスターと出会いました。

コーヒーラブ 煙の染み込んだソファー席でモーニングセット

 

到着早々、店舗外観に心をくすぐられました。あまりにもレトロな看板に白タイルの玄関、上がカーブしている小窓…。外観見ただけで珈琲が飲みたくなってきます。山形市民に長らく愛されてきたお店なのでしょう。

入り口の扉はこのアングルだと隠れていますが、小窓向かって左手にあります。

 

モーニングセット(700円)10:30まで

 

ご高齢の女性マスターが作ってくださいました。とても穏やかな方で、帰りには傘を貸そうか声をかけてくれたり(この日はかなりの曇天だった)…優しい。染みる。

 

店内は時の流れがどことなくまったりしています。お客さんもそしてマスターも、この場所でまったり過ごしてきたんでしょうね。地域の空気を感じられる場所っていいなぁ。

モーニングをつまみ、珈琲を飲みながら、旅の予定を立て、いざ出発。マスターに笑顔で見送られながら、お店を後にしました。いやー、来てよかったな。

よく読まれてる記事
よく読まれてる記事