【明石焼】たこ焼たちばなのカウンターで一人前の明石焼、愛想の良い店員さんが提供するふわっふわの玉子焼

 

神戸に来たらやってみたいことがありました、それが明石焼を食べること。食べたこと自体はあるんですけど、冷凍をチンしたなんかベトっとしたやつだったり、これ明石焼で合ってる…?みたいなのにしか遭遇したことがなく、実際のちゃんとした明石焼を食べてみたかった。

やってきたのは三ノ宮駅地下にある「さんプラザ」。よくわからないショップが立ち並び、大きな商店街につながっている商業施設です。飲食店も多数入っていて、「たちなば」はそのうちの一つ。

明石焼のお店、たこ焼たちばな

 

関東民には最初よくわからなくて戸惑ったのですが、「明石焼=たこ焼=玉子焼」とこれらが同じものを指す言葉として使われていることがあります。

「たちばな」は、某食べる系ログで評価が高かったのと、明石焼だけを注文して一人で食べられそうなお店(まさにそういう人のためのお店だった)だと思ったのでこちらに決めました。お持ち帰りもできます。

 

店内に入ると、明るいお母さんたちが出迎えてくれます。「何人前にしましょう?」と聞かれるので、一人前(たしか620~630円くらい)を注文。

カウンター席に座ったので、目の前で焼いている様子が見えます。店内は全席喫煙だったので、ご注意を。複数名で来店した場合、テーブル席に案内されます。

初めての明石焼き

 

程なくしてやってきた明石焼一人前。東京で食べた明石焼だと思っていたものと見た目が全然違ったので、あれは違う料理だったのかもしれないと思い始める。

テーブルにはソースも置かれていました。

 

本場の明石焼は(一応、ここ明石ではないけど)、ふわっふわでした。玉子の味も濃くて、お出汁とよく合います。というかお出汁自体がそもそも美味しい。

出汁の風味とふわふわさが全然違いました。明石焼ってこういう食べ物だったんですね。バス乗る予定がなければ、ビールはハイボールとご一緒したかったな。そんな初めての明石焼体験でした。

  • コメント: 0

こちらも読まれています

  1. 和歌山城を観光!和歌山市のシンボルを歩く、吉宗を輩出した紀州徳川家「南海の鎮」

  2. 【太宰府天満宮の参道食べ歩き】見た目◎なスイーツやグルメが満載!梅ヶ枝餅・太宰府バーガー・明太子~

  3. 下諏訪の夜カフェ『タロウ珈琲弐号店』でクラフトビールとドイツソーセージ!和モダン店内で素敵な夜を過ごそう

  4. 『豆吉本舗』カマンベールチーズ豆だと!?非常にけしからんおつまみである

  5. 下諏訪おしゃれカフェ『Eric’s Kitchen(エリックスキッチン)』でモーニング&ランチを食べよう!

  6. 爆速提供!昭和漂う亀戸餃子本店。1人2皿以上の餃子一筋専門店で軽く一杯

  7. 福娘発祥の今宮戎神社をのんびりぶらり散歩、十日戎「えべっさん」3日で100万人が来場

  8. 岩手一関駅弁「平泉うにごはん」うにとイクラを敷き詰めた豪華弁当

  9. 水天宮近くの重盛永信堂の焼きたて七福神人形焼が超おいしかったので自信を持ってご紹介する

  10. 松本『みよ田』でとうじそばと馬刺しのコースを食べた【2160円】そばのしゃぶしゃぶ!

  11. 香川名物!骨付鳥といえば「寄鳥味鳥」讃岐くらうでぃ片手に独り酒

  12. 上諏訪のうなぎ「うな藤」でうな重(松)を食べよう!お手軽リーズナブルに

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※ご連絡※
画像が表示されない記事が多々あり、全力修正中です。ご迷惑おかけしております。リクエスト頂ければ優先して修正します。
  1. 爆速提供!昭和漂う亀戸餃子本店。1人2皿以上の餃子一筋専門店で軽…

  2. 歴史街道を自分の足で【東海道五十三次】街道歩き旅①日本橋~品川宿

  3. 小石川後楽園で満開の桜を見ながら庭園散歩!水戸徳川家の中屋敷が…

  4. 花桃咲く桃源郷!わたらせ渓谷鐵道「わ鐵」で行く、春の絶景ローカ…

  5. 日光山巡りの始まりの場所!輪王寺三仏堂を参拝

  6. 降り注ぐ幻想的な藤の花!あしかがフラワーパークの妖艶な藤を楽し…

  7. ネモフィラの青い絨毯が広がる絶景!国営ひたち海浜公園、初夏のネ…

  8. 魅力たっぷり初島へ!熱海から30分、首都圏から一番近い離島で新鮮…

  9. 早太郎伝説で有名!駒ヶ根市「光前寺」見どころまとめ

  10. 平泉の国宝が目の前に!特別展「中尊寺金色堂」現地レポート(上野…