豊かですよ!国内旅ブログ

国内を女が1人で旅しまくる

新鶴本店の塩羊羹は小分けサイズもあるぞ!手作り「もちまん」は売り切れる日もあるのでお早めに【信州諏訪観光】

 

新鶴」は、下諏訪の諏訪大社下社秋宮のすぐ隣にあります。人気の塩羊羹が有名なお店です。

 

お土産や、その場で食べてしまえる小さなサイズで販売しているので、下社秋宮へ行ったら帰りに寄ってみるのがいいかも。

 

 

色とりどり、きれいな和菓子がずらーっと並ぶ!

こんなにあると迷っちゃいますね。ひとつ200円くらいなので、お手頃価格です。

 

 

新鶴名物!塩羊羹はこれだ

今回の目的は、「塩羊羹」。観光案内パンフレットや観光本で何回も見かけていて、一度は食べなくては、と思っていました。

 

 

といっても、ひとりで食べるので、あんまり大きいやつはいらないよなぁ…と店内を物色していると、「小分け」サイズ(280円)がありました。手のひらサイズですね。ちょうど一人分です。よかった!

 

 

茅野の寒天と十勝の小豆を使い、薪を焚いて練り上げる。初代からずっと手作りなんだって

塩味があるからか、そんなに甘くない。大人にはこのくらいがちょうどいいかもしれないね。食感は寒天っぽさが残っていて、普通の羊羹よりは弾力がある。

 

砂糖や餡とのなじみ具合、寒天との折り合いに苦心しながら、丹念に練り上げるうちに、塩の調和がもたらす、しっとりとした淡雅な口当たりと甘さの間合いを体得。

新鶴の塩羊羹が生まれました。

ー「新鶴 信州 下諏訪宿」パンフレットより引用

 

 

実はもうひとつ有名な名物お菓子がある。それがこちらの「もちまん」(170円)

賞味期限が当日中の生菓子、もちまん。量をそんなにたくさん作らないので、なくなり次第、その日は販売終了する代物。この日は午前中に行ったので、まだまだ大丈夫でした。

 

 

もちまん2個入りで340円。5個だと850円ですね。とりあえず2個入りを購入。

 

この日はこの後、下諏訪を時間が尽きるまで探検する予定だったので、悪くならないように、その場で食べちゃうことに。

 

 

まんまるでかわいい。そして表面はやわらかくてぷにぷにです。

 

 

「生大福」だね。普通の大福よりもモチモチしてて、やわらかい。食べたことのないタイプの大福でした。

 

新鶴本店の営業情報

  • 場所:長野県諏訪郡下諏訪町3501
  • 営業時間:8時30分~18時
  • 定休日:水曜日
  • アクセス:JR中央本線下諏訪駅から徒歩10分、上諏訪駅からタクシーで15分、岡谷ICから車で15分、諏訪ICから車で25分

 

お隣、諏訪大社下社秋宮も行ってみてね

www.asasikibu.com

 

おわり!