Journey spree!

もっと動き回れ!遊べ!発信しろ!

「山の湯」越後湯沢温泉の外湯巡り!源泉かけ流し100%の硫黄泉が激アツすぎる件

 

越後湯沢は、温泉街として長らく愛されてきた地域です。そんな湯沢温泉の中でも特におすすめなのが「山の湯」です。

 

山の湯は硫黄泉の源泉かけ流し100%の温泉なのです。湯舟にドクドクと湧き出続ける硫黄泉は、温泉が好きな人ならきっと興奮するはず…!

 

越後湯沢駅から徒歩20分と、少し歩かないといけないのが多少の難点ではありますが、そんなデメリットを余裕でカバーできる、良きお湯がそこにはあるのです。

続きを読む

『雪国館』越後湯沢の民俗資料館で川端康成の雪国の世界観を味わってみる

 

国境の長いトンネルを抜けると…でお馴染みの『雪国』は、新潟県越後湯沢に訪れた川端康成が綴った超有名な文学作品です。"雪国" というのは、冬の越後湯沢のことなのです。

 

そういった川端康成ゆかりの地である越後湯沢には「雪国館」という歴史民俗資料館があります。越後湯沢駅から徒歩10~15分位の場所にあります。

 

暑い夏(現在8月真っ盛り)、少しでも涼し気なところに行こうと「雪国館」へ行ってみたのでした。

続きを読む

ブログタイトルを変えました

f:id:asasikibu:20180804072525p:plain

「Journey spree!」に、ブログタイトルを変えました。

 

「豊かですよ!」というブログタイトルは、以前から気に入らなくなってて(おい)変えたいと思っていたんですが、これといったしっくりくるものが思いつかず、そのまま惰性で継続しておりました。

 

意味と変えた経緯を残してみます。

続きを読む

宇奈月ダムのダムカードの貰い方!流入量40~50㎥/s、大規模排砂施設が見どころ!

 

富山県・宇奈月ダムのダムカードをもらってきました。

 

豊富な湯量の宇奈月温泉街にあるダムです。富山地方鉄道・宇奈月温泉駅からやまびこ遊歩道を徒歩20分程度、散策した場所にあります。

 

宇奈月温泉にやってきた観光客にとっては、アクセスしやすいです。トロッコの橋を渡りつつ、散策をしながら景色が楽しめるので、これ自体が観光になりますよ。

続きを読む

リゾートバイトで彼女を作った男にインタビューした件「カップル同室okで居心地が良い」

f:id:asasikibu:20180704170058p:plain

リゾートバイトで彼女彼氏ができるかもしれない…!そんな淡い期待(下心)を持っている方々に、リゾバでの恋人づくりのリアルをお教えしましょう。

 

今回は、以前のリゾバ先で社員だった女の人を彼女にし、そのまま引き抜いて別のリゾバ先に一緒にカップル同室で入寮し、素敵なラブラブライフを送っている小川さん(男性・20代後半)にインタビューをしました。

続きを読む

高齢者のリゾートバイトリアルインタビュー&体験談!「定年退職後、働けるときに働いておきたい」

f:id:asasikibu:20180629224721p:plain

リゾートバイトといえば、若者のモラトリアムみたいなイメージがある人も多いかもしれませんが、実際の年齢層は様々で、60~70代の方々にも出くわします。定年退職後にリゾバに挑戦する高齢者の方々が増えているわけなのです。

続きを読む

富山リゾバ体験記⑥夜の海辺に寝転がって星を見ていた最終週、誰かに会うために旅をする

 

富山リゾバ最終編

富山来てよかった。満足できる1か月間すぎて、このタイミングでここに来なかったら得られなかったものがたくさんあったと思うと逆に恐ろしくなってくるくらい

富山リゾバの感想をまとめました。特に、日常がつまんなくて面白い事に枯渇している人に伝えたいです。

続きを読む

富山リゾバ体験記⑤砺波旅・雨晴海岸をふらふら散歩した休日

f:id:asasikibu:20180710180007j:plain

 

富山リゾバも後半に入りました。全休があったので、今度はふらっと海岸を歩いてました。特に用事はなかったので、ふらふらと海岸沿いで散歩をしながら、考えごとをしているだけの、のんびりした1日を過ごしたのでした。

 

一応、砺波方面にもお邪魔して増山城へ行こうとはしてます(失敗)まあ、こんなグダグダな日もありますよね。ということで、リゾバ中の休日の様子を記録しました。

続きを読む

富山リゾバ体験記④休日に観光をしよう!『魚津旅編』

f:id:asasikibu:20180702194847j:plain

 

富山リゾバ休日パート2は、魚津旅です。海沿いをゆるりと散歩しつつ、美味しい魚介を食べて、蜃気楼(の写真)を見てきました。海はやっぱり綺麗。雨晴海岸も行きたかったけど、それはまた今度。

続きを読む